ワーホリはやめとけ!と言う人が後悔していた3つのこと【ディスられ体験談】

私が「海外に行く!」「ワーホリに行く!」と周囲に言った時、以下のような発言をされた経験があります。

  • 「海外に行ってどうするの?」
  • 「海外であなたに何ができるの?」
  • 「英語ができるようになってどうするの?」
  • 「日本に帰ってきて仕事なかったらどうするの?」
  • 「海外に行くために今何か努力しているの?」
  • 「海外行っても英語が伸びるわけじゃないよ!」
  • 「これくらい言われてへこたれるなら、やめた方がいいんじゃない?」

あなたのためを思ってきついこと言ってるのよ!と言えば聞こえはいいですが、「やめとけ!」と言う人の裏側には、少なからず後悔の念があったようです。

そこでこのページでは、

  • ワーホリはやめとけ!と言う人が後悔していた3つのこと
  • ワーホリ否定をぶった切るディスり発言への回答例
  • ワーホリで後悔しないために日本でできること

についてお話ししようと思います。

 

ワーホリはやめとけ!と言う人が後悔していた3つのこと

「ワーホリはやめとけ!」と言う人は、(もちろん)ワーホリに対して否定的な意見。

他人だからこそ言いたいことを言ってきますが、そんな人たちの話を聞いてみると、後悔していたことがありました。

ワーキングホリデーの後悔
  1. ワーホリに行かなかった後悔
  2. ワーホリ中に本気で頑張らなかった後悔
  3. 2回目のワーホリに行きたかったけど行かない決断をした後悔

すべて「しなかったこと」に対する後悔です。

 

1.ワーホリに行かずに後悔した人

ワーホリに行かなかった後悔は、一生消えません。

だからこそ「私は後悔したから行った方がいい」と言ってくれればかっこいいですが、中には、自分が行かなかったから他の人にも行ってほしくないという気持ちがどこか見え隠れする人もいます。

「海外に行ってどうしよう?」

「海外で自分に何ができるんだろう?」

「英語ができるようになってどうにもならなかったら?」

「日本に帰ってきて仕事なかったらどうしよう?」

という、ワーホリに行きたい人が不安に感じる部分も知っている。でも、行ったことがないから、答えは持っていない。

その人は、私に少しきつく当たったと自覚していたので、最後にホンネを言ってくれました。

「アナタにきつく言いながら、自分自身にも戒めとして言っている」と…。

 

2.ワーホリ中に本気で頑張らず後悔した人

ワーキングホリデーは、1年間海外で旅も仕事も勉強もできるビザ。

遊ぶのも自由だし、がむしゃらに働きまくるのも自由です。

だからこそ、「自分はどうしたいのか?」をしっかり考えて自分軸を持たないと、簡単に周りに流されます。

若いころのエネルギーは、思っている以上にパワフル。

1日10時間の勉強を何ヶ月も続けることだってできるし、円形脱毛症ができるまで働いて「あ~もうムリ~」と思っても、やり切ったら次に進むエネルギーが次第に沸いてきます。

でも、案外モヤモヤが残るのが、中途半端だった人

たとえワーホリに行ったとしても、海外で本気で頑張らなかったら帰国後に後悔が襲ってくるようです。

 

3.2回目のワーホリに行きたかったけど行かない決断をした人

ワーホリビザは、30歳364日までなら申請可能

1つの国の滞在期間は1年(国によっては条件を満たせば2年)ですが、国を変えれば何度でも行くことができます。

一度ワーホリに行った経験がある人は、2回目のワーホリに対するハードルは圧倒的に下がりますが、年齢を重ねると「結婚」や「再就職」のプレッシャーで身動きが取れなくなり、不安や焦りから断念することも…。

一度経験しているからこそ相談相手としては心強いですが、やはり後悔の念があるので

「海外に行くために今何か努力しているの?」

「海外行っても英語が伸びるわけじゃないよ!」

「これくらい言われてへこたれるなら、やめた方がいいんじゃない?」

とキツめの対応をされました。

たとえ一度ワーホリを経験していたとしても、「行きたい」と思った国に行くチャンスを手放した後悔(行かなかった後悔)は消えることはない、と本人も認めていた程です。

 

ワーホリで海外に行く!と宣言すると遭遇するディスり発言への回答例

  • 「海外に行ってどうするの?」
  • 「海外であなたに何ができるの?」
  • 「英語ができるようになってどうするの?」
  • 「日本に帰ってきて仕事なかったらどうするの?」
  • 「海外に行くために今何か努力しているの?」
  • 「海外行っても英語が伸びるわけじゃないよ!」
  • 「これくらい言われてへこたれるなら、やめた方がいいんじゃない?」

もし今後(それか現在進行形で)、このような発言をされたなら?

3ヶ国ワーホリに行った経験から、これらの不安を解消する回答例をお伝えします。

 

1.海外に行ってアナタができること

「海外に行ってどうするの?」

「海外であなたに何ができるの?」

そう聞かれて、ワーホリの経験を帰国後につなげると考えるならば、

  • 英語力を身に付ける
  • 現地の会社で働くことに挑戦する

といった行動が、仕事やキャリアの分野においては理想とされます。

「海外であなたに何ができるの?」と聞かれても、行く前ならば何と答えていいのかわかりませんよね。

実際に現地へ行くと、以下の職種での求人募集を見かけます。

ワーホリの仕事一覧
    • ウエイター・ウエイトレス
    • レストランのキッチン(シェフ・キッチンハンド・皿洗い)
    • クリーナー(ホテル・ビルディング)
    • 保育士・ベビーシッター (ナニー)
    • チューター(家庭教師)
    • ファーム・WWOOF
    • バリスタ・カフェスタッフ
    • ツアーガイド・オペレーターなどの観光業
    • レセプショニスト(受付)
    • ギフトショップ・ダラーマート (100均の海外版) 店員
    • マッサージセラピスト、鍼灸師
    • エステティシャン
    • ネイルアーティスト
    • 美容師
    • 語学学校・留学エージェントのインターン・カウンセラー・マーケターなど営業系
    • 事務・会計士などのオフィス系
    • 通訳・翻訳
    • プログラマー・SEなどのIT系
    • ウェブデザイナー、情報誌の編集
    • 配送・工場のライン、バイヤー
    • 卵子提供
    • 治験
    • キャバクラ
    • カラオケバー etc…
チファニ
私は「ワーホリ」というビザカテゴリーでも、日本で経験した職種と同じ仕事を海外でも見つけることができました。以下、現地法人でのお仕事体験談です。
sydneycbd

海外の語学学校で働く日本人カウンセラーの仕事!ワーホリでオフィスワーク体験談

2020-03-28
cloverybeach

【海外インターンシップの目的と心得】倍率30倍の面接を突破できた4つの理由

2018-11-14
ミセス・マッコーリズ・ポイント

【海外ではたらく】資格コネなし低スキルのワーホリでも海外オフィスで働けた5つの理由

2018-11-11

資格なしでもできる!海外の日本語教師の仕事事情【給料や探し方も公開】

2020-04-12
Wellington

ニュージーランドでの受付の仕事7ヵ月で貯金1万ドル+健康的な生活ができた話

2020-04-26

四大卒という学歴がなくても、大企業に勤めたことがないポンコツでも、計画と運とタイミングがあれば、日本と同じ職種で働くことも不可能ではないと思います。

 

2.英語ができるようになると広がる世界

「英語ができるようになってどうするの?」

この疑問は、英語を使わない環境で生きている人なら抱いて当然のものです。

ですが今では時代が変わり、日本国内でも「グローバル化」という言葉をよく耳にするようになりました。

そして、英語ができるようになると、圧倒的に選択肢が増えます。

  • 同じ職種でも、英語ができない人よりも英語ができる人の方が給料が高い
  • 外資系でもインターナショナルな環境でも働ける
  • 同じスペックの人間が2人いたら、日本語しかできない人より日本語も英語もできる人の方が有利

さらに言えば、英語ができる人なら仕事で英語を使うかどうかを自分で選択できます。

これまで英語を使う必要がなかったのに、英語が必然的に必要となった企業も見てきました。

ツールとして「英語」が使えるなら、得はあっても損ではないのです。

 

3.ワーホリから帰国後にできる仕事

「日本に帰ってきて仕事なかったらどうするの?」

海外に出たこともない人が、こんなこと言われたら、ビビってしまって当然ですよね?

でも、海外3ヵ国で仕事をした私が言えることは、仕事はどうにでもなる!ということ。

今の日本は「正社員の求人なのに応募者が来ない!」というほど人手不足です。

やりたいかやりたくないかは別として、日本国内のどこかに絶対仕事はあります!

私の友人には、ワーホリで1年休むために海外に行ったのに、日本帰国後に前職と同じ職種で再就職できた人が何人もいます。

キャリアチェンジをした人もいれば、起業した人もいます。

海外からの帰国後はこうあるべき!と、自ら海外に出るハードルを高くしたり、等身大の自分からかけ離れた人になろうとしなくていいと思います。

 

4.海外に行くために日本でできること

「海外に行くために今何か努力してるの?」

これは、私がまだ海外に出る前、「海外留学したいのでお金貯めるために働いています」と話した時に飛んできた質問です。

当時の私は2つの仕事を掛け持ちしていましたが、海外に出ることに対して否定的な人からすれば、「貯金」という行動は努力に入らないらしいのです。

もちろん、海外出るのにも日本で生きていくのにも「お金」は絶対必要なので、十分なくらいあるに越した事はありません。

ですが、貯金にプラスして

  • 留学エージェントに問い合わせて情報収集
  • 英語の勉強
  • 海外渡航後の行動計画

といった具体的な行動がなければ、納得してもらえません(別に、ディスる人に納得してもらいたくて努力するわけじゃないのですが…。)

こういった質問は渡航するまで続くかもしれないので、行動計画やシナリオを作りプレゼンの準備をしておくといいでしょう。

でも、実際に海外に出ると、日本で立てた計画からの予定変更は普通なので、それはそれでOK!

チファニ
予定変更を重ねる中で、状況に合わせて決断力や判断力を身に付ける訓練にもなりますからね!

 

5. 海外行っても英語は伸びない!を回避する方法

海外行っても英語は伸びない!という意見には私も大賛成!

今も昔も、日本にいても英語は伸ばすことができます。

  • 英語が全くできない状態から、英語を使って仕事ができるレベルまで向上させた人
  • ネイティブの雑談に混ざれる人

日々コツコツと努力を続けて、何年・何十年も英語を使い続けて、高いレベルの英語力を身につけた人もいるのです。

ただ、そういった人たちとは別で、ずっと間違ったまま英語を使い続けている人や、英語を使っている“風”な人も存在します。

  • ちゃんと聞いてみたら文法が間違っている
  • 前置詞の使い方が間違っている
  • 言い回しがナチュラルじゃない etc……

日本で外国人の友達を作って日常的に一緒に遊びに行くようになっても、彼らは英語の間違いを指摘する先生ではありません。

その場の会話を楽しんでいて会話の流れを止めたくないと思ったら、いい意味でも悪い意味でも、英語の間違いは受け流されます。

  • 英語の文法が間違っていてもコミュニケーションが取れればいい
  • 海外の現地企業や日本の外資系でバリバリ使える英語力を身につけたい
  • 通訳や翻訳レベルの英語力を身につけたい

どの程度の英語力を身に付けたいかは人によりますので 、 自分に必要な英語力を習得すればいいですね。

 

6.ワーホリ行くのはやめた方がいいのか?

「海外であなたに何ができるの?」

「海外に行っても英語が伸びるわけじゃない」

「日本に帰国して仕事見つからなかったらどうするの?」

海外に行く前は「これくらい言われてへこたれるなら、やめた方がいいんじゃない?」と言ってくる人もいるでしょう。

ネガティブ引力はポジティブな引力よりも強く、引っ張られないようにするのは大変かもしれませんが、ワーホリに行くことを辞める必要は全くありません。

 

ワーキングホリデーで後悔しないために日本でできること

では最後に、ワーキングホリデーで後悔しないために日本でできることをまとめます。

ワーキングホリデーで後悔しないために日本でできること
  • 明確な目標とプランを立てる
  • 英語力を伸ばす
  • できるだけ多く貯金
  • 現地生活の情報収集

ワーキングホリデーは、海外で1年間旅も仕事もできる夢のビザです。

若い人だけの特権ですし、生まれた国が違えばワーキングホリデーという制度がない国籍だったります。

日本にいて普通に生活していると何かに夢中になったり本気で取り組むことはなかなかないと思います。

ホリデーってついているから遊びのように思われるかもしれませんが、ワーキングホリデーは海外に出るための一つの選択肢、一つのピザの種類に過ぎません。

チファニ
人生で1度くらい、本気でチャレンジする経験があってもいいんじゃないでしょうか。