ワーホリで人生終わったと感じる7つの理由と人生変わった人の行動7選

ワーキングホリデー(以下 ワーホリ)で海外に行った人の中には、「ワーホリに行ったら人生が終わった…」と感じてしまう人がいます。

「海外で何もできなかったら…?」

「帰国後に仕事がなかったら…?」

そんな不安があっても、海外経験をする前は答えを持っていなくて、「失敗したらどうしよう…」と恐怖心を募らせてしまうものです。

チファニ
でも私は、大卒の学歴もコネもスキルもなくワーホリに3回行きましたが、初めてのワーホリで語学学校の営業&マーケティング(日本人カウンセラー)の仕事を手に入れたり、どの国でも現地法人(ローカル)の仕事を経験しました。

日本でも外資系やグローバルな環境で外国人と仕事をしましたし、逆に失敗も苦しいこともたくさん経験しましたが、結論から言うと、「ワーホリ行ったら人生終わるかも…」なんて心配したり失敗を必要以上に恐れる必要はありません。

このページでは、

  • ワーホリで人生終わったと感じる理由
  • ワーホリで人生変わった人が現地でやっていること
  • ワーホリ失敗への不安や恐怖が減る極意
  • ワーホリで必要以上に怖がらなくてもいいこと

をお伝えしようと思います。

 

ワーホリで人生終わったと感じる7つの理由

ワーホリで人生終わったと感じる理由には、以下のような例があります。

ワーホリで人生終わったと感じる理由
  1. 海外で英語が伸びなかった
  2. 自分自身の成長・視野の広がりを感じない
  3. 海外に出たのに何も得られなかった
  4. ワーホリ帰国後になかなか仕事が見つからない
  5. 前職に戻ることもキャリアチェンジもできない
  6. 日本帰国後に英語を活かした仕事に就けない
  7. ワーホリの期間がブランクになってしまった

ワーホリで人生終わったと感じる人の特徴を簡単にまとめると、帰国後に仕事が見つからなかったり、英語やワーホリの経験を活かせないことが大きな原因です。

 

1.海外で英語が伸びなかった

まず大前提ですが、海外に行くだけでは英語は伸びません。

英語のネイティブだって、学校の授業の中で「English(英語)」や「Grammar(文法)」といった正しい英語の使い方を学びます。

日常生活で親や先生に間違いを直してもらいながら、自然な英語を話せるようになるのです。

英語のネイティブですら何十年もかけて英語を勉強しているのに、日本人の私たちが海外に行くだけで英語が話せるようになるわけがありません。

また、語学学校に行っても英語が伸びない人の特徴としては、以下のようなものがあります。

語学学校に行っても英語が伸びない人の特徴
  • 授業を受けただけで勉強した気になっている
  • 英語での日常生活に支障がなくなると満足してしまう
  • 同じフレーズ・構文・単語だけを繰り返し使って他を覚えない
  • 間違っていても相手に伝わればOKだと思っている

始めの頃は、英語で話す「自信」を持つために、勢いとノリ(テンポ)で話すことも大事です。

でも、ある一定のレベルに達すると、カバーしなければならない語彙・イディオム・構文が一気に増えて、途端に伸びを感じなくなります。

忍耐強く、ただひたすらレベルに合った学習を継続する時期も越えなければいけないのです。

 

2.自分自身の成長・視野の広がりを感じない

英語が伸び悩んでいるとき以上に、自分の成長や視野の広がりを実感するのは難しいものです。

数字で表すことができるものではなく、測る基準もありません。

帰国後に外資系の仕事を手に入れたとか、英語を使う仕事が見つかったとか、日本を出る前の自分では考えられなかった展開があれば話は別でしょう。

そうでなければ「海外で何やってたんだろう?」と思ってしまっても不思議ではありません。

こればっかりは他人と比較せず、日本を出る前の自分と何がどう変わったのか?考え方にどんな変化があったのか?を自分で分析したり、必要であればプロのアドバイザーに相談することも一つの手段です。

 

3.海外に出たのに何も得られなかった

海外に出るなら手ぶらでは帰ってきたくない!!

そう思って渡航しても、

  • 履歴書に書けるような仕事を海外でしてこなかった
  • 英語力を証明できる資格が手に入らなかった

と、何も得られていないように感じるかもしれません。

でも、英語力が足りないと思ったなら、帰国後もオンライン英会話で勉強を続ける方法があります。

海外で経験を得たかったら、セカンドジョブで生活費を稼ぎながら現地法人のオフィスインターンをしたり、無給で前職と同じ仕事にチャレンジすることも必要です。

チファニ
私が初めてのワーホリで手に入れた語学学校の営業&マーケティング(日本人カウンセラー)の仕事は、無給のインターンからスタートしましたからね!

すべてを完璧にこなさなくても、少しずつ前に進んでいけば、いつか自分の成長を実感するときが来ます。

 

4.ワーホリ帰国後になかなか仕事が見つからない

ワーホリ帰国後になかなか仕事が見つからない件について一つ言えることは、本来、転職活動には3~6ヶ月程度の時間を要することです。

特に職種にこだわりがあったり、条件を絞っている場合、年単位で時間がかかってしまうこともあります。

周りは普通に仕事していて、自分だけ置いて行かれているように感じますが、焦りは禁物。

チファニ
これは私の失敗談ですが、焦って仕事を探し、妥協して決めた仕事が「聞いていたのと話が違う」案件で、1ヶ月で退職したことがありました。

世の中には、ワーホリに行かなくても仕事が見つからない人がたくさんいるので、「自分だけ…」と落ち込む必要はありません。

 

5.前職と同じ仕事に戻ることもキャリアチェンジもできない

ワーホリから帰国後、前職と同じ仕事に戻ることもキャリアチェンジもできない期間があります。

何か変化があるときは元居た世界には戻らせてもらえないし、宙ぶらりんな状態も続くので、心の中はとても苦しい時期でしょう。

キャリアチェンジをするのは大変ですが、「大」きく「変」わるから「大変」なのです。

ポテンシャル採用や第二新卒カードが使えないなら尚更、これまで積み上げた業界や職種から別な世界に上手く移れない時、

  • 自分で勉強する
  • 個人で小さく仕事を受けて実績を作る
  • 行きたい業界の単純作業の仕事から受けてみる
  • 条件の悪い未経験OKの求人で採用をもらう

といった、何かしらの努力や妥協が必要になるでしょう。

華々しいキャリアチェンジの成功例はほんの一部だということ、「運」と「タイミング」の要素があることを覚えておくと、落ち着いて進んでいけると思います。

 

6.日本帰国後に英語を活かした仕事に就けない

現在の日本には、「英語力を活かせる仕事」はたくさんあります。

  • 英語に抵抗がなければできなくてもOKな仕事
  • 英語のメモ程度でOKなTOEIC400点~500点台の仕事
  • 日常会話程度でOKなTOEIC600点台の仕事
  • 英語で読み書きができればOKなTOEIC700~800点台の仕事
  • TOEIC800~900点台の英文事務や貿易事務
  • TOEIC満点が前提の通翻訳
チファニ
海外に出る前のTOEIC485点の私でさえ、東北の田舎で子供英会話講師の仕事を見つけましたからね!

もしかしたら、日本帰国後に英語を活かした仕事に就けないのではなく、職種・業界・年収・正社員という肩書などすべてが揃っていて英語も活かせる仕事に就けないのではなかと思います。

また近年では、

  • 求める英語レベルや仕事内容に対して給料が見合っていない
  • 業務内容に対して目安の英語レベルが低い

など、適切な人材募集ができていないケースが増加している印象です。

英語ができる人材自体が少なく、平均給与が過去30年横ばいの日本では、多くの企業が「英語ができる人材を安く雇いたい」と考えます。

今現在の英語レベルとできる仕事の範囲を的確に知り、受け入れて、自分にできそうなところから少しずつ身に付けてステップアップしていけばいいのです。

 

7.ワーホリの期間がブランクになってしまった

ワーホリ期間の履歴書の記載方法は、「何をしてきたか」によってどのように記載するかが変わります。

語学学校の通学歴は学歴欄への記載が不要ですし、卒業後はアルバイト生活で書ける職歴がない…。そのため、ワーホリの期間がブランクになってしまったと感じるかもしれません。

でも私は、だからこそ海外に出て、ものの見方や捉え方・表現方法を変える必要があると思います。

例えば、アパレルや化粧品の販売員の友人は「セールススペシャリスト」と履歴書に書きますし、ウェイター・ウェイトレス・バンケットスタッフの友人は「サービス専門」という表現で仕事のことを語ります。

  • 少しでも店舗の運営に関わったなら「運営マネジメントのアシスト」
  • 雑用でも業務を同時並行でこなしたら「マルチタスク」
  • 時間に追われる忙しい環境の中で働けば「プレッシャーの中でのタイムマネジメント」

海外の人は、ちょっとした経験でも「経験は経験」とポジティブに捉えますし、引き出しや表現力がとても豊か!

肩書や雇用形態で人を見下したり職業で人をバカにする傾向が強い日本で育ったなら、「ただのバイトじゃん」と思うかもしれませんが、嘘をついているわけでも間違いでもありません。

逆に「ただのバイトじゃん」と思ったなら、海外に出て違いに触れてくると、視野が広がること間違いなしです!

 

ワーホリで人生が変わった人が現地でやっていること

ワーホリで人生を変えた人は、現地で以下のようなことを実践しています。

ワーホリで人生変えた人が現地でやっていること
  1. 外国人や現地の人と関わる
  2. 日本人の友達も大事にする
  3. 英語の資格を持って帰る努力
  4. 海外の現地法人で働く
  5. 海外でも日本と同じ職種に挑戦する
  6. 日本ではできない経験をする
  7. 人生最後だと思って嫌なこと全部やめる

それでは一つ一つ具体的に解説していきます。

 

1.外国人や現地の人と関わる

外国人や現地の人と関わること、以下のようなものが得られます。

  • 英語力
  • 自分にはない視点
  • 新しい考え方

日本という島国で生まれ同じ民族の中だけで生きてきた人が、国籍も人種も違う人と関わると、圧倒的に視野が広がります。

たとえ日本帰国後に自分の理想としている仕事が見つからなくても、これだけでも海外に出て良かったと思えるはずです。

チファニ
それに、共通言語は英語なので、必然的に英語使いますしね!

ワーホリで現地の友達ができない…英語ネイティブの友達を作る方法7選

2020-03-14

 

2.日本人の友達も大事にする

ワーホリで海外に出ると、「同じ日本人とは口も聞きたくない」と言わんばかりに日本人とは絶対に関わらない人がいます。

でも、日本人の友人も大事ですし、日本各地から来ている様々な経験をしている日本人と海外で出会うのも面白い経験です。

日本人の友達がいたからって、海外生活のすべてが日本語になるわけではないですし、シェアハウスも職場も英語環境になると、時々日本語が恋しくなります。

日本人同士のつながりは帰国後も生きますし、私が今連絡を取り合う仲の友人は、7~8割が海外で出会った友人。

海外で生活をすることは決して楽なことではないですが、同じ時期に一緒に乗り越えた仲間はとても貴重な存在です。

 

3.英語の資格を持って帰る努力

ワーホリで海外に出た経験をプラスにする一番手っ取り早い方法は、英語の資格を持って帰ることです。

面接でも「英語資格」の証明書の提出を求められることがあるので、取って損はありません。

チファニ
英語の総合力を伸ばすならば、ケンブリッジ検定がおすすめ!3ヶ月の集中コースはきついですが、FCE以上を取得すると海外就職活動の際も評価されます!

 

4.海外の現地法人で働く

ワーホリの経験を最大限に生かそうとする人の多くは、現地企業で働くことやローカルジョブにチャレンジします。

日系企業のオフィスワークや現地スタッフという選択肢もありますが、オフィス内や職場で現地の人や外国人スタッフと英語で仕事をすると大きな自信になります。

週5日のフルタイムじゃなくても、バイトでもカジュアルでも経験は経験。

日本帰国後に外資系で働くことへの抵抗が少なくなり、成長を感じられること間違いなしです!

【学歴/コネ/スキルなし】ワーホリで海外オフィスワークを手に入れた方法

2018-11-11

 

5.海外でも日本と同じ職種に挑戦する

日本と海外の両方で同じ職種にチャレンジすると、職歴に統一感が生まれます。

もちろん、日本で医療関係に従事していた人がワーホリで同じ仕事をするにはかなりハードルが高いので、職種によるかもしれません。

例えば看護師なら、看護師として海外で働くために、いつどこでワーホリビザを発動するかも重要になります。

日本と同じ職種を得られるかは、職業レベルや求められる英語力によって変わりますが、美容師やエステティシャン・ネイリスト・整体師などの資格を持つ人は海外でも需要があるので、現地企業のオフィスワークよりも仕事を見つけやすい印象です。

 

6.日本ではできない経験をする

私の周りには、

  • 海外で個展を開く
  • 現地のデパートからの依頼でファッションアイテムのデザインをする
  • 本格的にバリスタの道に進む
  • ヨガの先生になるためのコースに通う
  • ストリートパフォーマーとして生計を立てる

といったことにチャレンジして達成した人が何人もいました。

ワーホリで海外に出る人は、日本で会社員をしていた人だけではなく、いろんな職業の人がいます。

その人たちにとっての日本帰国後の選択肢は、一般企業に再就職をすることだけではありません。

自分の個性やスキル・特性を活かして、それぞれの道に進んで行く、100人いたら100通りの人生があります。

 

7.人生最後だと思って嫌なこと全部やめる

これは私の話ですが、私は3回目のワーホリに行く前に、自律神経失調症と椎間板ヘルニアを同時に発症させ、働きたくても働けない状態になりました。

病院に行くまでの道中で何度か気絶しそうになり、それこそ「人生終わった」状態です。

そこで、

  • 身を粉にして働くこと
  • 「学びや経験」のために低賃金で働くこと
  • 付き合いたくない人と付き合うこと
  • 住みたくない場所に住むこと

など、やりたくないことを全部やめました。

そして次に見つけた仕事が、フルタイムだけど週に3~4日勤務で、月収35~42万円の仕事でした。

チファニ
やりたくないこと全部やめた方が、お金も人生も回る」ということを学んだ瞬間です。

人生の中で一度、嫌なことを全部やめるという経験も、してみていいんじゃないでしょうか?

 

ワーホリ失敗の不安が減る6つの極意

 

ワーホリ失敗の不安が減る6つの極意
  1. 人の失敗談をたくさん聞くこと
  2. 失敗談から筋道を立てること
  3. 失敗は「そっちじゃない」のサイン
  4. 失敗を”失敗”と定義しない
  5. 失敗は自分の味方だと捉える
  6. 人の失敗談は成功に変えるヒントにする

 

1.人の失敗談をたくさん聞くこと

私の知人で事業をしている人がいるのですが、その人は「お金を払って人の失敗談を聞きに行く」ことをしていました。

理由を聞いてみると、

  • 成功例は再現性がない(少ない)
  • 失敗は誰にでも起こりうる
  • 失敗を乗り越えて這い上がった話の方が参考になる

とのことでした。

成功例には「時の運」「人のご縁」「タイミング」というものが必ずあります。

上手くいったときのノウハウを参考にすることはできても、運やタイミングまで再現することは不可能です。

でも、「失敗すること」においては成功例よりも膨大な例があります。

ワーホリは事業をすることとは違いますが、失敗の根本原因には共通する部分があるのです。

成功例を聞くことは確かに大事ですが、それと同じくらい人の失敗談をたくさん聞くことが必要です。

 

2.失敗談から筋道を立てること

人の失敗談をたくさん聞くと、失敗するときの傾向や共通点が見えてくるようになります。

そして、失敗を減らすための筋道を立てることが可能になるです。

それだけで自信がつき、次第に「案外大丈夫かも!」と勇気が湧いてきます。

 

3.失敗は「そっちじゃない」のサイン

物事がうまくいかないとき、往々にして「そっちじゃない」のサインだったりします。

  • 自分にとってマイナスな人ばかりに会う
  • ノウハウを試してもプロに相談しても機能しない
  • お金が回らない

でも、方向性を変えただけでスムーズに事が運ぶようになることがあるのです。

 

4.失敗を”失敗”と定義しない

行き詰まりや停滞を感じて方向を変えたら、物事が進むようになった。

方向転換したときは「このやり方では失敗だった…」と落ち込むかもしれませんが、実はこれ、学びです。

失敗を”失敗”と定義しないで、蓄積された「学び」「統計」「データ」に変換すればいいのです。

 

5.失敗は自分の味方だと捉える

人の失敗談をたくさん聞く

失敗から筋道を立てる

失敗は「そっちじゃない」のサインだと知る

失敗を”失敗”と定義しない

私はワーホリを3回経験しているので、1回だけの人よりも3倍ぶち当たった壁の数が多いと思っていますが、このプロセスを辿り徐々に恐怖心が減った気がします。

失敗ではないとわかると、人の失敗談を聞いても「参考」にしかならないし、そうするうちに失敗を「失敗」と定義する人も周りからいなくなっていく…。

失敗は人生の中で絶対について回るものですが、「進む方向を教えてくれる自分の味方」だと思えば恐怖心も和らぐのです。

 

6.人の失敗談は成功に変えるヒントにする

自分ひとりだけで失敗ばかりが続くと心がポキッと折れそうになりますが、人の失敗談は成功に変えるヒントにすることができます。

これまで失敗してきた人たちだって、本当に人生が終わった人はいないし、その後も人生は続いているはずです。

時代も変わっているので、海外で上手くいかなくても、挽回する方法はいくらでもあります。

ワーキングホリデーの失敗談を成功に変える!行く意味ないと言わせない戦略

2020-11-13

 

ワーホリで必要以上に怖がらなくてもいいこと

私はこれまで3回のワーホリを経験しましたが、その中で必要以上に怖がらなくてもいいと思ったことを紹介します。

ワーホリで必要以上に怖がらなくてもいいこと
  1. すべて自己責任で失敗したら代償を支払うこと
  2. 成功や失敗というレッテル
  3. 他人の「目」
  4. ワーホリの闇・現実・末路
  5. 一度落ちたら戻れないという謎の呪縛
  6. ワーホリで人生が終わるかも…という不安

1.すべて自己責任で失敗したら代償を支払うこと

成功体験であっても、失敗であっても、すべての出来事には必ずと言っていいほど「時の運」「人のご縁」「タイミング」というものがあります。

でも大抵の場合、それらの要素にはあまり触れず、「個人の努力」 のみにフォーカスされます。

確かに、「失敗しちゃったな…」と思った時に原因を分析して改善することは大切で、人生の責任は誰も取ってくれないことは事実。

ですが自己責任とは、自己の過失においてのみ責任を負うこと(引用元:goo辞書)という意味で、経験や自己成長の過程で上手くいかなかったことに代償を支払うことではありません。

そして、罰や制裁を受ける必要も、他人からの批判を許す必要もないのです。

また、「全部自分の努力」という考え方は、上手くいったときに傲慢になるし、他人にも厳しくなります。

チファニ
それが理由で人を辞めさせている職場の人、日本の社会にたくさんいますよね。

逆に、不調の時には自分を責めすぎて鬱になる可能性も…。

人間はそれぞれの人生に責任がありますが、誰一人として一人では乗り切れません。

社会で生きている以上、状況や情勢・法律やルールを考慮しない100%の自己責任は成り立たないのです。

 

2.成功や失敗というレッテル

競争社会で生きていると、「成功」「失敗」というレッテルを誰かに貼られることがあります。

でも、自分の人生に向き合っていて、しっかり考えている人は、失敗が怖くなって当然です。

チファニ
「ただ何となく」でワーホリを選んでいたら、恐怖心すら出てきませんからね。

だから、海外で何も得られなかった…という結果になる可能性の方が低いと思います

 

3.他人の「目」

ワーホリで海外に行くと、他人の目を気にしている暇がなくなります。

現地の人は、外国から来た一人のアジア人が何をしていようと、気にも留めません。

日本にいるころに比べてネガティブなことを言ってくる人もいなくなるでしょう。

そしたら、やりたいことに思いっきりチャレンジできます!

 

4.ワーホリの闇・現実・末路

ワーホリで再就職に苦戦している人がいたり、海外でアルバイト生活をしている人がいると「ワーホリの闇・現実・末路」といった話が出てきます。

ですが、怖がる必要はありません。

この世のすべてのものは陰と陽(光と闇)があり、どんな出来事にもプラスとマイナスがある。2つのものが同時にバランスを保ちながら存在しているのです。

海外生活はキラキラしたもののように描かれますが、実際はゲロゲロ!現地法人で働き始めたら、最初の数ヶ月は毎日吐きそうになりながら仕事をします。

日本の外の国で現地の人たちと働く環境は、日本では絶対に手に入らない!ローカルジョブにチャレンジして苦しくても、最後には「やってよかった!」と思えるでしょう。

人生の折り返し地点にすら到達していない20代の末路はまだまだ先です。

シワシワのおばぁ(おじぃ)になって死ぬ間際を迎えるまではわかりません。

【ワーキングホリデーの闇と現実】実際はつらいと知っても行く人が多いのはなぜ?

2020-02-16

 

5.一度落ちたら戻れないという謎の呪縛

日本の教育を受ける過程で、

  • 一度失敗したら負け癖がつく
  • 一度レールを外れたら戻れない
  • 一度落ちたら戻れない

という謎の暗示をかけられてきた人もいるでしょう。

ですが、人間にはバイオリズムがあり、良いときも悪いときもあります。

落ちても上がるし、レールを外れたら行き先が変わる、つらいときでも違う道を通って違う場所に行けます。

 

6.ワーホリで人生が終わるかも…という不安

ワーホリで人生終わったと感じる人の話を聞くと、そのネガティブエネルギーの影響で不安になることがあります。

でも、たった1年の海外経験・ワーホリで、人生終わりません。

本当に「終わった」と感じても、20代なら帰る実家もあるでしょうし、お金と家がなくても住み込みで働ける場所もあります。

心の病や事故・ケガで働けなくなっても、障がい者向けの福祉や生活保護がある、それが日本です。

健康な20代なら、1円の金にもならないプライドを捨てれば、人生いくらでも変えることができます。

 

人生終わったと思った時がスタート

ワーホリに行って、帰国後に仕事が見つからなくて、先が見えない…。

もしも本当にそんなことが起こってしまったら、「私の人生はこれから」と思った時に不治の肺がんと診断されたスポーツトレーナー Elin Kjos さんの TEDx Talks でのスピーチを見ると心が震えると思います!

余命を告げられても、それ以上に長く生きている人の言葉は重みが違いますし、私もつらいときに何度も繰り返して見ています。

英語が理解できなくても、設定で日本語字幕(もちろん英語もあり)を表示が可能です。

「My life started when they said it was over」
「人生の終わりを告げられた時に人生が始まった」