【家探し方法アリ】度肝抜かれたバンクーバーのシェアハウス家賃相場

vancouver

こんにちは、チファニー(@Chifunny_BT)です。

世界で最も住みやすい都市ランキングで常連のバンクーバーは、物価が高いということでも有名、シェアハウスの相場も高いんだろうな…

という予想とは裏腹に、ワーキングホリデーを経験した3ヵ国の中で一番安くて度肝抜かれました!

実はオセアニア最大都市のシドニーや、ニュージーランドの最大都市のオークランドと比べると、バンクーバーの家賃が比較的安いということ、あまり知られてないのではないかと思います。

「バンクーバーは人気の都市なのに、シェアハウスの家賃相場が安くて、しかもクオリティもGOOD」なことを伝えたい!

ということでこの記事では、バンクーバーのシェアハウスがどれだけ安いか、実際の賃貸情報サイトや私が住んでいたシェアハウスの例を使ってお話ししようと思います。

シェアハウスの探し方の解説付きですよ!

度肝抜かれたバンクーバーのシェアハウスの安さ!

日本人に大人気の街バンクーバーは、不動産価格の高騰もあり、家賃も値上がりが続いています。

自分で部屋を借りようとすると、ワンルームでも$2,000/月近くなってしまうことはザラですので、普通に考えると高いのですが…

私のシェアハウスの家賃、なんと$550/月!!

でも、「安いから大したことない部屋に住んでたんでしょ?」って思われそうなので、まずは私が住んでいた部屋をお見せしようと思います。

私が住んでいたバンクーバーの部屋

私が住んでいたバンクーバーの部屋

  • 部屋タイプ:一人部屋、バス・トイレがついているマスタールーム
  • 家賃:$550/月(水光熱費・ガス代・Wi-Fi込)
  • エリア:ゾーン1
  • 最寄り駅:徒歩7分ぐらい。

1階部分をもう一人のシェアメイトと2人で共有していたので、キッチンもリビングも冷蔵庫も2人だけでのシェア、冷凍庫に至っては業務用の冷凍庫を丸ごと1つ使っていました(笑)

チファニー
どんだけ安くてクオリティ高いんだー!!!

でもこのシェアハウスは、バンクーバーで地道に見学に行き続けて11件目で見つけた部屋。

見学した合計12件の中ではベストでしたが、簡単に見つかったわけではありません。

実際、この部屋に出会うまで2ヶ月探し続けましたからね…。

でも、この物件よりちょっと家賃は上がったとしても、清潔で似たような部屋はいくらでもあります。

ワーホリで行ける英語圏の大都市はどこに行ってもシェアハウスの家賃が高く、ワーホリメーカーには痛い出費ですが、バンクーバーはオセアニアより家賃相場が安くてかなり嬉しかったことだけは確かです。

 

なぜバンクーバーのシェアハウス家賃相場が安いのか

オセアニアのシェアハウスの家賃は2週間ごとの支払いで、家賃は1週間ごとの料金で設定されています。

ですが、バンクーバーは1ヶ月契約のところが多く、そのため家賃相場も他のワーホリ人気国に比べて安くなるのです。

ちなみに、私がシェアハウスを探していた時に設定していた家賃の上限は$650/月。

それだけ出せばかなり選択肢が広がります!

さらに言うと、家賃$450~500/月の格安の一人部屋もチラホラありますので、家を探す時点で家賃の安いシェアハウスのが空いていたらラッキーですね!

チファニー
私の友達なんか、家賃$450/月の一人部屋で超キレイな家に住んでいましたからね!

 

他国のシェアハウス家賃と比較して見るバンクーバーの家賃の安さ

では、実際私がワーホリで滞在していた国の、実際に住んだシェアハウスの家賃と比較して、バンクーバーのシェアハウスがいかに安いかを伝えたいと思います。

カナダ・バンクーバーのシェアハウス

1人部屋のマスタールームで$550/月(水光熱費・ガス代・Wi-Fi込)

オーストラリア・シドニーのシェアハウス

2人部屋のマスタールームで$165/週、月に換算すると約$710~730/月
※シドニーの家賃相場の高さはこの中でダントツですので、マスタールームの2人部屋ならこの値段でも安いのです…。

ニュージーランド・オークランドのシェアハウス

1人部屋のベッドルームで$170/週、月に換算すると約$730~750/月

※オークランドのシェアハウス例と料金については、以下の記事で写真付きで詳しく説明しています。気になる方はどうぞ↓

デボンポート

【ニュージーランド/オークランドのシェアハウスの探し方】いくらの家賃でどんな家に住めるの?

2018-10-15

シドニーでもオークランドでも比較的安めでクオリティの高い家に住んでいましたが、1ヶ月に換算した家賃を比較すると、バンクーバーの家賃相場よりも高い料金となります。

バンクーバーで家賃上限$750/月で家を探すとしたら、これだけ広々した部屋が見つかりますよ↓↓

※この画像は、バンクーバーの住まい情報サイトのvanroom (http://englishcamp.ca/)から引用したものを加工して、見やすいよう編集しています。

 

バンクーバーのシェアハウスタイプと家賃相場

バンクーバーの家賃相場は、一人部屋のベッドルームでも一カ月で$450~$700程度。

入居者に貸し出されている部屋は、以下のようなタイプがあります。

マスタールーム

私が住んでいた、バス・トイレ付きの部屋をマスタールームと言います。

家賃相場はシェアハウスで探せるタイプの部屋の中でも一番高くなり、$800/月~が相場となります。

※ただ、この値段はあくまで相場なので、タイミング次第では少し安い部屋もクラシファイドに出てきますよ!

セカンドルーム(ベッドルーム)

一番一般的なタイプの部屋だと思いますが、マスタールームとは違いバス・トイレがついていないベッドルームとなります。

バンクーバーではこれ以外のタイプの部屋もよく見かけます。

一番最初にあげた、$450~700/月がセカンドルームの家賃相場です。

ベースメント

バンクーバーの戸建ての家の多くは、ベースメントと呼ばれる地下(もしくは半地下)があります。

窓がない(あったとしても小さい)、太陽の光があまり入らないのが特徴ですが、部屋タイプがセカンドルームなら家賃相場は$450~700/月

場所によってはベースメント部分全体を借りることも可能です。

注意

メンテナンスの良し悪しにもよりますが、私が見学に行ったベースメントの部屋は、ジメッとしていてカビ臭いところが多かったです…。見学先の玄関に入った瞬間のニオイでわかるので、アレルギーがある方は注意した方がいいと思います。 

デン

デンとは書斎部屋のことで、家賃相場は一番安く$300~500/月

3畳ぐらいあればまだマシですが、布団を敷くスペースほどしかない部屋を貸し出していることもあります。

部屋に窓がないことがほとんどですが、家賃が安いので「家には寝るため・シャワーを浴びるためだけに帰る人」「節約したい人」にはありがたい物件です。

ソラリウム

一面が窓ガラスで覆われた部屋の一角を、ソラリウムと言います。

デンとは打って変わって窓だらけなので、夏の日差しが強い日は室内の温度が高温になります。

私個人的には、このスペースは景色が良くて好きなのですが、家賃相場は$400~$600/月とデンより若干高くなる印象です。

 

バンクーバーのシェアハウスの特徴

ここでは、バンクーバーのシェアハウスの設備や支払い方法の特徴をお話しします。

Takeover(テイクオーバー)

Takeoverとは、入居前に住んでいた人が使っていた家具を買い取り、一式引き継ぐこと。

ですが、Takeoverルールを適用していない、家具付きのシェアハウスなんかたくさんあります。

自分が退去するときに家具を引き継いでくれる人がいるかわからないですし、買い取った家具に問題がないとも限りません。

ワーホリや留学でわざわざ高いお金を払って、そんなリスクを負う必要はないです。

Takeoverに使うお金があったら、旅行に行きましょう♪

セントラルヒーティングシステム

バンクーバーの冬は寒いですが、ほとんどの家にセントラルヒーティングシステムがあります。

スイッチ一つで家全体(もしくは階ごと)の部屋すべての暖房が作動するので、冬でも家の中を暖かく保てるのです。

チファニー
寒い国はこういった暖房設備がしっかり整っていて最高ですね!

小切手での家賃の支払い

日本人がオーナーさんの家では、ワーホリや留学生が入居した場合、現金での家賃支払いを許可してくれるところもありますが、基本的に家賃の支払いは小切手になります。

小切手用紙を無料で取り寄せられるプランで銀行口座した方は、先に取り寄せておくといいかと思います。

 

バンクーバーでのシェアハウスの探し方

1.まずは情報収集

バンクーバーの賃貸情報サイトは、以下のようなものがあります。

英語の情報サイト

Craigslist

現地で一番使われているクラシファイド。
英語環境のシェアハウスに住みたいと考えている方は、こちらのサイト利用がメインになってくると思います。
でも、英語のサイトなので競争率は高いです。
部屋を探している期間は、物件の更新情報に対し、アンテナを張っておく必要がありますね。

Kijiji

こちらも現地のクラシファイド。
Craigslistと併用して部屋探しをしていきましょう!!

日本語の情報サイト

JP CANADA

日本人がバンクーバーに到着したら、一番お世話になる日本語の掲示板。
募集を出している方への連絡手段は、携帯電話のテキストメッセージではなく、Emailの場合があります。
持っていない人は(まさか海外行くのにそれはないと思いますが)、GmailやHotmailなどのフリーメールアドレスも取得しておきましょう!

e-Mapleカナダ

こちらも日本語の情報サイト。
トロントの情報が多いですが、バンクーバーの情報がないわけではないので、JP CANADAと併用して利用するといいと思います。

vanroom

写真が掲載されていて、とても使いやすい日本語のサイトで、いろんなタイプのシェアハウスが紹介されています。
入居日未定、ウェイティングリストに名前を入れないといけない物件が数多くあるので、ホームステイ退去日あたりで入れる物件があるか、前もって探しておくと、少しは家探しが楽になるかもしれません。

Go To Van

友人が利用したエージェントさんですが、賃貸情報も掲載されています。
オフィスには、エージェントを通してないワーホリ生が情報集めに来たりもしますし、私もお邪魔しました。
家探しの情報集めに行って、ワーホリの友達2人できちゃいましたよ(笑)

ちょっとしたポイント!

家賃の安さを基準にシェアハウスを探す際は、日本語の情報サイトの方が、相場$550~$650ぐらいで、ワーホリでも生活しやすい地区にある家の情報を見つけやすい印象です。

2.見学の予約をする

気に入った家を見つけたら、見学の予約を取ります。

効率的な見学予約の取り方は、初心者でも最初から導入できるよう、以下の記事で超具体的に説明しているので参考にしてください。

シェアハウスの探し方

家が見つからない?見学40件で心得た効率的な海外シェアハウス探し5カ条

2018-10-05

3.見学に行く

見学の予約が取れたら、実際に見学に行ってみましょう!

見学の実践ポイント・見学時の確認事項・注意事項は、以下の記事で細かく説明していますので、是非一度目を通してみてください。

シドニーの夜景

オーストラリアで鍛えられた私が教えるシェアハウス見学の実践ポイント

2019-01-27

※この記事で説明用に使っているクラシファイドはオーストラリアのものですが、バンクーバーでのシェアハウス探しにも応用できます。

 

バンクーバーのシェアハウス探しの注意点

ここまで、「バンクーバー家賃安くていいよ~」「これだけ家賃出せばこのクオリティだよ~」とバンクーバーの家賃に焦点を当ててお伝えしました。

ちょっとは安心していただけたかもしれませんが、バンクーバーは留学生が多い街。

決して部屋探しが簡単なわけではありません。

バンクーバーは日本人に人気の国で空き部屋も少なく、同じタイミングで部屋探しをしている人は多いので、余裕をもって部屋探しをスタートさせましょう!

また、契約が1ヶ月単位ということは、月の頭~上旬頃に新しいシェアメイトの募集広告が出る傾向にあります。

そうなると、ホームステイを出るタイミングとシェアハウスの入居のタイミングが合わない可能性もあり、ホームステイを少し延長させたり他のシェアハウスに短期で入ったりなどの対策が必要です(実際私がそうでした)。

最初の滞在をホームステイで考えているのなら、これらを考慮してホームステイの申し込み期間の計画を立てることをおススメします!

カナダのホームステイ申し込み~シェアハウスへの引越しまでのベストな流れは、以下の記事でも説明していますので、参考にしてみてください↓

shellybeach

ホームステイは短期がベスト!知らないと損する申し込み方法とその裏側

2018-12-16