ワーキングホリデーが失敗する原因と失敗談を成功に変える方法

せっかくワーキングホリデーに行くなら、英語ペラペラになって、現地法人のオフィスワークやローカルジョブでお金稼いで、成功してやる!と意気込み、「失敗したくない」と誰しもが願いますよね。

だからこそ、成功例とか失敗談が気になってワーホリ情報を探しますが、

自分にできるかな?

できなかったらどうしよう…

と、不安にもなります。

この記事を書いている私自身、成功例を目標にワーホリ計画を立てましたが、実際現地で家を探すときも、仕事を探すときも計画通りには行きませんでした。

そこでこのページでは、ワーホリで絶対に失敗したくない人のために、

  • ワーキングホリデーでよくある失敗例
  • ワーキングホリデーが失敗になる原因
  • ワーホリのよくある失敗例を成功に変える方法

についてお話ししようと思います。

ちなみに、この記事を書く私は、

  • オーストラリアの語学学校で日本担当のマーケター兼カウンセラー
  • カナダの語学学校で日本語教師
  • ニュージーランドのリラクゼーションスパでレセプショニスト

として現地法人で働き、円形脱毛症ができたり鬱になりかけたり、けっちょんけちょんにされてきたポンコツです。

 

ワーキングホリデーでよくある一般的な失敗例

まず、ワーキングホリデーでよくある一般的な失敗例をまとめます。

ワーキングホリデーでよくある一般的な失敗談
  1. 英語が伸びなかった
  2. 日本人とばかりつるんでいた
  3. 外国人や現地の友達ができなかった
  4. ワーホリ資金(貯金)が底を尽きた
  5. 海外に行けばなんとかなると思っていた
  6. 自分探しをしても見つからなかった
  7. 帰国後になかなか仕事が見つからない

では、それぞれの項目を詳しく説明します。

1.英語が伸びなかった

大前提として、海外に行くだけでは英語は伸びません。

英語を伸ばすためには、

  • 語学学校に通う
  • 外国人やローカルの人と一緒のシェアハウスに住む
  • 外国人の友達を作る
  • ローカルジョブで働く

など方法は様々ありますが、すべてを完璧にセットアップするのは大変です。

ここで知って欲しいことは、英語に触れれば触れるほど英語に慣れていくということ。

英語に触れるだけでは伸びませんが、英語に触れなくなったら、英語力は落ちていく一方なので、まずは英語の環境を整えることが大切です。

日本で英語を伸ばすこともできるけど、それでも海外に身を置くと決めたからには、少なからず「英語」の必要性ってものを感じているのではないでしょうか?

 

2.日本人とばかりつるんでいた

海外経験者の中には、「英語できなくても海外で生きていけるよ」と話す人もいるでしょう。

確かに、嘘ではありません。

でもその人はもしかしたら、強い意志を持って「海外で日本語だけで生きていけるか?」を実践している人かもしれません。

日本人はたくさんいるし、日本人だけのシェアハウスもある、日本食レストラン(ジャパレス)のキッチンなら日本語だけでも働けます。

そんな強い意志を持った人は、日本人とばかりつるむことで「海外で日本語だけで生きていく」という目的を達成できるでしょう。

でも、いろんな国の人と交流したい人が同じようにしていたら、目的は達成できない。

それって、悔しくありませんか?

 

3.外国人や現地の友達ができなかった

外国人の友達を作ることは、そんなに難しくはありません。

語学学校に行けばクラスに必ず外国人はいるし、どの国の人も、自分の国では経験できないことをするために海外に来ています。

語学学校に行かないなら、外国人シェアハウスやローカルジョブを探して、そこから友人関係を築くことができますね。

ローカル(現地)の友達を作るのは難しいですが、同じ目的を持った外国人ならハードルは低いはずです。

 

4.ワーホリ資金(貯金)が底を尽きた

ワーホリ資金が底を尽きる理由は一目瞭然で、十分な貯金をしなかったことが最大の原因でしょう。

でも、忘れてはいけないことがあります。

私が出会った日本人の多くは、ワーホリ資金の他に、

  • 日本に帰国してからの生活セットアップに使うお金
  • 何かあった時の緊急用の貯金

といった資金を別枠で貯めていました。

つまり、絶対に手をつけたくないお金というものを隠し持っているのです。

確かに今は「ゼロ円留学」という、海外でお金を稼ぐことで実質ゼロ円の留学を謳って、少ない予算での留学を提案する会社があります。

でも、

  • 仕事がすぐに見つからなかった
  • 稼げる仕事じゃなかった
  • 仕事が見つかってもシフトがもらえなかった
  • 職場が廃業することになった

と、現地入り後の状況が日本での計画と違う(変わる)ことがあります。

実際にワーホリに行くと、

  • ワーホリ資金は150万円だけど本当は300万円持っている人
  • ワーホリ資金が尽きたら日本に帰ると決めて海外に来ている人

など、バックアッププランや覚悟を持っている友人がほとんどでした。

お金はあって困ることはありません。

 

5.海外に行けばなんとかなると思っていた

海外経験者の中には、

  • トラブルがあったけど何とかなった人
  • 英語出来なかったけど何とかなった人
  • お金がなくなったけど何とかなった人

という人が存在します。

でも実際、海外でなんとかなる人は、自分でなんとかしている人です。

そして、何とかしようと必死でもがくことで、手を差し伸べてくれる人が現れる時もあります。

つまり、自分の努力50%、誰かの助け50%!

でも中には、誰かの助けを借りたのにも関わらず「何とかなったぜドヤ」と武勇伝のように語る人もいるでしょう。

そんな話を鵜呑みにして、「海外で何かあっても誰かが助けてくれる」と期待してしまう人もいるでしょう。

「なんとかなる」という気持ちを持つことで、モチベーションを上げている人もいるでしょう。

もう一度言います。

海外でなんとかなっている人は、自分でなんとかしている人!そして、他人が手を差し伸べてくれたというラッキーがあった人です。

 

6.自分探しをしても見つからなかった

海外に自分探しをしに行くことは、悪いことではないと思います。

でも、自分探しをしても見つからなかった人は一定数いるでしょう。

それはなぜか?

「海外」という自分の外側に自分を探しに行っているからです。

本当に自分を探したいなら、自分の内側を見つめることが必要。自分の外側に自分という人間は存在しないですしね。

でも、海外に自分を探しに行っても見つからなかったと気付いただけでOKだと思います。

自分探しをする場所は海外ではないと知るためには、実際に海外に出ないと分かりませんからね!

 

7.帰国後になかなか仕事が見つからない

帰国後になかなか仕事が見つからないことで、ワーホリ自体を失敗と考えてしまう人もいるでしょう。

ですが、今の時代はどこに行っても仕事を見つけるのは大変です。

東京や大阪では競争が激しいし、田舎に行くと希望する仕事に就けないことが多々あります。

多かれ少なかれ妥協が必要だし、100%理想を叶えることは難しいです。

フリーランスや個人事業主として活動しても、契約が取れない時期もありますし、収入がない月もあります。

軌道に乗るまで、パートやアルバイトで最低限の生活費を確保しながら、やりたいことをやってる人もザラです。

でも、仕事を探し続けていれば、いつか必ず暗いトンネルを抜けるときが来ます。

なかなか仕事が見つからないという問題は、もはやワーホリ云々の問題ではありません!

 

ワーキングホリデーが失敗になる原因3選

ワーキングホリデーには「失敗」と言われるものがありますが、なぜ「失敗」になってしまうのか、3つの原因をお話しします。

では、一つ一つ解説していきますね。

1.ワーホリが終わる時の状態を見て失敗か成功を判断するから

ワーホリが失敗になる大きな原因の一つは、滞在が終わるその時に「失敗」か「成功」かを判断しているからです。

でも、ワーホリの経験が生きるのは帰国してすぐとは限らず、1年後かもしれないし、2年後かもしれません。

海外で英語がうまく伸びず挫折するかもしれないけれど、日本で英語の勉強を続けて英語を使う仕事に就くかもしれない!

ワーホリの経験が、5年後の海外大学進学や大学院への進学に繋がるかもしれない!

「海外ワーホリで何を成し遂げたか?」という部分だけで判断して、その後の経験にどう繋がったか?どう活かしたか?という部分は排除する。

たとえワーホリでの滞在が終わる瞬間に自分の中で「失敗」と思ったとしても、次に活かすことができれば失敗は学びになるのです。

 

2.成功か失敗の「100 か 0」かで判断しているから

ワーホリに失敗する人の大きな二つ目の原因は、成功か失敗の「100 か 0」で判断しているからです。

この世の中、100%の成功も、100%の失敗も、どちらも存在しません。

学校や会社の評価だって、加点方式か減点方式なのに、なぜか「成功」か「失敗」の100か0にしてしまう…。

例えば、「英語力が伸びなかった」という失敗談を加点方式にするなら、

  • スーパーで買い物できたら+1点
  • セルフレジ使えたら+1点
  • 地下鉄やバスで移動できたら+1点
  • SNSで外国人の友達ができたら+5点
  • 語学学校のレベルが一つ上がったら+10点

0点になることの方が難しいのに、なんか矛盾してると思いませんか?

海外に行って、できるようになったことが一つでも増えたら、それは成長!

「成功」と「失敗」捉えるのではなく、「成長」と「衰退」で捉えれば、失敗は無くなります。

そして、海外にいる間に日本語力が衰退したら、それもまた面白い成長だと思いますけどね。

 

3.「個人の努力」の部分だけしか見てないから

ワーキングホリデーが失敗になる3つ目の原因は、できなかったこと全てを「個人の努力のせい」と捉えるから

成功する時も失敗する時も、努力以外の「運・状況・人の縁」などすべての要素が重なって「流れ」というものが作られます。

個人の努力も必要だけど、それ以外のものを除外するのは見積もりが甘いでしょう。

 

ワーホリの失敗例をうまいこと成功に変える方法

一般的な「ワーホリで失敗しない方法」は

  • 明確な目標を立てる
  • 英語を勉強する
  • 現地企業の仕事やローカルジョブをゲットして稼ぐ

といった正論が多く、当たり前すぎて役に立たない…。

そこでここでは、一般的な失敗例をこっそり「うまいこと」成功に変える方法を紹介します。

ワーホリの失敗例をうまいこと成功に変える方法
  • 英語力はワーホリ前につけてくる
  • 海外で英語力が伸びなかったら日本帰国後にこっそりオンライン英会話を続ける
  • ワーホリ前に外国人やローカルの友達を作っておく
  • 海外で自分探し→日本にいる自分と海外の自分との違いを探す
  • 海外出発前の日本にいる間にたんまりとお金を貯め込む

英語力はワーホリ前につけてくる

日本人は、英語ができないから海外に行く意識が強い印象ですが、外国人は海外に英語力を伸ばしに行く人が多い印象です。

だったら日本人も、英語力はワーホリ前につけてくる!そして、海外では伸ばすだけの状態で渡航すると「海外で英語が伸びなかった」という失敗を回避できます。

テスト前に「全然勉強していない」と言いつつ、ちゃっかり点数は取るのと同じ戦略です。

 

海外で英語力が伸びなかったら日本帰国後にオンライン英会話を続ける

海外で英語力が伸びなかった…

でも大丈夫!今はオンライン英会話というものがあります。

海外で英語力が伸びなかったら、日本帰国後にオンライン英会話で英語の勉強を継続させましょう!

英語が伸びてしまえば、いつ伸ばしたかは関係ありません。

 

ワーホリ前に外国人やローカルの友達を作っておく

外国人やローカルの友達を作るポイントは、日本の文化に興味がある人と仲良くなること!

でも、ワーホリで海外に行くと、日本に興味があったり日本が好きな人と交流することが難しくなります。

それは、相手が必ずしも「日本人の友達が欲しい」と思っているわけではないからです。

だから私は、日本にいる間に外国人やローカルの友達を作っておきました。

日本には、ワンコイン英会話や英会話カフェなどの交流の場があるので、ハードルはグンと低くなります。

 

日本にいる間にたんまりとお金を貯め込む

「0円でもワーホリに行ける」

「ワーホリ費用20万円」

今では格安で海外に行くプランが出てきていますが、私が海外で出会った人の多くは、日本でたんまりとお金を貯め込んできていました。

セーフティーネットを100万円~150万円ぐらい残しておいて、残りをワーホリ資金とする!

近年では、一昔前に比べて安く海外に行けるようになりましたが、現実的に物事を考えることの大切さは今も昔も変わりません。

 

海外で自分探し→日本にいる自分と海外の自分との違いを探す

海外で自分探しをしても見つからないと先ほど言いましたが、海外に出たら、日本にいる自分と海外の自分との違いを探すことができます。

  • 日本での英語力は?
  • 現時点でSNSに外国人の友達が何人いる?
  • 海外に来たばかりの頃にできなかったことがいくつできるようになった?
  • 1年滞在して何ができるようになった?

どれか一つでも、少しでも向上したらOK!

汚いシェアハウスに住んだり、やりたいことのために皿洗いやクリーナーの仕事で生活費を稼ぐ自分が惨めだと感じても、そもそも海外に出るだけで仕事も生活もハードルが高くなっていることを忘れてはいけません。

SNSで外国人の友達が1人でも多くできたら、日本にいる自分よりも成長していることになると思いませんか?

 

ワーホリに失敗はない!あるのは経験と学びだけ!

ワーキングホリデーは、起業することでも仕事のプロジェクトでもなく、海外に行く一つの手段です。

「失敗」も「成功」もなく、あるのは経験と学びだけ。

すべては次につながる通過点でしかなく、経験や学びをどう活かすかは、自分にしか決められません。