資格なしでもできる!海外の日本語教師の仕事事情【給料や探し方も公開】

チファニー
こんにちは、チファニーです。

カナダに住んでいた頃、日本語教師の仕事をしていました。

私自身は国語の教員免許も特別な国家資格も持っていませんし、大学の副専攻で日本語教育を専攻したわけでもなければ、教壇に立ったこともありません。

でも、海外で日本語教師になれるチャンスはあります。

海外で出会った日本語教師の先輩方や、研修で出会った海外の大学や現地の中学・高校に勤める日本語教師の先生たちから聞いた情報や現状はかなり役立つものなので、これから日本語教師を目指す人に是非シェアしたい!

ということでこのページでは、海外での日本語教師の仕事事情についてお話ししたいと思います。

日本語教師になるためには

日本語教師として働くために特別な資格はありません。

ですが、日本語教師の求人を探していると、以下のような条件をよく目にします。

日本語教師の求人例

必須条件:下記条件のうち1つ以上を満たす方

  • 420時間の日本語教師養成講座修了者
  • 大学で日本語教育の主専攻、もしくは副専攻修了者
  • 日本語教育能力検定合格者

チファニー
あとは、「国語の教員免許保持者」という条件が加わっている求人も見たことがあります。

 

海外での日本語教師の需要

私がカナダで日本語教師として働いていた頃、ベテランの日本語教師の先生に話を聞いたのですが、海外での日本語教師の需要は、ひと昔前に比べると低くなったようです。

また、日本語教師としとアメリカの大学で仕事をしている私の友人によると、「日本語教師として安定したお給料をいただける仕事を得るためには、大学院まででないともう厳しい」という話もあるくらい…。

オーストラリアで日本語教師をしていた友人は、現地の高校でボランティアで働いていたようですが、マレーシアの大学で日本語教師の仕事をして、1年で200万円の貯金ができた友人もいます。

需要は少なくなったという事実はありますが、日本語教師の求人を探すことは可能です。

 

資格なしの私がカナダで日本語教師の仕事を見つけた方法

日本語教師になりたい!と思ったら、募集が出ている求人に応募することがまず頭に浮かぶと思います。

でも、私がカナダで日本語教師の仕事を見つけることができたのは、「履歴書を配り歩く」という仕事の探し方を実践したからです。

そう!実は海外では、履歴書を配り歩いて仕事を探す方法が社会に浸透しています。

私が日本語教師になれたのは、日本語教師の仕事を探そうと思っていたからではなく、たまたま履歴書を配った語学学校から連絡があり「日本語教師の仕事に興味ない?」とお話をいただいたことがきっかけ。

採用された学校のコーディネーター曰く、「日本で英語講師をしていた経験」が目に止まったようです。

チファニー
まさに、運とタイミングの賜物ですね!

ちなみに、私が働いていた学校で日本語教師の求人募集をかける時は、CraigslistSEEK.comという現地の求人サイトにのみ掲載するので、日本語の求人情報サイトで求人を見つけることはできません。

 

海外の日本語教師の給料/仕事事情

それではここから、私が経験した海外での日本語教師の仕事事情についてお話ししたいと思います。

【給料/雇用形態】月収約$500~680(約4~5.5万円)の非常勤講師

私が勤めていた学校の日本語クラスは、レベル1~12まで、その上のクラスにJLPT準備コース(日本語能力試験準備コース)がありました。

授業は週に1回、授業時間は1回のレッスンで2時間、授業回数は1タームで8回です。

私は週に3クラスを担当していたので、月収は約$500~680(日本円で約4~5.5万円)でした。

最初のうちは時給が$21で、半年勤めると$23に上がるという給与形態。

クラス人数は最大10人で、6人を超えると生徒1人につき時給が$2がプラスされるので、最大時給は$32となります。

私の知り合いの日本人学校(補習校)の先生は、1クラスの生徒数が何人でも時給が一律とだったので、生徒数によって時給が変わる制度はありがたいです。

チファニー
日系ではあまり実現できない良さが現地法人にはあります!

 

【業務内容】レッスン以外の仕事は単価が決まっている

私がカナダで日本語教師として働いていた時の業務内容は、

  • 学校教材(GENKI)を使っての日本語の授業
  • 参考資料・授業教材の準備
  • テストの作成と採点
  • 欠席した生徒へ授業の内容のメールで送る・宿題の連絡
  • タームごとのレッスン概要の作成
  • 日本語会話アクティビティ・日本語カフェなどのイベント企画(任意)

この中で時給が発生する業務は授業のみ!ですが、各タームごとに自己評価とレッスン概要の作成という仕事があります。

それぞれの業務ごとの単価は$30となるので、ちゃちゃっと1時間程度で終わらせることができれば、割のいい仕事になります。

 

【授業準備】教科書一つ渡された後は先生任せ

私が勤めていた学校では、「これが教科書だから、レッスンプランニングしてみて」と言われ後は先生任せ。

もちろん、2~3回は他の先生の授業を見学させてもらえましたが、やはり海外の現地の学校では、ポーンと放り込まれるスタイルも普通な気がします。

チファニー
オーストラリアで働いた語学学校でも、現場にポーンと放り込まれるトレーニング方法でした(笑)

 

生徒は日本語を勉強したい現地の大人

日本人学校や補習校の生徒は、日本人の親を持つ日本語を継承したい児童か、転勤してきた日本人家庭の児童になりますが、現地の学校の日本語クラスの生徒はほとんどがローカルの大人の生徒。

生徒の特長は

  • 日本が好きな人
  • 日本の文化に興味がある人
  • 仕事や旅行で日本に行く予定がある人

という人がほとんどです。

クラスに1~2人の割合で、現地の大学で勉強する外国人留学生の生徒もいました。

 

授業の目的は話せるようになること

現地の大人の生徒が日本語を勉強しにコースを受講する理由は、日本人が英会話に通う理由と似ています。

  • 日本語でコミュニケーションを取りたいから
  • 日本人と日本語で会話ができるようになりたいから

ですので、日本語教師の仕事は、国語の授業をすることではなく「日本語を話せるようにする授業」でなくてはいけません。

基本の文法は押さえ、発音や言い回しが授業の中心となりますが、レベル2で習う動詞の活用を理解するために、ひらがな50音も覚える必要があるのです。

チファニー
でも私は、日本語教師になって3週間で「ひらがななんか覚えたくない」と苦情が来ました(笑)

 

海外での日本語の授業は英語?日本語?

「あいうえお」すらわからない現地の大人が、日本語を話せるようになるためには、まずは最低限の「話し方」を覚える必要があります。

というわけで、レベル1のビギナークラスでの文法の説明は英語!

使える単語(生徒が理解できる単語)も限られているで、授業のほとんどが英語となります。

でも中には、レベル1から日本語だけで授業をする先生もいるので、「海外の日本語教師は、日本語の授業を日本語でやるか?英語でやるか?」という議論は平行線をたどったまま交わらないもののようです。

 

海外で日本語教師】しんどいこと3選

実を言うと、私は日本の教師を始めて3週間で「こんな仕事辞めてやる」と決意するくらい、日本語教師という仕事をツライと感じていました。

ということでまずは、日本語教師として働くことのしんどさからお話しします。

1.【生活が苦しい】授業準備の時間はお給料が発生しない

日本語教師が薄給の1つの理由として、授業準備の時間はお給料が発生しないという理由があります。

授業に使う教材を準備する時間や、各授業の細かなレッスンプラン二ングの時間は無給…。

日本語教師の仕事を始めたばかりの頃は、授業時間よりも授業準備に時間を取られるので、いくら時給が高くても割に合いません。

そして、掛け持ちの仕事もなかなか入れることができないという状況が最初の数ヶ月続きました。

でも、一度教材を作ってしまえば同じ教材を使い回しするだけなので、後から少し楽になり、セカンドジョブとの掛け持ちも可能です。

 

2.【授業をする難しさ】生徒のやる気の程度がバラバラ

海外にいる現地の人が日本語を学ぶ理由は、「日本に旅行に行くから」「彼氏が日本人だから日本語を勉強したい」「仕事で日本に行くから日本語が必要」など様々。

ですので、生徒のやる気の程度もバラバラになります。

  • 日本語で日本人とコミニケーションが取れるようなレベルまで行きたい
  • 文法とかひらがなとかどうでもいいから、使えるフレーズを手っ取り早く教えて欲しい
  • ゆる〜く、の〜んびり、楽し~く、日本文化の紹介も織り交ぜながら日本語の授業をやって欲しい

このように、日本語の授業に求めることがバラバラな人達が1つのクラスに集まります。

そのため、レベル1を終了して次のレベルに上がる時のドロップアウト率は結構高めです。

日本語教師の先生たちの間では、「半分残ればマシ」という目安が設定されていました。

 

3.【日本語教師なのに!?】英語力の低さが先生としての低評価になることがある

日本にある日本語学校に勉強しに来る生徒は英語圏からの生徒だけではないため、生徒間の共通言語は「日本語」になります。

そうなると必然的に学校の授業言語も「日本語」になるのですが、海外で日本語教師をやると、現地の生徒に文法をわかりやすく説明するために、英語を使わなければいけない場面も出てくるのです。

全て日本語で授業をしても理解してもらえる(理解する気がある)なら、日本語教師にとってもすごく楽。

どうしても日本語では伝わらないから、英語で説明しなければいけない場面なのに、「先生の英語力が低くて説明がよくわからない」という評価をする生徒もいます。

チファニー
でも、「本来日本語の授業だけど、私たちが英語を話してあげてるのよ!」という意識で、毅然としてていいのです。

 

海外で日本語教師になるメリット

お金にならず生活が苦しい…生徒のやる気もバラバラ…。

日本語教師になり3週間で「辞めてやる」と思う程しんどいことが多かった海外での日本語の授業ですが、結局ビザが切れるまで続けることができたのには理由があります。

それではここから、日本語教師を続けてみてわかった海外で日本語教師になるメリットを紹介します。

 

1.英語力が伸びる

日本語が全くわからない英語ネイティブの生徒に、日本語の文法や表現の意味を英語で説明しなければならない状況下では、嫌でも英語を使わなければいけない時もあります。

つまり、海外で日本語教師をやるメリットは、英語力が伸びる環境に置かれると言う事。

ある程度の英語力を持って海外に行ったとしても、英語ネイティブの生徒に英語で授業をすることは、最初は苦しいですが、英語力を伸ばしたいと思うなら理想的な環境です。

 

2.現地の人たちとのコネクション/コミュニティーができる

外国人の私たちが現地のコミュニティーに入っていく事はなかなか難しい…

でも、日本語教師をすることによって、「日本語クラス」というコミュニティーを作ることができます

同じ年代の現地の人たちから得られる情報は、日本人コミュニティーで得られる情報とは別物です。

また、生徒が働いている会社の商品のディスカウントバウチャーをもらうことができたり、日本語プライベートレッスンと生徒の事業サービスを物々交換することもできます。

 

3.やりがいが半端じゃない

日本語教師になって3週間で「辞めよう」と思った私が、海外で日本語教師を続けることができたのは、

君が先生じゃなければ次のレベルにサインアップしない

先生の授業がいいから日本に帰らないで!

という、生徒2人からのたった2言の言葉のおかげです。

外国人である私が、海外で現地の人に認められる。このやりがいは半端じゃありませんし、かなり自信がつきます。

 

日本語教師の資格があるともっと可能性が広がる

私は日本語教師の資格を持っていなかったので、フルタイムの日本の教師になる事は出来ませんでしたが、420時間の日本語教師養成講座を終了すると可能性はもっと広がります。

海外の日本語補習校で働く先生たちも、教員免許は持ってなくても、420時間の日本語教師養成講座を経て日本語教師になった方がたくさんいます。

チファニー
海外でも受講できる講座がありますが、日本でも取れる資格なので、日本にいる間に終了させておくと、私のように働きながら受講して大変な思いをする必要はないかと思います(笑)