【温泉地でリゾートバイト体験談】旅館フロントは「おもてなし好き」におすすめな理由

旅館フロントのお仕事
※当サイトには広告が含まれています。

リゾートバイトには、お客様に接する仕事からコミュニケーションが少ない裏方の仕事まで、幅広い求人の取り扱いがあります。

温泉地のリゾートバイトで「おもてなし」の仕事に興味があるなら、「仲居」の仕事が選択肢として多いですが、仲居の仕事は「きつい」と言われることもあり、二の足を踏んでしまいそうになることもあるでしょう。

そんな時におすすめなのが、「旅館フロント」のお仕事です。

チファニ
私は外資系大型ホテルのフロントと、小規模な温泉旅館のフロントの両方を経験しましたが、お客様をもてなすことやお客様とのコミュニケーションが好きなら、ホテルフロントよりも旅館フロントの方が合うと思いました。

そこでこのページでは、リゾートバイトの「旅館フロント」の仕事内容や体験談を紹介したいと思います。

まずは登録をおすすめするリゾートバイトの派遣会社一覧

\業界最大手!登録実績52万人&案件数No.1/

公式サイトはこちら>>リゾバ.com公式ホームページ

旅館フロントの仕事内容

温泉旅館のフロントの仕事内容には、以下のようなものがあります。

仕事内容
  1. チェックイン/アウト
  2. お着き(お部屋までのご案内や館内案内)
  3. お茶出し、お茶菓子の準備提供
  4. 観光案内
  5. 荷物運び
  6. 宿泊予約管理
  7. お会計
  8. 郵送の手配

それぞれの業務を詳しく説明していきます。

 

1.チェックイン

お客様の滞在を最大限満喫していただくよう、旅館フロントのチェックインでは、細かな確認事項があります。

確認事項
  • アレルギーの有無
  • 食べられないもの、苦手なものの有無
  • その他のリクエスト

食べもののリクエストは予約時に確認しますが、ここで追加のリクエストがあった場合、調理場に早急に引き継がれます。

また、以下のリクエストがあった際は、裏方へ引き継ぎです。

チェックイン時リクエスト例
  • まくらの個数や高さ・やわらかさ
  • 布団の敷き方(2枚重ねなど)
  • 追加のブランケット

小規模な隠れ家旅館は、リピーターが命。私がこれまで働いた職場の中で、お客様へのおもてなしは最高レベルです!

そして、お着きになったお客様には、ウェルカムドリンクがサービスされます。

 

2.お着き(お部屋までのご案内や館内案内)

お部屋までの案内業務は、旅館によっては仲居が担当することがありますが、私が働いていた旅館ではフロントのお仕事でした。

ウェルカムドリンクが終わりそうな頃を見計らい、フロントスタッフがお客様をお迎えに行き、その後お部屋までご案内。

この案内のことを、旅館では「お着き」と呼びます。

お着きのご案内では、

  • 今いるフロアの説明
  • 大浴場・非常口・その他施設の場所のご案内
  • お部屋までの行き方の説明

を歩きながら行います。

お部屋に着いてからは、

  • お風呂のお湯の温度
  • 浴衣の場所
  • 電話やリモコンの場所
  • 冷蔵庫のドリンクが有料の旨

をお伝えし、不明な点がなければ、お茶出しの準備に入ります。

 

3.お茶出し、お茶菓子の準備提供

お着きの際に提供するお茶菓子は、チェックイン開始時間前に、各フロアのパントリーに客数分を準備。

お部屋案内が一通り終わった後、お茶出しのサービスをします。

チファニ
私は旅館フロント業務で、重鎮の仲居さんから本格的なお茶の煎れ方を教えてもらい、手順ひとつで味が変わることを初めて知り感動しました。最初はお茶の煎れ方がひどかった私ですが、今では古い茶葉でもそれなりの緑茶を煎れることができます。

 

4.観光案内

フロントスタッフは、お客様から周辺の観光地や見どころについて質問を受けます。

その際、バス・電車・ケーブルカー・フェリーなどの時刻表と併せて、おすすめの観光地とルートを提案すると喜ばれますが、旅館への着任直後に自分で観光地を回ったり、話題のカフェやレストランで実際に食べてくるなどリサーチが必要です。

チファニ
特に外国人の宿泊客が多い旅館では、英語を使って観光案内をすることもあるので、英語力向上に一役買います。

 

5.荷物運び

旅館にはベルスタッフがいないので、お客様の荷物運びはフロントスタッフか裏方のお仕事となります。

荷物が多くなければフロントスタッフがお着きのご案内時に一緒に運びますが、多い場合はスタッフの誰かが手が空いた際にお部屋まで運ぶといった流れです。

 

6.宿泊予約管理

旅館の規模によっては「予約課」がある場合もありますが、客室数が少ない隠れ家旅館では、フロントが宿泊予約の電話を受けます。

チファニ
私が働いていた旅館では、外線に出るのは常連さんのことや業務を熟知している就業歴の長い直雇用の社員さんがメインなので、リゾートバイトスタッフは電話対応をしなくていいこともあります。

常連さんの予約受付は、宿泊時(チェックアウト)の際に次の予約を入れたり、1回の予約で2~3回分の宿泊予約を入れてしまうなど、少し気を張ります。

小規模な旅館では、予約数自体は多くありませんが、部屋のリクエストや食事の要望・サプライズの有無などの詳細も予約時に確認するため、1回の予約電話にかかる通話時間は長くなる印象です。

 

7.お会計

宿泊中に利用した施設やサービス・ドリンクなどのお会計は、チェックアウトの際にまとめて行いますが、仲居がいる旅館では、お部屋会計できる場合もあります。

お客様が部屋会計を希望された場合は、担当の仲居が対応してくれるので、フロントスタッフは事務処理業務のみ。

ですが、お客様のご出発(チェックアウト)時のお会計は、以下の流れで行われます。

チェックアウト業務の流れ

お客様にラウンジのお席でお待ちいただく

ご利用明細と黒革のトレーをお席まで持って行く

現金またはクレジットカードをお預かり

フロントデスクのキャッシャーで処理

その間にお履き物を玄関に準備

領収書、お釣りまたはクレジットカードをお返しする

お見送り

 

8.郵送の手配

荷物が多いお客様は、ご出発前に郵送の手続きをすることがあります。

送り先は自宅だったり空港だったりと様々。

また、お土産を大量に購入された場合、旅館から親戚宅に直接送るお客様もいます。

海外からのお客様の場合、スーツケースを空港に送ったり、次のホテルに送る手続きもフロントデスクの仕事です。

チファニ
宿泊料金が高い旅館に来るお客様は、基本的に荷物を少なくして移動する傾向があるらしいですよ。

\業界最大手!登録実績52万人&案件数No.1/

公式サイトはこちら>>リゾバ.com公式ホームページ

 

旅館フロントのシフトと1日のスケジュール

旅館フロントの1日のスケジュールは、以下のような流れです。

スケジュール(例)

8:00~11:00
●チェックアウト・お会計・荷物の配送の手配

11:00~12:00
●玄関~フロント・廊下の掃除

12:00~12:30
●昼食を取りながらお客様リストの確認

12:30~14:00
●全客室の部屋チェック

14:00~17:00
●チェックイン(お着きで館内の案内・観光案内・お茶出しまでやります)

17:00~17:30
●中番・遅番シフトの人は夕食

18:00以降
●他部署のヘルプ
●DM作り、事務作業など

旅館でのフロント業務は、7:00 or 8:00~21:00(ナイトフロント除く)の場所が多いですが、シフトにより早番・遅番などがあります。

シフト例はこんな感じです。

旅館フロントのシフト例

 

リゾートバイトの旅館フロントのメリット

客室数が少ない隠れ家旅館のフロントの仕事には、以下のようなメリットがあります。

旅館のフロントのメリット
  1. 業務に忙殺されない
  2. お客様をおもてなしすることが楽しい
  3. 心穏やかに働ける
  4. 礼儀作法・接遇・所作・マナーが身に付く
  5. 接客経験を次の仕事に活かせる
  6. 仲居ほど重労働ではない

1.業務に忙殺されない

隠れ家旅館は客室数が少ないので、スタッフの数が足りていれば業務に忙殺されることはありません

と言うより、お客様は都会の喧騒を離れてのんびりしに来ているので、そこで働くスタッフが業務に忙殺されていると、気を遣わせてしまうことがあります。

お客様の前では忙しい雰囲気は一切出しません。

 

2.お客様をおもてなしすることが楽しい

旅館フロントはお客様と接する時間が長く、接客が好きな人にとってはやりがいのある仕事だと思います。

実際私も、旅館フロントとホテルフロントを経験しましたが、旅館フロントの方が楽しかったです。

おもてなしすることやコミュニケーションが好きならば向いているでしょう。

 

3.心穏やかに働ける

お客様のおもてなしに力を入れる旅館では、心穏やかに働けます。

先輩からの指導が厳しいときもありますが、業務に慣れてしまえば難しくはありません。

 

4.礼儀作法・接遇・所作・マナーが身に付く

それなりに値段が高い旅館では、礼儀作法・接遇・所作・マナーを身に付けることができます。

場所によっては厳しいと感じることもありますが、業務内でこれらを身に付けて損をすることはありません。

 

5.接客経験を次の仕事に活かせる

ホスピタリティの最高峰と言われるホテルや旅館で働いた経験は、次の仕事にも活かせます。

特に、接客経験から得られた対応力は、一般社会でも役に立つでしょう。

 

6.仲居ほど重労働ではない

旅館の仕事といえば、真っ先に思い浮かぶのが「仲居」ですが、冒頭でもお伝えした通り、仲居の仕事は「きつい」と言われています。

しかし、フロントの仕事はそこまで重労働ではありません。

シフトも通し勤務が多く、自分の時間や睡眠時間もしっかり確保できる点がメリットです。

チファニ
仲居の仕事については以下で紹介しているので、比較したい方は参考にしてみてください。

仲居の旅館住み込みの仕事がきつい理由13選!リゾートバイト派遣会社で穴場探しのメリット

2024-01-13

\業界最大手!登録実績52万人&案件数No.1/

公式サイトはこちら>>リゾバ.com公式ホームページ

 

リゾートバイトの旅館フロントのデメリット

続きまして、旅館フロントのデメリットをお伝えします。

デメリット
  1. ガッツリ稼ぐことはできない
  2. お心付け(チップ)はもらえない
  3. 時々仲居のヘルプに行かされる
  4. お着き・館内案内・観光案内を覚えるまでは大変
  5. 観光地や見どころを下見する必要がある

1.ガッツリ稼ぐことはできない

客室数の少ない旅館のフロントでは、業務自体も勤務時間内でまかなえるくらいの「ほどほど」な量です。

残業もほとんどないので、私が働いた旅館フロントではお金を稼ぐことはできませんでした。

また、特別なスキルや高い英語力もそこまで求められないので、時給も安めの印象です。

 

2.お心付け(チップ)がもらえない

旅館で「仲居」の仕事をすると、お心付けチップを貰えることがありますが、フロントスタッフはお部屋の担当ではないのでチップをもらうことはできません。

お付きの案内をする時にお客様から渡されることもありますが、それらは全てお部屋担当の仲居に報告する必要があります。
※お部屋の担当の仲居がお礼をしたり、チェックアウト時に「お返し」をするためです。

チファニ
しかし、優しい仲居さんは「お着き」を担当したフロントスタッフに何割か渡してくれることもあるので、日頃から良好な人間関係を築いておくといいと思います。

 

3.時々仲居のヘルプに行かされる(ことがある)

旅館で1番忙しい時間帯は、お客様のお食事の時間帯。

部屋をいくつか掛け持ちしているので、担当部屋数が多い仲居さんは一人で回らないときがあります。

旅館フロントは業務に忙殺されないというメリットがありますが、その反面、時々中居のヘルプに行かされることがあります。

チファニ
ですが、仲居のヘルプに行かされるのは、仲居頭やリーダーからお声がかかった人のみなので、仕事ぶりが認められたと思っていいでしょう。

 

4.お着き・館内案内・観光案内を覚えるまでは大変

旅館フロントの業務に「お着き」業務がある場合、

  • 館内案内を覚える
  • 周辺の観光案内を覚える
  • 公共交通機関を把握してお客様に伝えられるようにする

といった「案内業務」があるため、独り立ちするまでに少々時間がかかります。

チファニ
私は「英語」と「日本語」での案内を担当していたので、「日本語」だけのスタッフの2倍覚えることが多く、業務時間外にかなり練習しました。

 

5.観光地や見どころを下見する必要がある

観光地の旅館に来るお客様からは、「お姉さんのおすすめは何ですか?」と個人的な意見を求められる場合があります。

  • お姉さんが行った時はどうでしたか?
  • どのルートで行くのが一番楽ですか?
  • ○○が有名って聞いてるけど、食べる価値ありますか?

など、ちょっと踏み込んだ質問をされるので、着任してから早い段階で観光地や見どころを下見しなければ答えられません。

チファニ
でも私は「リゾートバイトで観光もしたい」と思っていたので、あまり苦ではありませんでした。旅行好き・観光好きなら乗り越えられると思います。

 

リゾートバイトの旅館フロントが向いている人・向いていない人

旅館フロントの仕事に向いている人・向いていない人の特徴を紹介します。

旅館フロントの仕事に向いている人

旅館フロントの仕事に向いている人
  • 接客・お客様対応・おもてなしが好きな人
  • お客様への気配り目配りができる人
  • 優雅な立ち振る舞いが求められる職場を好む人
  • 待っている間も誰かに見られている意識を持てる人

旅館フロントの仕事の特徴は、何と言っても「おもてなし」!

そのため、接客が好きだったりお客様対応が好きな人は、仕事を楽しむことができると思います。

また、くつろいでいただくための空間では、

  • 忙しいところは絶対に見せない
  • 急いでいても走らない

といったことに注意する必要もあり、あえて「ゆったりとした所作」を求める勤務先もあるのです。

業務処理能力が求められたりテキパキしなければいけない職場よりも、優雅な立ち振る舞いが求められる職場を好む人は向いていると言えるでしょう。

 

旅館フロントの仕事に向いていない人

旅館フロントの仕事に向いていない人の特徴
  • 接客やお客様対応が苦手な人
  • お客様とのすれ違いざまに自分からお声がけや挨拶ができない人
  • バリバリ働いて稼ぎたい人
  • 少しゆっくりめの所作が苦手な人

旅館フロントに向いていない人の最大の特徴は、やはり「接客やお客様対応が苦手な人」です。

ゆっくりめの所作が苦手だったり、お客様にお声をかけて「おもてなし」することに興味がない人は、仕事自体を楽しめないかもしれません。

また、バリバリ働くことで喜びを感じる人にとっては、物足りなく感じることもあると思います。

 

【まとめ】リゾートバイトの旅館フロントは「おもてなし好き」におすすめ!

リゾートバイトの旅館フロントは、おもてなしが好きな人におすすめです!

フロントの仕事は、ホテルや旅館などの勤務先によっては多忙なこともありますが、

  • 接客の仕事がしたい
  • お客様をおもてなししたい

といった希望があるなら、小規模な旅館を狙うと穏やかに働けると思います。

まずは登録をおすすめするリゾートバイトの派遣会社一覧

\業界最大手!登録実績52万人&案件数No.1/

公式サイトはこちら>>リゾバ.com公式ホームページ