海外で他人と共同生活!環境別シェアハウスの特徴【まとめ】

ハーバー

こんにちは、チファニー(@Chifunny_BT)です。

海外生活歴4年。

オーストラリア・カナダ・ニュージーランドの3ヵ国にて、日本人・アジア人・南米人・ヨーロッパ人・現地の人、いろんな人と一緒に住んできました。

いい人・意地悪な人・不思議な人・仲良くなる人。

国籍になく相性があるので、どんな人に出会えるか、いつもドキドキワクワクしながら新しい家に入居します。

ここまで動き回ると “引っ越をすること” に慣れはしますが、入居初日の緊張感は何度経験しても同じなので、初めての人にとっては、この何倍ものいろんな感情を胸に、新生活をスタートさせることと思います。

でも大丈夫!案外楽しいものです!

日本にいながらでも、海外でのシェアハウス生活がどのようなものか想像してみたい人のために、私がこれまで住んできたシェアハウスを、「日本人・多国籍・ローカル」という3タイプの環境別にまとめてみようと思います。

日本人シェアハウス

その名の通り、日本人のオーナーさんに管理されている、日本人の入居者しかいないシェアハウスです。

英語が苦手でも、入居の手続きを日本語でやり取りできるので、最初の一歩としてはハードルが低く、到着直後に「とりあえず入りたい」という希望も叶えてくれる、融通の利く日本人オーナーさんも存在します。

メリット

  • 文化が同じ人たちが一緒に住むので、共有スペースの使い方の認識がある程度同じ
  • 使ったフライパン・食器などが使いっぱなしの家に入居したことはほとんどない
  • 家のルール・掃除当番を守る人も多く、家の中は清潔に保たれている
  • 乾いた洗濯物が3~4日間干しっぱなしということも、ほとんどない(1件除く)
  • 同じ日本人学生・ワーホリ同士、仕事・旅行・イベント・ファーム情報の交換をすることができる
  • 日本人オーナーさんが一緒に住んでいる場合、ちょっとディープな情報や現地の詳しい情報を聞くことができてラッキー!

私は一度、ストレスから夜中に胃痙攣になり、激痛のため気を失いかけて、一緒に住んでいた日本人シェアメイトに病院に運んでもらったことがありました。

胃腸炎になったときも、お粥や栄養のある食事を作ってもらい、日本人とシェアしててよかった!!!と思ったことも何度もあります。

海外に住んでいて、自分が病気になった時に誰かが作ったお粥ほど、胃と心に染み渡るものはありませんし、ここまで親切にしてもらったのは、日本人だからかもしれません!

 

デメリット

  • 英語環境を求める人には完全アウト
  • 入居してしばらくすると「自分海外に来て何やってんだろ~」という疑問を抱いたことも正直ある
  • 文化はあくまで日本
  • 電話で話す内容が筒抜けの可能性あり

誰かが出る度・入る度に、自宅で歓送別会があるところもありました(私が住んでいたところは、ワーホリや留学生が入るシェアハウスは流動的なので、2週間に1回のペース)。

好きな人にはいいですが、他の日本人の友達にも「またやるの?」と言われたくらいなので、頻繁と捉えていいでしょう。

快適さと静かさを求めて入った日本人シェアハウスで、飲み会の回数が多く、さらに日本社会をそのまま家に持ち込まれるという状態(泣)。

また、母国語が同じ人たちが一緒に住むので、日本の親や友人と、電話で本音や辛いことを話したい時に、誰かに聞かれている可能性があります。

 

多国籍シェアハウス

現地の人もいれば、移民してきた人、現地の大学に通う留学生から語学留学生など、そこに住んでいる人のバックグラウンドの国際色が豊かなシェアハウスと定義します。

管理人が現地の人とは限りませんので、いろんなパターンがあります。

メリット

  • 日本人シェアメイトがいなければ、日本語を使わないので、常に英語環境。
  • 海外で生きてる~!という実感が沸く。
  • リビングに集まってご飯食をべたり、ワインを飲みながら一緒にキッチンで料理したり、作った食事をシェアするということは、日本人同士のシェアハウスよりも回数が多い(※日本人だけのシェアハウスでゼロというわけではないです。)
  • 電話の内容を聞かれているんじゃないか?と心配する必要がない

バックグラウンドも留学先での目的も違う、学生・ワーホリ(ワーキングホリデーメーカー)などいろいろな人がいるので、話題が尽きないという点から、いろんな国籍の人と生活を共にすることは、異文化交流するにはもってこいと言ってもいいでしょう!

でも、自分の中で英語をシャットダウンしてしまえば、自分の世界に入り込めますし、お互いを干渉することもありません。

第一言語である日本語のように、耳に入ってくる会話を脳みそが勝手に理解してしまうということもないですし、頭を空っぽにすることもできます。

 

デメリット

  • 英語が下手な人、上手な人、訛りが強い人、いろいろいますので、ミスコミュニケーションが発生してしまうことがある
  • 家の中を汚したまま掃除しない人、異文化理解能力が足りない人も存在する
  • 人によっては話し声が大きすぎたり、動画や音楽を大音量で流している人もいるので、静かな生活を求める人には不向きな物件もある
  • 冷蔵庫にある自分のものを勝手に食べられることがある
  • 調味料・ミルク・マーガリンやジャムなどを勝手に使われることがある

そしてたま~に、「来週家賃が払えないんだけど、次に給料が入ったら必ず返すから、お金貸してくれない?」と頼まれる、おもしろい体験もできますよ(笑)

 

現地の人だらけのシェアハウス

管理者・入居者、共に現地で育った人たちによって構成されているシェアハウス。

メリット

  • 英語力向上という点においてパーフェクトな環境。
  • フルタイムで働いている人がほとんどなので、シェアメイトと共有スペースの利用時間が被らないように自分で調整することが一番楽
  • セキュリティの面では日本人シェアハウス同様に安心、お互いを尊重した生活を送るといった点においても、そこまで不安はない
  • 自分が知りたい現地情報を、現地の人目線で教えてくれるので勉強になる

海外生活で、現地の人目線の情報は、節約・利便性の追求・仕事など、さまざまな場面で役に立ちます。

また、生活水準がワーホリや留学生よりも高いので、食器洗浄機や乾燥機の使用を許可してくれたり、作りすぎた夕食をシェアしてくれるということがよくありました。

デメリット

  • シェアメイトのみんなで集まると、会話のスピードが速すぎるし、たまに聞き取れない、置いていかれる
  • 現地の話題に詳しくなければ、会話に入っていけないことがある
  • 昼間に英語で仕事をして、家に帰っても脳みそフル回転でシェアメイトと英語でコミュニケーションを取って…という生活は、相性と話題が合わなければ結構疲れる(笑)

同じ英語を話すという点では多国籍シェアハウスと同じですが、海外の現地の人がみんなグローバルなわけではなく、異文化に興味があるわけでもありません。

ただ、第一言語が英語というだけ かもしれません。

海外に出たこともなく、旅に興味がない現地の人と、会話の共通点が少ないケースもあります。

そうなると、挨拶と天気の話、本日のスケジュールといった話で終わってしまうこともあり、もうちょっと話したいな~と不完全燃焼になってしまいますね。

また、留学生やワーホリで来ている人は、今目の前にある新しい環境から1つでも多くのものを吸収しようと思って、海外の生活を楽しんでいる人が多いですが、ローカルの人は現実世界の中で生きているのですよね。

 

まとめ

「海外に行ってまで日本人と一緒に住むだなんて!」と否定的なことを言う人がいますが、現地に長く住むシェアハウスのオーナーさんたちでさえ、日本人をシェアメイトに選ぶ人が多いです。

家をきれいに使ってほしいしので、当然ですね。

また、昼間に英語で仕事をしているから、家では日本語を話したいという人もいます。

海外在住期間が長くても短くても、人によって英語と日本語のバランスのとり方は様々で、「海外生活=英語環境のシェハウスに住む」という方程式が、すべてのケースにおいて成り立つわけではないのです。

多国籍なシェアハウスに住む経験、できれば多くの日本人にチャレンジしてほしいですが、あなた本人が快適だと思うなら、日本人シェアハウスだろうが多国籍シェアハウスだろうが、どっちでもいいですし、すべての基準はあなたの中にあります!

セキュリティに不安があったり、多国籍だけれども同居人が多すぎるシェアハウスに、無理して住む必要はありません。

個人的には少人数の多国籍シェアハウスを好みますが、状況に合わせて環境を変えていくことも必要です。

また、ローカルの人と一緒に住むことが、必ずしも異文化交流に適しているとも思っていません。

ローカルの人でも、現地生活だけにとどまらず、いかに外に目がむいているかということも、お互いに理解する上で重要な要素になってきます。

  1. 不安だったら日本人のシェアハウス
  2. いろんな国籍の人との生活を経験したければ多国籍シェアハウス
  3. 脳みそフル回転で英語漬けになりたければ、現地の人だらけのシェアハウス

目的と自分の生活リズムに合わせて、引越しをしてみてもいいと思いますよ!

Chifunny
私も現地にいる時だけで、10回ぐらい引っ越ししていますからね(笑)

そして私は、あなたのシェアハウス探しも応援しています!

シドニーの夜景

オーストラリアで鍛えられた私が教えるシェアハウス見学の実践ポイント

2019-01-27
シェアハウスの探し方

家が見つからない?見学40件で心得た効率的な海外シェアハウス探し5カ条

2018-10-05