【ワーホリ初期費用】語学学校行かないで20万の裏側!手持ちのお金はいくら?

ワーキングホリデー(以下 ワーホリ)は、1年間海外で仕事も勉強も旅もできるビザ。

最初は3~6ヶ月程度語学学校に行く人がほとんどですが、語学学校に行く時間がもったいないと考えて、行かない選択をする人もいます。

一般的なワーホリ費用の相場は100万円~150万円ですが、語学学校に行かなければ大幅に削減することも夢ではありません。

チファニ
私の場合、語学学校に行かなかったニュージーランド・ワーホリの初期費用は、約212,695円でした。

ですが、ワーホリが初めての人にとっては、現実的ではない部分もあります。

そこでこのページでは、

  • 私の3ヶ国ワーホリの初期費用と手持ちのお金を公開
  • 語学学校行かないでワーホリ初期費用20万円の裏側・実際のところ
  • 語学学校に2~4ヶ月通う時の初期費用
  • 語学学校に行かないメリット・デメリット
  • 語学学校に行かない人の特徴

についてお伝えします。

3ヶ国ワーホリの初期費用と手持ちのお金を公開

チファニ
私はオーストラリア・カナダ・ニュージーランドの3ヵ国ワーホリをしたのですが、初期費用とワーホリ費用総額の内訳は以下の通りです。
初めてのワーホリ:オーストラリア(費用約100万~130万円)
  • ワーホリ前に支払った初期費用:約1,002,180円
  • 現地で使った金額:約224,547円
  • ワーホリ費用の総額:約1,226,727円

手持ちのお金:約50万円(トラベラーズチェックで持って行き銀行口座へ入金)
ワーホリ予算総額:約300万円

※オーストラリアでは語学学校に4ヶ月通いました。

2回目のワーホリ:カナダ(費用約60~80万円)
  • ワーホリ前に支払った初期費用:約616,970円
  • 現地で使った金額:約156,538円
  • ワーホリ費用の総額:約773,508円

手持ちのお金:約20万円(現地で両替→銀行に入金)
ワーホリ予算総額:約150万円

※カナダでは友達作りのため語学学校に2ヶ月通いました。

3回目のワーホリ:ニュージーランド(費用約20~30万円)
  • ワーホリ前に支払った初期費用:約212,695円
  • 働くまでに必要だった生活費:約115,020円
  • ワーホリ費用の総額:約327,715円

手持ちのお金:約10万円(現地で両替)
ワーホリ予算総額:約150万円

ワーホリの予算は、150万円ぐらいあれば心に余裕ができる印象です。

 

語学学校に行かないワーホリ初期費用20万円の裏側

語学学校に行かないなら、ワーホリ初期費用を約20万円前後に抑えることは不可能ではありませんが、内訳や裏側・実際はどうかをお話しします。

1.ワーホリ出発前に支払った初期費用

私がニュージーランド・ワーホリで初期費用を約212,695円にした時の内訳は、以下の通りです。

ワーホリ出発前に支払った初期費用
  • 片道航空券:77,542円
  • 海外保険1年分:$829.78=約67,308円($1=約81円)
  • Airbnb3週間の滞在費用:56,625円
  • ビザ申請にかかったレントゲン写真代:11,220円

合計:約212,695円

ニュージーランド・ワーホリは3回目だったので、

  • 留学エージェント:使わない
  • 語学学校:行かない
  • ホームステイ:なし(Airbnbにステイ)
  • 到着後:すぐ働く

というプランで、完全個人行動(自己手配)でした。

 

2.ワーホリで現地で使ったお金

仕事が見つかるまでに現地で使ったお金について、内訳を紹介します。

現地到着後に使ったお金
  • Airbnb3週間分の食費:$30/週×3=$90
  • 携帯電話:$10/月×2ヶ月=$20(Vodafone利用)
  • 交通費:約$120
  • シェアハウスのデポジット:$440
  • シェアハウスの3週間分の家賃:$660
  • シェアハウスでの3週間分の食事:$30/週×3=$90

合計:$1,420=約115,020円($1=約81円)

チファニ
私が仕事を見つけて働き始めたのは、ニュージーランドに到着してから約5~6週間後のことなので、それまでは手持ちのお金を切り崩すことになりました。

日本の銀行口座からお金を引き出すときは、その日の為替レートにより取引額が変わります。

私の場合、当時のレート($1=約81円)で計算していますが、円安のときにワーホリに行くと費用が高くなると心得ておきましょう。

 

3.語学学校に行かない時の最低限のワーホリ費用

語学学校に行かないなら、ワーホリの初期費用は約212,695円

仕事を見つけ最初のお給料をもらえるまでに切り崩した手持ちのお金約115,020円を合わせると、最低限用意しなければいけない金額は約327,715円となります。

 

4.【結論】ワーホリ初期費用20万円は初めての人は現実的ではない

ワーホリ初期費用を20万円にすることは、初めてワーホリに行く人にとっては現実的ではないと感じます。

  • 英語ができないなら情報収集に時間がかかる
  • 仕事がなかなか見つからない
  • 仕事が見つかっても時給(給料)が安い
  • シフトがもらえなくて稼げない
  • やっと見つけた仕事が突然なくなる
  • やっと見つけた仕事でもブラックなら続かない

私は運よく、渡航後5~6週間でフルタイムの仕事が見つかりましたが、海外で日本人ができる仕事は勤務時間4~5時間のパートタイムの仕事の方が多いため、できるだけ貯金をして渡航する方が安心です。

また、初めてのワーホリでは、語学学校に数ヶ月通う方が友達もできて楽しいですし、語学学校に通うことも「経験」になります。

チファニ
そこで、私がオーストラリアで4ヶ月・カナダで2ヶ月語学学校に通った時の費用も併せて紹介しますね!

 

【語学学校4ヶ月】オーストラリアワーホリの初期費用と手持ちのお金

オーストラリアにワーキングホリデービザで渡航する場合、17週間(約4ヶ月)の就学が認められています。

以下は、私が初めてのワーホリ・オーストラリアで4ヶ月(17週間)語学学校に通った時の初期費用です。

 

1.ワーホリ出発前に支払った初期費用

ワーホリの準備段階で申し込んだ「語学学校+ホームステイ」や渡航費用の内訳と総額を紹介します。

ワーホリ出発前に支払った初期費用

語学学校17週間(4ヶ月)

  • 授業料:$370×17週=$6,290
  • 教材費:週$5×17週=$85
  • 入学金:無料

ホームステイ(4週間)

  • 滞在費:$265×4週間=$1,060
  • 手配料:52,500円

その他

  • ビザ申請費用:$235(当時の金額)
  • 海外送金手数料:$20
  • 片道航空券:70,470円(成田-シドニー:荷物40kg含む)
  • 海外保険1年分:194,800円(日本の海外旅行保険利用)

初期費用の合計:約1,002,180円

※当時のレート$1=約89円で計算しています。

語学学校に4ヶ月申し込む場合、約100万円前後が日本出発前に支払うワーホリ初期費用の目安となります。

 

2.ワーホリで現地で使ったお金(手持ちのお金)

次に、ワーホリで現地到着後に使ったお金です。

ワーホリで現地到着後に使ったお金
  • ホームステイ期間中の交通費:$208(4週間)
  • シェアハウスデポジット:$260(2週間分)
  • シェアハウス:$130/週×13週間=$1,690
  • シェアハウスでの食費:$25/週×13週=$325
  • 携帯電話:約$10/週×4ヶ月=約$40

合計:$2,523=約224,547円($1=約89円)

チファニ
この出費は、手持ちのお金:約50万円の中から飛んでいきました。

 

3.【結論】語学学校4ヶ月のワーホリなら初期費用130万円が目安

出発前に支払った費用の合計約1,002,180円と、現地での生活費約224,547円を合わせると、合計金額は約1,226,727円

ワーホリ初心者が語学学校に4ヶ月通い、仕事ができる状態になるまでには約130万円は見積もった方がいいと思います。

 

【語学学校2ヶ月】カナダワーホリの初期費用と手持ちのお金

ここでは、友達作りのために語学学校に2ヶ月通った時の費用の内訳と手持ちのお金についてお話しします。

1.ワーホリ出発前に支払った初期費用

ワーホリ準備の段階で申し込んだ「語学学校+ホームステイ」や渡航費用の内訳と総額です。

ワーホリ出発前に支払った初期費用

語学学校(2ヶ月)

  • 入学金:$125
  • 授業料:$300×8週間=$2400

ホームステイ

  • 手配料:$200
  • 滞在費:$220×3週間=$660
  • 空港送迎:$100

その他

  • ビザ申請料:$250
  • 片道航空券:約7万円(羽田-バンクーバー:ANA利用)
  • 海外保険1年分:$970(Bridges利用)

初期費用の合計:約616,970円

※当時のレート$1=83円で計算しています。

語学学校に2カ月通う場合、約60万円前後のワーホリ初期費用が必要になります。

 

2.ワーホリで現地で使ったお金(手持ちのお金)

次に、ワーホリで現地到着後に使った金額をお伝えします。

ワーホリで現地到着後に使ったお金
  • 交通費:$126/月(ゾーン2)×2ヶ月=$252
  • シェアハウス:$600/月×2ヶ月=$1,200(先払いのため多めに見積もってます)
  • シェアハウスのデポジット:$200
  • シェアハウスでの食費:$30/週×5週間=$150
  • 携帯電話:$42/月×2ヶ月=$84(Bell利用)

合計:$1,886=約156,538($1=83円で計算)

チファニ
この出費は、手持ちのお金:約20万円の中から飛んでいきました。

 

3.語学学校2ヶ月のワーホリなら初期費用約80万円が目安

出発前に支払った初期費用の合計約616,970円と、語学学校卒業までに使った費用約156,538円を合わせると、合計金額は約773,508円

語学学校に2ヶ月通うなら、ワーホリ費用約80万円が目安となります。

 

ワーホリで語学学校に行かないメリット・デメリット

ここでは、ワーホリで語学学校に行かない選択をするときのメリット・デメリットを紹介します。

語学学校に行かないメリット

語学学校に行かないメリット
  1. 初期費用や学費を抑えることができる
  2. お金を無駄にする可能性が低くなる
  3. 働く(お金を稼ぐ)時間が増える
  4. 自由に使う時間が増える

1.初期費用や学費を抑えることができる

語学学校の学費は、ワーホリ費用の半分以上を占めます。

単純に考えると、語学学校に行かないだけで初期費用や学費を抑えることができるという結論に至りますね。

浮いたお金は帰国前の旅行に回したり、使わずに日本に持ち帰ることができる点はメリットです。

 

2.お金を無駄にする可能性が低くなる

語学学校に通うと、

  • クラスが合わない
  • 英語力が低くてクラスに日本人が多い

といった可能性があります。

もちろん、コース変更やレベルの変更は自己申告で可能!

ですが不満があると、高いお金を支払ってるのに無駄にしたと感じることもあります。

語学学校は、学校のカラー・雰囲気・クラスメイト・先生次第で良くも悪くもなるもの。

留学エージェントでも各学校の最新情報を把握していないこともありますし、個人手配(自己手配)になると何を基準に選べばいいかすらわからなくなります。

語学学校に通わない選択をすることで、お金を無駄にする可能性は100%なくなると言えるでしょう。

 

3.働く(お金を稼ぐ)時間が増える

ワーホリの最大のメリットは、海外で働くことができる点です。

旅行なら観光ビザ、勉強なら学生ビザでもできますが、若者が海外転勤以外に海外の現地法人で働くチャンスを得られる方法としては「ワーホリビザ」が一番知られているでしょう。

そのため、語学学校に通わないなら、働く時間を最大限に増やせるメリットが得られます。

就労ビザにつなげたり、現地法人でフルタイムの仕事を得てちゃんとした職歴にするならば、ビザの残存期間が採用・不採用の分かれ目になることだってあるのです。

 

4.自由に使う時間が増える

フルタイムで語学学校に通う場合、週に20~25時間が一般的です。

パートタイムの場合でも、10~20時間は拘束されます。

朝の9時から授業が始まり、終了するのは15時ごろ。

平日5日間、語学学校以外のに当てることができれば、自由な時間が増えます。

ワーホリでとことんやりたいことがある人なら、語学学校に通う時間がもったいないと考えてもおかしくないでしょう。

 

語学学校に行かないデメリット

語学学校に行かないデメリット
  1. 様々な国籍の友達作りが難しい
  2. 多様なアクセントに触れる機会が減る
  3. 情報が得にくい
  4. 履歴書の添削を気軽に頼めない
  5. 英語ができないならローカルジョブを見つけにくい

1.様々な国の友達作りが難しい

ワーホリでローカルジョブを見つけることができれば、様々な国の人と知り合うことができます。

それでも、語学学校の国籍の多様さには敵いません。

語学学校には、アジア・ヨーロッパ・南米諸国から様々な国籍の人が何百人も集まります。

「ローカルジョブ」の人間関係、「シェアハウス」の住人、「旅」でできた交友関係を以てしても、語学学校並のバラエティに富んだ多国籍環境を整えることは難しいです。

語学学校は「勉強する場」という位置づけだけでなく、「友達を作りにくる場所」という意味でも一役買っています。

チファニ
私も実際2回目のワーキングホリデーで友達作りのために語学学校に通ったぐらいですからね。

 

2.様々な国のアクセントに触れる機会が減る

英会話で難しいことの一つは、様々な訛りやアクセントで話す人達を相手にすることです。

海外でも日本でも、グローバルな環境で働くと、強い訛りや独特なアクセントの英語を聞く機会がよくあります。

アジア圏の英語話者は特に訛りが強く、日本人の私たちも他国の人からしたら「日本語訛り」の英語です。

語学学校に行き、強い訛りやアクセントに慣れると現地の仕事でも生きてきますが、語学学校に行かないと慣れるスピードは遅くなるかもしれません。

 

3.多方面からの情報が得にくい

語学学校のコミュニティ内では、

  • シェアハウスの空き情報
  • クラスメイトの仕事場の空き情報

が飛び交い、代わりの人を募集しているケースをよく見ます。

運が良ければ紹介してもらえる可能性もありますし、仕事が見つからなくてピンチの時に友人から声をかけてもらえる関係性は心強いものでしょう。

語学学校に通うと毎日人に会うため交友関係も広がっていきますが、語学学校に行かないことで人脈の幅は狭くなる。

そして、多方面からの情報が得にくくなるのです。

 

4.履歴書の添削を気軽に頼めない

海外での就職活動用の英文履歴書は、日本のものとは異なります。

英文履歴書を作っても、スペルミスや表現のミスがあると書類審査で落とされるため、ネイティブチェックは必要不可欠!

語学学校に通うと履歴書の添削を先生にお願いすることができますが、行かない場合は気軽に履歴書添削を頼めるネイティブの数が少なくなるのです。

 

5.英語ができないならローカルジョブを見つけにくい

英語ができない場合、働く場所が限られます。

もちろん、運よく仕事が見かる人もいるので「英語ができなくても仕事が見つかる」はウソではありません。

仕事の幅は英語力次第なので、海外に到着したばかりで英語に慣れていない段階ではローカルジョブを見つけにくい点はデメリットと言えるでしょう。

チファニ
私は現地の語学学校で働きたかったので、「英語力向上+英語の資格」を目指してケンブリッジコースに通い、FCEを取りました。英語力を証明できる資格があると、チャンスが増えます。

 

ワーホリで語学学校に行ってよかったこと・後悔したこと

私はオーストラリア(1回目のワーホリ)とカナダ(2回目のワーホリ)で語学学校に行きましたが、結論から言うと、初めてのワーホリで語学学校に行ったことは大正解、2回目のワーホリで語学学校に行ったことは半分無駄だったと感じました。

そこで、語学学校に行ってよかったこと・後悔したこと・無駄だと思ったことをお伝えします。

語学学校に行ってよかったこと

語学学校に行ってよかったこと
  1. 様々な国の友達ができた
  2. ケンブリッジ検定に合格した
  3. ビジネスコースで世界が広がった
  4. 【結論】試験対策・興味があることなら価値がある

1.様々な国の友達ができた

語学学校に行くことの一番の価値は、様々な国の友達ができることに尽きます。

語学学校で関わる人はクラスメイトだけでなく、アクティビティやイベントで交流することも可能です。

チファニ
私はオーストラリアワーホリで語学学校に4ヶ月通っただけで、Facebook の友達が150人増えました。

 

2.ケンブリッジ検定に合格した

語学学校のコースは、一般英語コースだけではありません。

  • IELTSコース
  • 大学進学準備コース
  • ケンブリッジ大学検定準備コース

といった、資格やスコアの取得を目的としているコースもあります。

一般英語コースに通う生徒はやる気の程度にも差がありますが、本気で英語の資格やスコアを目指している者同士が集まると、良いクラスになる可能性が高いです。

チファニ
苦しい猛勉強の期間を一緒に乗り越えて、結びつきがより深くなることもありますよ!

 

3.ビジネスコースで世界が広がった

私が入ったビジネスコースでは、「営業・広報・研究開発・ファイナンシャル」の部門ごとに役を決めて、「今にも倒産しそうな会社の立て直しのミーティング」というお題でディベートをしたことがありました。

そこで学んだことは、

  • 海外の人たちの取捨選択の早さと潔さ
  • 本質を見極める力
  • 多方面から物事を見る目
  • 根拠や実績・経験に基づいて主張する力

が全然違うということです。

もちろん後から「メンバーが変わったら意見が飛び交わなくなった」と聞いたので、クラスメイトに恵まれて運が良かっただけかもしれません。

それでも、語学学校の授業・先生・クラスメイトとの出会いがもたらしたものです。

 

【結論】試験対策・興味があることなら価値がある

語学学校は、試験対策や興味があることの基礎知識を付けるなら価値があると思います。

もちろん、どのコースを取ったとしても、一番大事なのは楽しむことです。

 

語学学校に行って後悔したこと・無駄だったこと

語学学校に行って後悔したこと・無駄だったこと
  1. 2ヶ国目で友達作りの語学学校はいらない
  2. 学校選びやコース選びに失敗した
  3. 通う時期をもっとずらせばよかった
  4. 【結論】クラスメイトや国籍比率次第

1.2ヶ国目で友達作りの語学学校はいらない

私は友達作りのために2ヶ国目で語学学校に通いましたが、正直、75%は「いらなかった」と感じました。

理由は簡単で、仕事で出会った人たちの方が仲良くなれたからです。

もちろん、今でも仲の良い友達と語学学校で出会えたことは宝なので、「行ってよかった」が残りの25%になります。

 

2.学校選びやコース選びに失敗した

英語学習をする上で、学校選びやコース選びは重要です。

例えば、

  • 語学学校のレベル分けが少なくてしっくりこない
  • 友達が欲しいけど一般英語コースでは物足りない
  • 気楽に行きたいのに案外アカデミックでつまらない

といった学校やコースの選び方を失敗することで、「自分には合わない」と感じることが多々あります。

チファニ
私の場合、語学学校に見学に行ったら「多分あなたには語学学校は必要ない」と言われたこともあったので、「語学学校に行く」という選択自体が違うこともあるのです。

 

3.通う時期をずらせばよかった

語学学校には、必然的に日本人が多くなる時期があります。

  • 3月~4月の日本の春休み期間
  • 7月~8月の日本の夏休み期間

が代表的ですが、もう一つ、日本の大学が休みの9月下旬まで日本人比率が高いケースがあるのです。

チファニ
私は9月に語学学校をスタートさせたとき、上級クラスなのに日本人の大学生ばっかりなケースに当たったことがありました。

語学学校は、日本の大学の短期留学プログラムで、25〜50人の大学生を一気に受け入れることが可能。

日本人は下のクラスに多いとよく聞きますが、外語大生なら中上級〜上級クラスに入ることもよくあるので、時期によっては全レベルの日本人比率が高いことがあるのです。

 

【結論】クラスメイトや国籍比率次第

語学学校選びで後悔しないためには、コース選びや時期を選ぶことも大事ですが、結局のところ、クラスメイトや国籍比率次第です。

日本人の友達も大事ですが、日本人だけでは不満になって当たり前。

何事もバランスが大事です。

 

ワーホリで語学学校に行かない人の特徴

ワーホリで語学学校に行かない人は、以下のような特徴があります。

ワーホリで語学学校に行かない人の特徴
  1. 海外2ヶ国目・ワーホリ2回目
  2. 外国語大学を卒業している
  3. 海外旅行慣れをしている
  4. ある程度の英語力が身に付いている
  5. 自力で情報収集や生活のセットアップができる
  6. アルバイトの探し方や就職活動のやり方を知っている

1.海外2ヶ国目・ワーホリ2回目

  • 海外の大学を卒業している
  • 他の国で語学留学を経験した
  • ワーホリ2回目

もうすでに他国での海外経験があるのなら、語学学校の必要性は低いでしょう。

ですが実際のところ、海外の大学を卒業していても、

  • ブランクがあるため英会話に慣れたい
  • 友達作りのため

といった理由で、語学学校に数週間通う人もいます。

 

2.外国語大学を卒業している

日本の外国語大学には、

  • 短期留学プログラム
  • 1年間の交換留学で長期滞在
  • 海外インターンシッププログラム
  • 休学して海外に語学留学

といった機会を得る環境があります。

1ヶ国だけでなく、数ヶ国の海外経験をしている人も稀ではありません。

学生時代に言語を学習した人は、ワーホリで語学学校に通う必要はないのです。

 

3.海外旅行慣れしている

LCCと言われる航空会社の普及により、今では格安の飛行機チケットで気軽に海外に行ける環境が整いました。

チファニ
20代なのに、海外50ヶ国に行ったことがある人にも時々会います。

中には、同じ国に何度も訪れていて、どうせならワーホリを利用して海外生活も経験したいと考える人も!

海外旅行慣れをしていたりワーホリで滞在する国に何度も行っているなら、語学学校に通わなくても楽しめるでしょう。

 

4.ある程度の英語力が身に付いている

  • 海外大学を出ていない
  • 日本では普通の大学に行った
  • 海外留学・ワーホリ未経験

過去に語学を学んだり海外経験がなくても、自力で英語力を身に付けてワーホリに参加する人は、語学学校に行かなくても特に問題はありません。

チファニ
実際私の知人は、社会人になって自力で英語を身につけてワーホリに行き、現地のホテルでフロントデスクの仕事をしていました。

 

5.自力で情報収集や生活のセットアップができる

ワーホリで語学学校に行かないとき、海外生活のセットアップについて話せる人がいないため、自力で行う必要があります。

自力で情報収集が必要になる項目
  • 銀行口座の開設方法
  • 携帯電話の契約の仕方
  • タックスファイルナンバーの取得方法
  • 公共交通機関のICカードの取得方法
  • 電車やバスの乗り方
  • シェアハウスの探し方

実際のところ、こういった情報はインターネットで検索すれば見つけることができるので、カギとなるのは情報収集力です。

 

6.アルバイトの探し方や海外就職活動のやり方を知っている

海外での一年間の生活費は、単純に考えると120~150万円かかります(海外旅行保険料・航空チケット代・ビザ代は別です)。

そのため、200万円~300万円の貯金がなければ、1年間何もせずに暮らすことは難しい。

貯金がないなら現地でアルバイトやフルタイムの仕事を見つけて生活費を稼ぐ必要がありますが、やり方さえ知っていれば、語学学校に通って情報収集をしたりアドバイスを求める必要はありません。

【英文履歴書】海外就活で面接に繋げるレジュメ/CVの書き方

2019-12-22

【ワーキングホリデーの仕事の見つけ方】アルバイトや職探しで履歴書を配るコツ

2018-11-22

 

日本で英語力を上げれば語学学校に行かない選択ができる

ワーホリで語学学校に行くか?行かないか?の分かれ目は、英語力があるか?ないか?によります。

英語力がゼロで語学学校に行かない選択をする日本人は少ないかもしれませんが、英語力があれば、行ってもいいし行かなくてもいい!

今の時代、日本でも英語力を上げる環境は作れるので、あとは渡航までにどれだけ伸ばせるか?がカギとなるのです。