選り好みアラサーでも見つかる理想のシェアハウス!オークランドNZ編

デボンポート

Kia Ora!(マオリ語で「こんにちは」)

年齢を重ね、大人数のシェアハウスを避けているChifunnyです。

今日は、アラサー目線のシェアハウス探しについて語りたいと思います。

私は3ヵ国目のニュージーランドに来る前に、オーストラリアで25件、カナダで12件のシェアハウスを見学しました。

そのため、英語圏・人気都市の中心部 or 周辺エリアで、どの程度の家にいくらなら出すか?という基準が自分の中である程度決まってしまい、30歳手前で渡航したニュージーランドでは、その理想の条件ギリギリのシェアハウスを探し求めていました。

でも大丈夫!

そんな私でもオークランドのシェアハウスを見つけたんだから、私より理想が低ければ難易度は下がるはずです。

先に言っておきますが、2ヵ国経験していても、新しい国でのシェアハウス探しのスタートラインは、初めて海外に行く人と同じです。

ちょっとしたコツはあるかもしれませんが、スキルはいりません!

今回は、それを実現できたオークランド(NZ)でのシェアハウス探しについて、お伝えしようと思います。

 

20代前半とアラサーでは、求めるシェアハウスの基準が変わる

オーストラリアに住んでいた20代前半の頃、なぜアラサーの友人が高いお金を払って一人部屋に住むのか、正直理解できませんでした。

私の頭の中は“節約”の2文字でいっぱいだったんですね。

でも、アラサーになると、一人の時間と完全なるプライベートがめちゃくちゃ大事になります。

そして、仕事の後に同じ部屋のルームメイトと、キャピキャピ恋バナをする気力がなくなります。

夜は誰にも邪魔されずにゆっくり寝たいし、何も考えずにボーっとしたいし、逆にワイン飲みながらじーっくり考え事をしたい日もあります。

そんな時に、ルームメイトがパーティから同じ部屋に帰ってきて、「ただいま~」と声をかけられる生活、私にはストレス…。

20代前半の頃は問題なかったのに、これって歳のせいかも(笑)

そういうわけで、シングルベッドや二段ベッドが2~3個入った部屋を他人とシェアする生活は、今後一切ない!

3ヵ国目のアラサーの現実です。

 

オークランドの住まい情報サイト

ニュージーランドは小さい国なの、カナダやオーストラリアに比べて、情報を集めるためのクラシファイドが少ないです。

でも、その分1つのサイトに情報が集まっていて、クラシファイド巡りをしなくてもいいので、シンプルに動けます!

 

Trade Me

英語のクラシファイド。

競争率高いので、当日か前日にシェアメイト募集開始された物件に狙いを定めることがポイントです。

募集広告で記載されている家賃の値段は、水光熱費が別になっている場合が多いので、詳細は注意して読んでみましょう。

ちなみに私は、このサイトで「フルタイムの学生 or フルタイムで仕事を探している人」の募集に連絡をしても返信がなかったので、ワーホリお呼びでないという印象を受けました(笑)

そんな時は、次のサイトを使ってみてください!

 

NZdaisuki.com

日本語のクラシファイドなので、日本人オーナーさんに管理されているシェアハウスが多いです。

ホテル代わりに入れる物件や、最低入居期間がない物件もありますので、到着後すぐにシェアハウスに移らないといけない人には探しやすいですよ。

 

Flatmates Wanted in Auckland(Facebookページ)

こちらFacebook上にある公開ページがですが、このほかにもたくさんグループがあります。

また、オークランドにはFlatemates wanted – Auckland、同じ名前でAucklandの部分が大文字になった Flatmates wanted‐AUCKLANDという非公開グループもあるので、メンバーになっておくと便利ですよ!

写真付きでのシェアメイト募集投稿、どんな人が募集しているのか顔が見れるので、オークランドで家を探すのには一番使いやすいと思いました。

連絡を取る時も、メッセンジャーでのやり取りになるで、相手が自分のメッセージを読んでいるのか確認できますし、クラシファイド2つのサイトを使うよりサクサク進みます。

 

オークランドの家賃相場

「ニュージーランドは他の英語圏に比べると費用が安い!」という情報を見たことがありますが、私はその情報を信頼して完全に裏切られました(笑)

ニュージーランドドルが安いから、日本円に換算すると安くなるかもしれませんが、ワーホリで現地に行き、NZドルで給料をもらい、NZドルで家賃の支払いをするのに、日本円に換算なんかしません。

はっきり言って、オークランドに関していえば、高いです!

世界的な知名度も人気もバンクーバーに劣っているのに、なぜバンクーバーより高いの!?と言いたくなる!(オークランド、ごめんなさ~い)

家賃相場はエリアにもよりますが、ルームシェアなら$140~180/週、一人部屋なら$170~220ぐらい見ておきましょう。

 

オークランドでシェアハウス探し

初心者でも効率的に家を探す方法を「家が見つからない?見学40件で心得た効率的な海外シェアハウス探し5カ条」という記事にまとめています。

返信をもらう確率が高いシェアメイト募集広告、オーナーさんに連絡するときの文面、連絡しても返事が来ないときはどうする?といった内容を書いていますので、参考にしてみてください。

また、見学から入居までの流れについては「引越し6回。でも本当にいい部屋は○○○で発見!オーストラリア編」で説明しています。

見学時の確認事項も箇条書きでまとまっているので、実際の見学にお役立てください。

 

“次のシェアハウスを見つけるまでの仮住まい”に入居することも必要

生活の一番基礎となる家ですが、できれば余計な初期費用をかけず、生活に必要なものはすべて揃っていて、長く住める快適な家に住みたいですよね?

そんな素敵な家を見つけるまでには、少し時間が必要な時もあります。

現地到着後、ホームステイをしないのならば、ホステル、バッパーなどのアコモデーションに滞在するかと思いますが、ほとんどの人は数週間でチェックアウト。

その数週間の間に家を決めなければいけないのですが、土地勘も周辺環境もわからない海外で、募集先のオーナーさんに連絡しても返事がない、チェックアウトの日にちが迫ってくる…そんな状況も想定しなければいけません。

でももし、1件目に見学に行ったシェアハウスが、家賃の予算を少しオーバーしていても、最低入居期間などの契約内容、部屋・バス・トイレ・キッチンなどの共有スペースに問題がなければ、「とりあえず、条件のいい家が見つかるまで入っておこう」と入居を決断することも大事です。

ちなみに私は、オークランド到着後5日目で、1件目に見学に行ったシェアハウスに入居を決めましたが、その後チェックアウトまでの2週間ちょっとの間、継続して部屋探しをしても、返信が来ない状況が続きました。

後から考えると、1件目で決断していなかったら、家なき子になっていたかもしれません(笑)

 

これがアラサー女子好み!実際に住んだオークランドの部屋3選

家賃$220/週、ビーチまで徒歩3分、ゾーン2の2億円の家

予算が$200/週の物件を探していたので、$20オーバーしましたが、超きれいだったので、その日のうちに入居を決めました。

でも、この家は全部で6部屋あり、自分以外に8人の同居人がいる家。

バス・トイレは私含めて3人でシェアでしたが、キッチンは9人でシェア。

ルームメイトはみんないい人でしたが、入居5日目で退去を決意したので、3週間と5日しか住みませんでした(笑)

完全に「次のシェアハウスが決まるまでの仮住まい」です。

いくら2億円の綺麗な家でも、でっかいシェアハウスは部屋数も同居人も多い、と覚えておくといいですよ♪

 

家賃$175/週、ゾーン2のローカルだらけのシェアハウス

前のシェアハウスがストレスだったため、たまたま空いていた、友人宅の一室に入れてもらいました。

友達とのつながりが大事な理由、これですね!

キッチンは6人でシェアでしたが、バス・トイレは5人でシェア、男の人が多かったのでまだ大丈夫でしたが、朝方の忙しい時間帯に30分出てこない人がいたるすると、ちょっとストレス溜まります。

「次の引っ越し先が空くまで入る」という条件でもOKをもらっていたので、6週間ぐらいしか住みませんでしたが、部屋にクイーンサイズベッドとテレビがあって、水光熱費込みでこの値段なら安いです!

 

家賃$170/週、Airbnbで見つけたゾーン2のお気に入りの部屋

1件目のシェアハウスに引っ越す前日に、オーナーさんが「もし戻ってきたかったら戻ってきてもいいよ」と言ってくれたので、2ヶ月待って最終的に入居し、その後オークランドに滞在している間住み続けた家。

家に2人だけ、キッチン・バス・トイレも2人だけでシェア、オーナーさんとは出勤時間も帰宅時間もズレるため、使用するタイミングがほとんど被らない!

週に1回クリーナーが来る、食器洗浄機使用OKという、過去最高に住み心地が良かったシェアハウスです。

Airbnbの利用方法や、シェアハウスへの契約変更の流れに関しては、以前の記事「NZのAirbnbに滞在したら、シェアハウスをGETした話」で詳しく説明しています。

 

選り好みアラサー女子のシェアハウス理想条件

ワーホリで海外に行くとき、どんな生活を求めていきますか?

都会の中心地で仕事漬けの生活?

のんびりビーチの近くに住むスローライフ?

おしゃれなエリアでカフェ巡りしながら写真をインスタにUPする生活?(笑)

私は、「日本ではできない生活」を求めに行きます。

プロフィールにも書いていますが、「コーヒー片手に海を見ながらアクティブウェアで出勤、有給休暇で国内旅行」!!

これを日本で実現するのって、なかなか難しいですよね?

でも、私の理想の生活を実現するためのシェアハウス、オークランドにはありましたよ。

  • 英語環境
  • ビーチまで徒歩圏内
  • スーパーマーケットも徒歩圏内
  • 家賃180/週以下(光熱費込み)
  • シティ中心部の職場まで30分(Door to Door=家の玄関から職場まで)ゾーン2圏内

 

私がシドニーで苦労した家探しの時ほど、見学しなくても大丈夫!

条件を少し緩めたり、ちょっと探す時間をかければ、選り好みアラサーでもクオリティの高い家が見つかってしまうオークランドのシェアハウス。

渡航前に、ちらっとクラシファイドを覗いてみてください。

ちなみに、ビーチの近くのシェアハウスを探すなら、オークランドで一番有名なミッションベイ周辺で探すのではなく、ノースショア・東側周辺で探してみると見つけやすいですよ!

 

注意

現時点で、私がバンクーバーで出会った友人たちが、オークランドに2ヵ国目のワーホリで滞在していたり、これから渡航を予定していますので、きっとこれからもっと増えると思います。
バンクーバーの基準でオークランドのシェアハウスを見てしまうと、高い確率で不満が出てきますので、一旦その基準は捨てることをおススメします♪