海外が好きで気付いたら3ヵ国に住んでしまったチファニ やまだのプロフィール

プロフィールイラスト
チファニ
はじめまして、「Borderless Traveworker(ボーダレス・トラべワーカー)」を運営している チファニ やまだ です。ご訪問いただき、ありがとうございます。

このページでは、「Borderless Traveworker(ボーダレス・トラべワーカー)」というサイトについてと、運営者のチファニについて紹介しています。

まず、「Borderless Traveworker(ボーダレス・トラべワーカー)」というタイトルについてですが、それぞれの言葉には

  • Borderless=国境のない、境界のない、枠のない
  • Traveworker=「Travel(旅)+Work(仕事)」 する人(勝手に作った複合語)
という意味があります。

私自身の今までの私の人生を振り返ると、国境や自分の枠を超えて旅をしながら仕事をしてきたので、「Borderless Traveworker(ボーダレス・トラべワーカー)」という言葉が一番ピッタリという理由で選びました。

簡単な私の海外経験を説明すると、オーストラリアの語学学校でマーケター、カナダで日本語教師、ニュージーランドではスパの受付。

大卒でもなく英語もゼロからスタートした「ただの普通の人」が、持っているリソースをフル活用して海外でどこまで経験を積めるか?の人生実験をしてきた感じです。

そして日本では、リゾートバイトで交通費と家賃(と一部生活費)を無料にし、貯金しながら旅してきたり、時として外資系で働いてみたり、インターナショナルスクールで働いたりしました。

日本と海外を行ったり来たりし、引越した回数は20回。出身は東北ですが、現在は関西を拠点として活動し、とあるプロジェクトに参加させていただいております。

この「Borderless Traveworker(ボーダレス・トラべワーカー)」を立ち上げたのは、心も身体もボロボロだった頃。

「人生最後の1年を悔いなく生きて、全財産使い切って楽しんでから人生を終わらせよう」と思って渡航したニュージーランドで、最初に滞在したAirbnbのホストだった「リズ」からの一言がきっかけです。

リズ
あなた、そんなに面白い人生を歩んでいて、人とは違う経験しているなら、ブログ書くべきよ!今すぐ立ち上げましょう、NOW!!!!!

そんな軽い感じで2018年5月に前身ブログが誕生し、2018年9月に「Borderless Traveworker(ボーダレス・トラべワーカー)」として生まれ変わりました。

チファニ
そんな私「チファニ」のプロフィールですが、5分ぐらいで読み終わると思うので、サクッと読んでやってください!

 

生粋の海外好きの学生時代はこんなだった!

私の海外好きが始まったのは、小学生の頃。

4年生か5年生の頃に「ローリン・ヒル」に憧れて以降、音楽も洋楽・映画も洋画、海外の景色を雑誌で眺めたり、旅行のパンフレットを切り抜いてコラージュを作っていました。

中学・高校生あたりから「なんか周囲と感覚が合わない」と思うようになり、次第に学校に行く頻度も減っていきます。

攻撃されても「いじめへとエスカレートしませんように」「ダメージを最小限にとどめられますように」と祈りながら、自分の感情を周囲の人に察知されないように生きる日々が2~3年続くと、精神的におかしくなり体調にも支障をきたしました。

チファニ
ということで、高校2年生にして精神科デビュー!!

当時は、抑鬱と不眠症・度重なる胃腸炎と戦いながら生きていたのですが、それでも海外への想いは消えることなく募るばかり…。

ですがそんな状況だったので、当然のことながら親からは海外行きを反対されます。

私の出身地は、山に囲まれた東北の田舎。

周りに英語を使う仕事をしている大人がいない場所で育ったので、当時の私は

「なんで海外行きたいの?」
「海外に行ってどうするの?」
「帰ってきたらどうするの?」
「英語ができるようになってどうするの?」

という質問に明確な答えなんかなく、何も言い返せない…。

それ以降は、海外への思いを封印し「日本で無難に生きていこう」と思い、とりあえず手に職をつけるために専門学校に通いました。

が、その専門学校の海外研修で初めてアメリカを訪れてから、それまで封印していた海外への思いが大爆発し、海外に行きたい欲が止まらなくなりました。

それまでは、周囲と同じように就職して、やりたくないことを我慢しながら何十年も続け、いつか結婚して子供を産んで、子育てに追われている間に時間だけが過ぎて行くのが人生なのかな?と思っていましたが、いい意味で先が見えなくなりました。

ということで、目標ができた私は、一旦「お金を貯めるだけの仕事」をするために社会人になったのです。

 

オーストラリアに行く前の東日本大震災

オーストラリアに行く前、東日本大震災が起こりました。

当時、震災関係の仕事に携わることがあったのですが、家や車が流された人・家族が行方不明な人と関わる中で、言葉が出ない場面に何度も遭遇しました。

旦那さん・家・全財産を失い、子供を3人抱えたお母さん。

家族全員が行方不明で、一人で避難所にいるおばあちゃん。

「自分が彼女たちの立場だったらどうするか?」という問いに答えが見つからなかったことは生まれて初めてで、今でもその答えに辿り着いておらず、これから先も一生見つかることはないのかもしれません。

大事な人も家も仕事も時間も、いつ・どのようにして失うかわからない。

その頃から物事を決断するときは、「今、目の前にあることを経験してから死ぬか?経験せずに死ぬか?」を判断基準にするようになりました。

 

オーストラリア・ワーホリ

「日本と海外を繋ぐ仕事をしたいから、日本人留学生をサポートするために、語学学校で働きたい!」という無謀な目標を掲げ上陸したオーストラリア。

英語力は中学英語レベルな上に、四大卒という学歴がない私がどこまでできるか?というチャレンジでもありました。

もちろん、「あなたなんかにそこまでできるわけないじゃん!」と思う人の方が多くて当然です。

20代前半の小娘が田舎で仕事をしていて、「海外に行くためにお金を貯めています」と言っても信じてもらえることの方が少なく、海外に行ったこともない人に的外れなアドバイスをされます。

私が海外に行くことは信じていないけど、貯金していることは知っている親戚のおばちゃんが、私の職場までお金を借りに来たこともありました。

チファニ
「親のお金で海外に遊びに行けていいわね~」と嫌味を言われたこともありましたね!笑

海外に出たことがない人は、海外に対するハードルが無駄に高く、「海外の日本食レストランで働いてきた」なんて言ったらバカにされること間違いなし(日本食レストランで働くのだって結構大変なのに…)。

そんな背景もあり、「絶対に日本に帰ってきてもバカにされない仕事してやる!」と思って行動したら、最後の最後でまさかの語学学校の日本担当マーケター(日本人カウンセラー)就任という奇跡が待っていました。

私は大卒の学歴もない就活失敗組、職歴も華やかじゃないし、英語力も「マーケターとしては最低ラインぎりぎりのレベル」と言われましたが、チャンスをくれた一人の上司(日本人女性)に巡り合えたのです。

どんなにやる気があっても、現地での仕事探しは簡単ではないし、ただのワーホリメーカーがオフィスでの仕事を見つけることなんてかなり難しい。

語学学校のマーケターの仕事は、1ヶ月で円形脱毛症ができるくらい大変でしたが、この時初めて「人がチャンスを運んでくる」ということを学びましたし、こんな自分でも認めてくれる人がいるんだ!ということ実感しました。

チファニ
最初は無給のインターンからのスタートでしたが、どこで何があるかはわかりませんね!

無給インターンからマーケターに昇格した時の経験は、以下の記事にまとめています。

sydneycbd

【海外ではたらく】語学学校日本人スタッフ(カウンセラー)という営業の仕事を紹介するよ

2020-03-28
cloverybeach

【海外インターンシップの目的と心得】倍率30倍の面接を突破できた4つの理由

2018-11-14
ミセス・マッコーリズ・ポイント

【海外ではたらく】資格コネなし低スキルのワーホリでも海外オフィスで働けた5つの理由

2018-11-11

 

マレーシア就職挑戦→失敗

オーストラリアでいろんな国籍の人たちと一緒に働いたら、仕事を理由に自分を犠牲にすることが日本独特の考え方なんだということがわかりました。

できないことはできないし、無理なものは無理。

普通に考えれば当たり前でシンプルなことですが、日本の社会で生きていて「無理です」と言ったら終わってしまいそう(切られてしまいそう)な感覚は、今でも完全には捨てきれていません。

そしてもう一つ、働いている人の人種も人生のステージも違うので、「働くことに対して周囲と同じような考えである必要はない」ということを学びました。

考えが違うからと変な目で見られることもなければ、「みんな病気になりながら働いているんだからお前も同じように頑張れ」と言われることも同調圧力もなく、みんな違っていて当たり前の空気感が心地いい。

いろんな働き方があって、人生の幸せや喜びの部分にフォーカスした生き方を目の前で見せつけられたら、心が惹かれて当然です。

人生を変えたオーストラリアでの経験をきっかけに、もっともっと海外のことを知りたくなったので、今度は海外就職に挑戦してみることにしました!

そして私は、マレーシア就職にチャレンジしたのですが、見事に失敗しています。

滞在費用と航空券合わせて10万円の費用をかけ現地面接(という名の下見旅行)に臨みましたが、見事に撃沈!!

ショック

【マレーシア就職】転職エージェント登録→スカウトされても見送り…高卒求人の落とし穴

2019-04-11

「マレーシアって、海外就職しやすい国として有名じゃないの!?」

「マレーシア就職失敗したの!?」

とバカにされそうですが、残念ながら私にはご縁がなかった…。

でも、私の海外での人生実験は、こんなところでは終わりません!

「マレーシアがダメでも、カナダがあるじゃん!よし、カナダに行こう!」と思い、方向転換することにしました。

 

カナダ・ワーホリ

カナダワーホリの最大の目的は、永住権への挑戦!!

何かの記事で「永住権を目指すなら、カナダを好きになる前提で、渡航前から永住権を視野に入れて行動した方がいい」と書いてあったをの見て、渡航前から移民弁護士さんとのコンサルティングを始めました。

私の経歴や年齢・英語力から総合的に見て、一番実現の可能性がある都市を算出。その場所が憧れの「バンクーバー」だったのです。

が、しかし…

私が入国する2ヶ月前に法律が変わり、永住権申請条件が厳しくなったためハードルが高くなったと、カナダ現地入り後に移民弁護士さんを訪れた時に知らされました…。

それでも一応ビザはあるので、仕事探しに奔走。

履歴書を配り歩いた語学学校の一つから「日本語教師として働かない?」とオファーがあり、なんとか仕事を手に入れることはできました。

が、日本語教師というカテゴリーでは永住権の「え」の字すら見えてくることはなく、逆に金銭的にかなり厳しい生活が待っていたのです。

チファニ
仕事を掛け持ちしても、毎月850ドルぐらいの収入でしたからね。

資格なしでもできる!海外の日本語教師の仕事事情【給料や探し方も公開】

2020-04-12
イヌクシュク

【カナダ】バンクーバーでワーキングホリデー中お金が稼げず生活苦だった原因

2019-02-03

実は、日本語教師の他に仕事のオファーをいただいた会社があったのですが、とても屈辱的な条件だったため自ら手放しております、ハイ…(そのときのことは記事にするつもりはありませんので、私にどこかで会ったら聞いてみてください)。

でも、カナダからの撤退を決めた直後、ふとこんなアイディアがよぎりました。

チファニ
あ、私まだニュージーランドに行ってないじゃん!ここまで来たら2ヵ国も3ヵ国も一緒だ!行ってしまえ!

そんな超単純な理由から、ニュージーランド行きを決意したのです!

が、本気でカナダに永住するつもりだったので、日本円を全部カナダドルに替えていて、帰国時にはほとんど残っておらず、地元に帰っても給料のいい仕事なんてない…。

どうやってニュージーランド・ワーホリの資金を作ればいいんだろう?

そんな風に思っていたところで、友達からこんなお誘いがありました。

お友達
ねぇチファニ、手っ取り早くお金貯めたいなら、リゾバやってみたら?

 

リゾバでお金を貯めながら日本国内を転々とする

カナダから帰国後、家賃(寮費)無料!食事付き!交通費支給!「旅」と「仕事」と「貯金」がいっぺんに手に入る、リゾートバイトでの生活が始まりました。

考えてみれば、私が初めて地元を飛び出して行きついた場所はオーストラリア。地元以外の日本を知らない!!

チファニ
まぁ、せっかくニュージーランドに渡航するまでに1年あるんだから、日本国内も回って、日本も見てみよう!

と、意気揚々としていたのも束の間、新人の8割が飛んでしまう過酷な職場環境のホテルで働き、自律神経失調症になるという最悪のスタートを切りました。

そして、2ヵ所目の旅館で椎間板ヘルニアが発症するという負の連鎖…。

完全に人生の大殺界&サターンリターンだったのではないかと思っています。

3ヵ所目のホテルでは、自律神経失調症+椎間板ヘルニアの状態で、コルセットを巻きながら朝7時~夜10時までの拘束時間での労働。

ホテルからホテルへの移動の間に休みをもらいながら、なんとかニュージーランド行きの資金を貯めることができましたが、その頃にはもう海外で頑張る気力なんか残っていませんでした。

 

「人生最後の1年」と思っていたニュージーランド

このページの冒頭でもお話ししましたが、ニュージーランドに到着したころには、心も身体もボロボロ。

私が海外に憧れていたのは、身近にある自然と海外のカラフルな街並みを楽しみながら、心に余裕のあるのんびりした生活を送りたいという理由だったはずなのに、「あれ、なんでいつも必死だったんだろう?」と気づいたのです。

確かに、オーストラリアでもカナダでも、新しい経験・日本では絶対にできない経験をさせていただいたし、たくさんの人に出会わせていただいたので感謝しかない!

本気で頑張ることが楽しかった時期もあったし、この2ヵ国の経験がなければ今の私はないのは事実。

でも、ただひたすら奔走するばかりで、せっかく海外にいるのに、私が本当にしたかった「理想の海外生活」が実現できていない…。

それが虚しくて、ニュージーランドでは頑張りたくなくなりました。

  • 少しでも「嫌だ」と思った場所には住まない!
  • 少しでも「嫌だ」と思った人とは付き合わない!
  • 少しでも「嫌だ」と思ったことはしない!
  • 仕事はするけど「給料が不満」「やりたくない」と思ったら即辞める!

という、嫌なことを徹底的に排除することから始め、

  • 今カフェでおいしいコーヒーが飲みたい!と思った時に即実行!
  • 今夜ワインが飲みたい!と思ったらスーパーへ直行!
  • 太ってもいい!今食べたいと思ったものを即実食!
  • 「今、会いたい!」と思った人に即連絡!
  • 「ここに住みたい!」と思った場所に即引っ越し!

という、自分の気持ちに素直に生きることを実行したニュージーランドでは、優しい人たちに恵まれ、美しい自然とのんびりとした雰囲気に癒され、無事回復を遂げることができました。

良き羊飼いの教会

ニュージーランドのワーホリが海外初心者にも人生疲れた人にも優しいと思うのはなぜ?

2019-03-27

週4日勤務で月給3500ドル~4200ドル(単純計算で35万円~42万円)の仕事にありつき、「私が持っている全財産使い切って死んでやる!」と思っていたのに7ヶ月で1万ドル(100万円)貯金できてしまったという、何とも不思議な結果に…。

Wellington

ニュージーランドでの受付の仕事7ヵ月で貯金1万ドル+健康的な生活ができた話

2020-04-26

人生って、肩の力を抜いた法がうまく回り出すの?と思った瞬間です。

そして、旅行に行きまくったのでお金も飛んで行きましたが、ニュージーランドに来ていい意味で自分の中のネジが1本吹っ飛んだとも思っています。

 

3ヵ国経験したら、インターナショナルスクールで働けた

私は海外が好きなので、海外に全く興味のない人からすれば「海外かぶれ」のレッテルを貼られてもおかしくありません。

でも、日本が嫌いなわけではないし、海外だけに偏る人生にもしたくはない。常にどちらにも触れていたい人間です。

日本人を徹底的に避けて、日本語を徹底的に排除して…という、海外のものだけに偏るストイックな生活を続けるほど精神図太くありませんが、日本人・日本語・日本の文化だけに囲まれるのも息苦しい…

結局、「ちょうどいい距離感」が大事なのです!

そこで、日本でも海外のような環境で働いてみたい!と思い、東北のド田舎から関西へ地方移住。

縁もゆかりもない場所に1週間分の荷物だけでポーンとやってきて、仕事が見つかったらそもまま住み着くという人生実験をしてみました。

そこで手に入れたのが、インターナショナルスクールでのお仕事です。

1週間分の荷物の画像

【地方移住】田舎から地方都市へ引っ越し→仕事と家を8日で見つけ移住した方法

2021-03-20

 

現在はプロジェクトに参加中

オーストラリアに出る前の私からすると、将来の自分が海外3ヵ国の現地の会社で働き、日本でも外資系やグローバルな環境で英語を使って働いたり、インターナショナルスクールで働くなんて想像もできませんでした。

でも、もう十分、日本と海外で英語を使って働いてきたので、今現在は「本当の自分らしく生きることでどこまでできるか?」に挑戦しています。

チファニ
本当の意味で「Borderless Traveworker(ボーダレス・トラべワーカー)」になるための、第2のステージですね!

というわけで山の麓に拠点を移し、とあるプロジェクトにて活動中です。