リゾートバイトで英語力が伸びる職種と外国人が多い場所【無料オンライン英会話付】

※当サイトには広告が含まれています。

日本国内で英語を使える仕事の一つに、「外国人観光客」を相手にする仕事があります。

外国人は、東京や大阪といった都市部だけでなく、日本各地の観光地やリゾート地にも足を運ぶのです。

家賃と生活費が無料の「リゾートバイト」は、ホスピタリティ系の仕事が多く、英語力がそこまで高くなくても働きながら英語を伸ばすことが夢ではありません。

チファニ
私は正直、最初はあまり期待はしていませんでしたが、実際に英語を使えるリゾートバイト先で働いてみたら、毎日英語漬けの環境でした。

そこでこのページでは、リゾートバイトで英語力を伸ばせる職種(ポジション)と外国人が多いエリアについてお話します。

まずは登録をおすすめするリゾートバイトの派遣会社一覧

\業界最大手!登録実績52万人&案件数No.1/

公式サイトはこちら>>リゾバ.com公式ホームページ

リゾートバイトで外国人観光客が多い場所/エリア6選

まずは、日本で外国人が多いエリアを紹介します。

外国人が多い場所
  1. 北海道:ニセコ
  2. 長野県:野沢温泉村&白馬村
  3. 岐阜県:飛騨高山
  4. 神奈川:箱根
  5. 広島:宮島
  6. 空港周辺

1.北海道:ニセコ

北海道ニセコ

出典:株式会社ニセコリゾート観光協会

リゾートバイト業界で「外国人だらけ」な場所として真っ先に上がるのが、北海道・ニセコ!!

冬の時期は特に、スキーを楽しみに日本に来る外国人で溢れます。

ゲストハウスのフロントデスクのポジションでは、同僚も外国人・お客様も外国人という求人が多数あり、街の看板も英語表記のところがあったり、周辺のカフェ・レストランでも英語ができないと働けないこともあるようです。

チファニ
まさに「日本にいる気がしない」という言葉がぴったりの、英語好きにはたまらないエリアですね!

 

2.長野県:野沢温泉村&白馬村

長野県・野沢温泉村

長野県・野沢温泉村

長野県の野沢温泉村は、冬の時期になると、オセアニア(特にオーストラリア)からパウダースノーを求めてやってくる観光客で賑わいます。

村のいたるところに無料で入れる温泉があり、湯気に包まれた景色も楽しめる温泉地として有名です。

野沢温泉村のスキー場の仕事では、少しでも英語ができるとお客様に関わるポジションにどんどん回されます。

2~3ヶ月ぐらいの長期滞在をする人も多く、カフェやバーではしょっちゅうお客様に遭遇する環境です。

チファニ
オーストラリアワーホリ経験者の友人ですら、「下手に海外に行くよりも英語使えるよ!」とおすすめのエリアです。また、日本の都市部で働く知人のオーストラリア人も野沢温泉村によく行くと話していました!

野沢温泉村にリゾートバイトで来る人の中には、英語に興味がない人ももちろんいるので、「英語を使いたい人」の割合が低くなり、使う機会が増えるそうです。

スキー場のインフォメーションは日本語と英語の両方が必須となり、日本語が話せる外国人スタッフも働いているので、同僚とのコミュニケーションも英語になります。

また、長野県の白馬村も同様、外国人観光客が多いエリアとして有名です!

 

3.岐阜県:飛騨高山

出典:飛騨高山観光公式サイト(https://www.hidatakayama.or.jp/)

岐阜県の飛騨高山は、「小京都」と呼ばれる情緒あふれるエリアで、昔ながらの日本の風景が楽しめるという理由から、人口の5倍の外国人観光客が訪れると言われています。

外国人にも人気な日本の観光地の一つなので、2~3週間の予定で日本を旅行する観光客の日程表には、「飛騨高山」が組み込まれている割合が多く、関西から関東への移動の途中で立ち寄ってくるケースをよく見ました。

リゾートバイトの働き先としても飛騨高山はおすすめで、高山駅周辺にはホテルが多く、近くにコンビニやスーパーもあり生活がしやすい環境が整っています。

 

4.神奈川:箱根

神奈川県・箱根の「芦ノ湖」

神奈川県・箱根の「芦ノ湖」

神奈川県の箱根は温泉地として有名ですが、芦ノ湖・大涌谷やそこから見える富士山などの自然、箱根神社などの社寺仏閣もあり、特に紅葉の時期は予約が取りにくくなるエリア。

私のカナダ人の友人も「秋に箱根に行ってみたい」と言っていたほどで、外国人観光客が多いのも頷けます。

東京から日帰りで行ける温泉地なので、日本人観光客からも人気な箱根。

時期によっては「今日のお客様は9割が外国人」という日もあり、英語を使う機会には恵まれます。

 

5.広島:宮島

厳島神社のある宮島も、外国人観光客が多いエリアの1つ。

「外国人観光客を見ない日がない」という程、英語に触れる機会は日常的にあるようです。

冬の時期のニセコや野沢温泉村ほど外国人で溢れることはないですが、1年を通して外国人観光客が訪れるので、時期を選ぶことなくリゾートバイトで英語を使う環境が手に入ります。

チファニ
私の友人が宮島の宿泊施設で働いていたときは、英語の使用頻度は5割ぐらいと話していました。

 

6.空港周辺

リゾートバイトで英語を使える場所/エリアとしてメジャーではありませんが、空港周辺エリアも外国人が多く集まる場所です。

空港周辺のホテルはフライトの前泊・後泊で利用されることが多く、国際線に搭乗する外国人観光客が多く滞在しています。

観光地ではないので、観光案内をするほど英語のアウトプットはしませんが、お客様の入れ替えが毎日あるので反復練習になり、量をこなすことが可能です。

また、空港周辺のホテルは、国際線に搭乗するキャビンクルーやパイロットが宿泊するために、航空会社と提携しているところも多くあります。

\業界最大手!登録実績52万人&案件数No.1/

公式サイトはこちら>>リゾバ.com公式ホームページ

 

リゾートバイトで英語力が伸びる職種

リゾートバイトで英語力を伸ばすためには、外国人観光客が多いエリアに行くだけでOK!というわけではありません。

ここでは、英語を使う機会が多い職種/ポジションを紹介します。

リゾートバイトで英語力が伸びる職種
  1. フロントデスク
  2. 仲居
  3. ベルスタッフ
  4. レストランホール・ラウンジ

1.フロントデスク

フロントデスクの仕事は、「旅館フロント」と「ホテルフロント」の2つに分けられます。

チファニ
私は「外国人観光客が多い旅館のフロントデスク」と、「外資系ホテルのフロントデスク」を経験しました。

■旅館フロント

旅館フロントの仕事は、チェックイン・チェックアウト業務が基本ですが、本来は仲居が行う「お着き」と言われるお部屋までのご案内をフロントスタッフが担っている旅館もあります。

「お着き」の業務では、

  • 館内の案内(大浴場・ラウンジ・バー・売店などの場所と営業時間)
  • お部屋の設備と使い方の説明
  • 周辺の観光案内
  • カフェ・レストランなどの飲食店の案内
  • 提供するお茶菓子の説明
  • 場合によっては写真撮影のお手伝い

といった一連の説明をすべて英語で行い、所要時間が20~30分ほどかかることもあるのです。

また、お部屋までの移動中は、

  • 日本に来るのは初めてか?
  • これまでの旅程で日本のどこを観光してきたのか?
  • 日本で一番お気に入りの場所は?

といった会話をしながらコミュニケーションを取ったり、お客様からの質問に答えながらお部屋まで向かうので、かなり英語の訓練になりました。

また、外国人のお客様は英語圏のお客様だけでなく、東南アジアやヨーロッパなどの非英語圏のお客様もいるので、様々なアクセント(訛り)を聞く機会があります。

チファニ
聞き慣れないアクセントに対応することは、最初は難しく感じますが、非英語圏のお客様は英語を話すスピードが速くないので、次第に慣れていきますよ。
旅館フロントのお仕事

【温泉地でリゾートバイト体験談】旅館フロントは「おもてなし好き」におすすめな理由

2024-01-14

 

■ホテルのフロントデスク

ホテルのフロントデスクの仕事は、旅館のフロントデスクに比べると、お客様と会話をする機会が減ります。

チファニ
実際私が経験したフロントデスクでは、外国人の宿泊者数が8割を占める「外資系ホテルのフロントデスク」よりも、外国人の宿泊者数が5割の「旅館のフロントデスク」の方が、英語の使用頻度は高かったです。

ホテルのフロントデスクでは、チェックインに要する時間は3~5分程度で、定型文のような説明を繰り返すため、会話に幅はありません。

ですが、実践で使えるビジネス英語の知識は増えていきますし、ホテルの中枢を担っているということもあり、外国人のお客様を対応するための度胸は鍛えられること間違いなしです。

リゾートバイトのホテルフロントはきつい?体験談と仕事内容・求人の選び方を紹介

2024-01-18

 

2.仲居

仲居の主なお仕事は、お客様が滞在中の食事の配膳・接客・お布団の用意などです。

基本的にはお部屋ごとに担当が決められており、チェックイン後からチェックアウトまでお客様の滞在のお手伝いをするので、旅館で働くどのスタッフよりもお客様と接する時間が長くなります。

そして、外国人のお客様が滞在するお部屋の担当になれば、幅広く英語を使う機会が得られます

仲居の仕事例
  • 朝食・夕食の配膳時の料理の説明
  • 浴衣の着方
  • 観光・館内の案内
  • 写真撮影の手伝い
  • お出迎え~お見送りまでの「おもてなし」

外国人のお客様は、日本ならではの「旅館」での滞在を楽しみに来館するので、たくさん質問をされます。

英語で日本の文化や礼儀・マナーを紹介できるようになると、リゾートバイト以外で外国人と会話するときの強みになること間違いなしです。

 

3.ベルスタッフ

ホテルのベルスタッフは、フロントスタッフに比べると英語を使う頻度は少なくなりますが、ホテルのエントランス付近に「ベルデスク」があれば、観光案内をする機会があります。

カウンターの中で仕事をするフロントデスクとは違い、ホテル館内・エントランスの外を動き回るので、お客様に声をかけられる率はフロントデスクよりも高いです。

チファニ
「高い語学力はまだないけどリゾートバイトで英語を使って仕事をしたい」と思うなら、ベルから始めてみることをおすすめします!

 

4.レストランホール・ラウンジ

レストランやラウンジスタッフも、お客様と接するポジションなので、英語を使う機会があります。

飲食系の語彙力は向上しますし、オーダーを取る際の言葉遣いに気を付ける(ちょっと丁寧な表現を使ってみる)など、工夫すれば練習にもなるのです。

また、料理を運ぶ際に四方八方から声をかけられるので、英語でも臨機応変に対応する力はつきますし、お客様によってはかなりカジュアルに話しかけてくるので、「文法通りに話さない話し方」に慣れることができます。

食事代金を部屋付けせずにレストランで会計するなら、英語でお金のやり取りをする練習にもなりますし、リゾートバイト後にワーホリで海外に行くなら身につけておきたいスキルです。

\業界最大手!登録実績52万人&案件数No.1/

公式サイトはこちら>>リゾバ.com公式ホームページ

 

オンライン英会話レッスン無料のリゾートバイト派遣会社

リゾートバイトには、留学/ワーホリの資金を貯める目的で働いている若者がたくさんいますが、なんと、無料オンライン英会話レッスンを受けられる派遣会社があります!

オンライン英会話受講無料のリゾートバイト派遣会社一覧

アルファリゾート・リゾートバイトダイブは「ネイティブキャンプ」、ワクトリでは「DMM英会話」を利用することができます。

※ただし、オンライン英会話を無料で受講するためには、リゾートバイトの派遣期間が3ヶ月以上の契約が必要です。

 

狙い目の英語を使えるリゾートバイト求人

ここまで「外国人が多いエリア」と「英語を使える職種」についてお話ししましたが、ここでは「狙い目の英語を使える求人」についてお話しします。

1.外国人宿泊客が多いホテル・旅館を狙う

先ほど紹介したような外国人が多いエリアに働きに行っても、外国人宿泊客が多いホテル・旅館で働かなければ英語に接する機会は少なくなります。

北海道のニセコや長野県の野沢温泉村のような外国人観光客が多いエリアは人気なため、時給があまり高くなく、高時給な求人を希望する人にとっては躊躇してしまいますよね。

ですが、外国人が多いエリアでなくても、外国人宿泊客が多いホテル・旅館をピンポイントで狙えば、時給もそれなりに高く、お客様の5割~8割が外国人というホテルに巡り合うこともあります。

 

2.英語力が求められていないリゾートバイト先は逆に穴場!

外国人が多いエリアでも、「うちでは英語力は重視していません」というホテルや旅館が存在します。

日本で働いている以上、一番求められるのは、日本語での適切なお客様対応

英語ができるか?できないか?よりも、お客様に対してちゃんと接客ができるかが重要となります。

外国人が多いエリアでも「英語力を重視していない派遣先」で実際に働くと、中学レベルの英語が話せるだけで重宝されるので、嫌でも外国人のお客様対応が回ってきます。

チファニ
ベテランのおばちゃんたちが「私英語出来ないからおねが~い」と言って全部回してくる感じです!

また、高い英語力が求められていないホテルや旅館なら、意思の疎通が多少うまくいかなかったとしても、「英語がそんなに上手じゃないんだな」と許容してくれる場合もあります。

英語力に自信があるわけじゃないけど、英語で外国人のお客様を接客したいし、そのためには勉強もする!という人には案外狙い目です。

 

英語できないけどリゾートバイトしてもOK?

リゾートバイト女子
英語できないけど、英語環境でリゾートバイトしても大丈夫?

英語ができないうちは自信が持てないかもしれませんが、こういった悩みは最初は誰にでもあるものです。

みんな最初は初心者ですし、中学英語レベルでも、テンプレートを駆使したりセリフを決めて乗り越えている人がたくさんいます。

また、「カタコトでも頑張って伝えよう」という気持ちがあるなら、周りがサポートしてくれることがあります。

チファニ
私が働いていた旅館には英語が全くできないスタッフもいましたが、苦情や料金請求のトラブル時は英語ができるスタッフがカバーしていました。

海外に行く前に「貯金」と「英語力向上」を目指すなら、リゾートバイトはピッタリの選択肢だと思いますよ!

まずは登録をおすすめするリゾートバイトの派遣会社一覧

\業界最大手!登録実績52万人&案件数No.1/

公式サイトはこちら>>リゾバ.com公式ホームページ