当たりを引いたら超ラッキー!ホームステイを個人契約にする方法

English Bay
チファニー
こんにちは、チファニーです!

ホームステイで、運よく相性のいいホストファミリーに当たると、滞在の延長を個人契約でOKしてくれるところがあります。
※私の2つ目のホームステイ先が個人契約OKなところでした。

ホストファミリーが優しく、英語環境のホームステイ先なら、手放すのは惜しいと思うのは自然なことで、シェアハウスに移らずにそのまま個人契約に切り替える猛者も存在するのです。

でも実際、どのように個人契約に切り替えればいいの?

ということで今回は、ホームステイを個人契約に切り替える方法をお話ししようと思います。

※ここでお話しするケースは、語学学校提携のホームステイ先を個人契約にする方法です。

ホストファミリーが個人契約を受け入れてくれる4つの理由

ホストファミリーが、相性のいい留学生と個人契約を結んでくれるのには、4つの理由があります。

1.引かれる仲介料がなくなる

ホームステイファミリーと留学生の間には、語学学校が仲介で入っています。

留学生は、ホームステイ滞在費を語学学校に支払うのですが、語学学校はそこから数十ドルの仲介料を引き、残りの金額がホームステイ先に支払われています。

この仲介料は、語学学校によって金額が変わりますが、留学生と個人契約にすれば「仲介料」を引かれることはありません

つまり、ホストファミリーにとっては、語学学校を通す時よりも少し高めのホームステイ料金を設定でき、留学生にとっては、少し安めの滞在費用でホームステイができるので、両者にとってウィンウィンなのです。

 

2.仲介業者とのやり取りが少なくなる

ホームステイの滞在終了予定の生徒がいたら、生徒に「延長どうしますか~?ホームステイ先出ますか~?」と確認をするのですが、生徒に延長の意志がなければ、次の生徒をホストファミリーに送る手配に移ります。

特に人気のファミリーとなると、生徒の受け入れの依頼が多いのですが、この「次の生徒受け入れてくれませんか?」というやり取りは少ないに越したことはありません。

すでに滞在している留学生が個人契約に切り替われば、部屋も埋めることができますし、留学生が滞在している期間中は次の留学生を探す必要がなくなります。

相性のいい留学生と個人契約を結ぶことは、「やり取りを減らす」という点において、少し楽になるのです。

 

3.新しい生徒との相性面の心配

留学生がホームステイをする時、「いいホストファミリーに当たりますように…」と願うように、ホストファミリーもまた新しくやってくる留学生との相性の心配をします。

留学生にとっては1回きりのホームステイとなりますが、ホストファミリーは毎回新しい留学生に慣れないといけないという精神的な負担もあるようです。

さらに、受け入れる生徒は毎回日本人という訳ではなく、南米人・ヨーロッパ人と様々。

相性がいい留学生が入ってきたら、長く滞在してもらえるとありがたい、と思うのは自然なことなのです。

 

4.受け入れ準備の煩わしさからの解放

それまで滞在していた留学生が退去し、新しい留学生の入居が決まると、部屋の掃除や布団・リネンの洗濯という手間が発生します

ホストファミリーも平日はフルタイムで働いていますし、子供がいる家庭はさらに忙しくなる…。

そういった理由から、受け入れ準備を整えなければいけない状況はできるだけ減らしたい、と思うのは自然なことのようです。

チファニー
この4つの理由から、相性のいい留学生が「個人契約にしたい!」と申し出た場合、OKしてくれるホストファミリーも存在するのです。

 

ホームステイを個人契約に切り替え可能な3つのケース

ホームステイを個人契約に切り替えることがOKなのは、主に以下のような3つのケースの時です。

1.ホストファミリー側から申し出がある

ホストファミリーから「個人契約にしてもいいわよ」とオファーがあった場合は、切り替えのチャンスです!

さらに、以下のようなメリットがあります。

  • 個人契約にするか、シェアハウスに引っ越すかの返事は期限ギリギリまで待ってもらえる
  • 他の生徒の受け入れ依頼があった場合、回答を保留してくれる

留学生のホームステイ滞在期間が終われば、大抵はシェアハウスに移るケースが多いのですが、「ピン!」ときた家がなければ、そのままホームステイを個人契約に切り替えて、いいシェアハウスに空室が出るまで待つという選択肢ができますね!

 

2.留学生からの申し出る(交渉する)

留学生から個人契約への切り替えを申し出る場合、交渉しなければいけなくなります。

相性がいいホームステイなら、それまでの滞在中にたくさん会話をする機会があると思いますが、「個人契約にしたいな~」と思ったら、以下の内容をサラッと聞いてみましょう。

  • なぜホームステイで留学生を受け入れているのか?
  • 1年間常に留学生を受け入れているのか?
  • 一人の留学生が退去したら、家族だけの期間を設けたいホストファミリーなのか?

個人契約がOKだった私のホームステイ先の例を挙げると、常に留学生が2~3人滞在している家庭で、ホストファミリーとしても「部屋が空いているなら留学生を受け入れて空き部屋を埋めたい」という希望がありました。

留学生を受け入れている理由も、「最初は生活費の補填としてビジネスで始めたけれど、次第に楽しくなってきたので、暮らしに余裕ができた現在でも続けている」というポジティブなものでしたので、交渉の余地があります。

ホストファミリーの留学生受け入れ状況や、受け入れポリシーを事前に調査したら、「私(僕)、ここに残りたいんだけど、個人契約にすることはできますか?」と聞いてみましょう!

 

3.はずれのホームステイ先に滞在している友人をホストファミリーに紹介する

もしも、留学仲間の友人が、ハズレのホームステイ先に当たってしまい、あなたがホームステイ先を退去するならば、友人をホームステイ先に紹介するという方法もあります。

「私の友人のホームステイ先があまりよくないらしく、滞在先を変更したいみたいなのよね。もし問題なければ、私が出た後、空き部屋に入れてもらうことはできる?」と聞けばOK!

留学生からの評判がいいホストファミリーなら、苦情やトラブルが原因での変更依頼があった時によく受け入れ要請が来るので、案外慣れているものです。

チファニー
ホームステイ先ではずれてしまった場合でも、いいホームステイ先に滞在している仲間がいたら、そこに変更できるようお願いしてみることもアリだと思いますよ!

 

ホームステイを個人契約にする際の注意点

それではここで、個人契約にする際の注意点をお話しします。

1.ホストファミリーへの配慮を忘れずに!

語学学校提携のホストファミリーは、2つのタイプに分けられます。

  1. 複数の語学学校にホームステイファミリー登録している
  2. そもそも1つの語学学校のみに登録、または、複数登録しているが1つの語学学校の生徒しか受け入れていない

どちらにしても、語学学校に知られてしまっては、ホストファミリーに迷惑がかかってしまいます

語学学校在籍中に個人契約を結ぶことができたとしても、ホストファミリーは語学学校を通して生徒を受け入れているという立場がありますので、配慮は忘れずに。

語学学校から「ホームステイ延長しますか~?」と確認の連絡が来ても、「シェアハウスに移ります」と伝えましょう。
※ホストファミリーから個人契約への切り替えオファーがあった場合でも、自分から申し出た場合でも同じです。

ちなみに、ホームステイ先を出た後の住所を語学学校に伝える必要はありません。

 

2.友人を紹介する場合は仲介役となりましょう!

先ほどもお話しした通り、ホストファミリーが個人契約をOKしてくれる理由の一つに「語学学校とのやり取りや手間を省きたい」という点があります。

ホームステイ先を友人に紹介する時は、仲介役となり以下の段取りをしましょう!

  • 友人とファミリーを合わせるセッティング
  • 事前の部屋の見学と家の中の説明
  • 入居当日の引っ越しの手伝い
  • 鍵の受け渡し

 

3.個人契約にする際の確認事項

ホームステイ先を個人契約に切り替える時は、以下の内容を確認します。

確認事項
  • 入居日はいつか
  • 今後何ヶ月滞在を予定しているか?
  • 料金の支払いは2週間単位か、1ヶ月契約か?
  • 食事付き($750/月)か、食事なし($600/月)か?
  • 退去日の通知は何週間前までか?
  • 食べられないもの、アレルギーはあるか?

「交渉」と聞くと、ハードルが高いように感じますし、高度な英語力が求められるようにも感じますが、これまで滞在させてくれたホストファミリーですので、カレンダーを見ながら日にちを取り決めてくれたり、ゆっくり話してくれます。

思ったほど難しくはないので大丈夫です!

 

語学学校のホームステイ契約と個人契約の比較

それではここで、語学学校を通したホームステイ契約と、個人契約の比較をしていきましょう。

1.料金比較

ホームステイを個人契約にした場合、語学学校を通してのホームステイ契約よりも、滞在費用を節約することができます。

以下は、私のカナダでのホームステイ先での料金例を、表にしたものです。

ホームステイ 個人契約
食事付き/週 220ドル 187ドル
食事付き/一括払い 4週間で880ドル 1ヶ月で750ドル
食事なし 選択できない 600ドル/月

「食事付き/週」の料金を見ると、個人契約の方が週に33ドルの節約ができます。

さらに、語学学校を通してのホームステイの契約は、基本的には週単位で料金が設定されているのに対し、個人契約にすると1ヶ月契約となります。

しかも、4週間(28日)で880ドルなのに対し、一ヶ月(30日か31日分)で750ドルなので、130ドルの節約ができるは超お得ですよね!

基本的にカナダのテナント契約・賃貸契約は、週単位ではなく月単位となるため、それがホームステイの個人契約にも適用になるのです。 

 

2.メリットの比較

ホームステイは、大抵の場合料金に食事代が含まれているのですが、個人契約になると「食事付き」か「食事なし」を選べます。

海外の家庭の食事は、サラダや野菜料理が少なく、栄養のバランスが極端に偏っていることもよくあるのですが、個人契約に切り替えてからは、無理にホストファミリーの食事に合わせる必要はありません。

家賃だけ支払い食事は自炊という選択ができるのは、なかなか大きなメリットです!

 

【最後に】ホームステイ先を退去するなら誰かに伝えてみて欲しい

これは私の勝手な願いですが、これからホームステイをすることになり、運よく当たりを引くことができたら、ハズレのホームステイを引いてしまった友人など、辛い状況にいる人に「うち、空くよ」と伝えてみて欲しいです!

同じ学校に通っている友人なら、個人契約にしなくても、ホームステイ担当者にリクエストすればアレンジしてくれます。

海外生活では、「口コミ」や「友人の紹介」ほど心強いものはありません。

私は語学学校の日本人カウンセラーをしていたことがありますが、生徒からの相談のダントツ1位はホームステイの不満や苦情です。

もし、いいホームステイ先に当たり、シェアハウスに引っ越すことになったら、周りのハズレを引いてしまった友人に「うち、空くけどどう?」と声かけしてみて欲しいな~と思います。

チファニー
私の2ヵ国でのホームステイ経験と、語学学校でのホームステイ裏情報をまとめた記事も用意していますので、合わせて読んでみてください。

ブッチャートガーデン

元語学学校勤務で学んだ海外ホームステイの失敗を防ぐ9ステップ【ホームステイマニュアル】

2018-12-27