【エンワールドジャパン】Linkedinでのヘッドハンティング実例-ITエンジニア外資系転職

  • SNSを通じて仕事のオファーが来た
  • 海外転職活動をしていたら企業からご指名が来た
  • 対応したお客様から「○○で働くことに興味ありませんか?」と言われ名刺をもらった

従来のヘッドハンティングとは少し違いますが、これらは転職のチャンスとなる出来事です。

終身雇用制度が崩壊し、今では転職が当たり前の時代。

SNSの普及によって転職活動の幅が広がり、企業や転職エージェントから声がかかるケースも以前より増えました。

ですが中には、怪しいお誘いがあるのも事実。

私はこれまで、海外での仕事探しと日本での転職活動の両方を経験しましたが、不信感を抱く案件が来たこともありました。

スカウトやジョブオファーが来たとき、どのように見極めればいいのか?

そこでこのページでは、Linkedinで「エンワールド・ジャパン」からヘッドハンティングされた元同僚のITエンジニアの実例と、Linkedin経由で私に来た無作為に送られるジョブオファーを比較してお話したいと思います。

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングとは、職業紹介事業のひとつであり、役員などの経営幹部または特定の専門的なスキルを持った人材を、外部からスカウトする業務を指します(エグゼクティブサーチとも言う)。

ヘッドハンティングをする人のことをヘッドハンターと言い、既に所定の職業についている人材の引き抜きをする者:職業紹介事業者、スカウターを示すことがあります。

引用元:ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/)

ヘッドハンティングは、外資系や海外の企業では以前から行われてきましたが、日本でも近年の人材ビジネス普及とともに社会に浸透しつつあります。

 

ヘッドハンティングされる人材と獲得方法

従来のヘッドハンティングの対象となる人材は、

  • エグゼクティブ(経営幹部)
  • 管理職
  • 幹部候補

など、主にミドル~ハイクラスの人材。

人材獲得の手法としては、企業のOBや知人の紹介などの「人脈」や、企業サイトの組織図、経済誌などから企業の求める人材を引き抜く方法が主流となります。

ですが近年では、エグゼクティブ層だけに限らず、技術職や特定の専門スキルを持つ若手を獲得するケースも増えてきました

FacebookやLinkedinなどのSNSを利用することにより、今まで接触できなかった人材にアプローチすることも可能です。

 

Linkedinでスカウトやオファーが来る時代

「Linkedin」は、世界最大級のビジネスSNS

海外で仕事を探す際やグローバル企業・外資系企業への転職希望者なら登録必須と言われています。

世界中のリクルーターや企業の人事担当者も利用しているので、Linkedin経由でスカウトや仕事のオファーが来ることも珍しくありません。

また、Linkedinに詳細な職歴を記載しプロフィールを設定すると、1ヶ月に2~3回程度メッセージを受け取ることがあります。

 

エンワールド・ジャパンのヘッドハンティング実例

それではここから、Linkedinに何気なく登録していたら「エンワールド・ジャパン」からスカウトが来た元同僚(ITエンジニア)の実例を紹介します。

1.エンワールド・ジャパンとは?

まず前提として、エンワールド・ジャパンは、グローバル人材に特化した人材紹介・人材派遣会社です。

外資系企業・日系グローバル企業のミドル~ハイクラスのポジションの転職支援を専門としています。

ヘッドハンティングを専門に行う会社ではなく、転職エージェントなので、転職希望者が登録することが可能です。

 

2.【最初の接触】Linkedinのメッセージ経由

元同僚に訪れたエンワールド・ジャパンからの最初の接触は、女性の方からLinkedinでのメッセージ経由

本文は英語で書かれていたそうです。

「なぜ自分に接触してきたのか?」と気になり英語で返信すると、今度は日本語で連絡が来るという不思議な対応。

質問にも答えてくれ、素性を明かし、メールの内容もまとも。

ですが、それより何より、返信が来るたびに英語と日本語のスイッチを繰り返すので、「このアプローチの仕方、うっとおしい!」というのが正直な感想です。

※ここまでのやり取りはメールのみで、仕事の案件紹介はありません。

 

3.コンサルタントに引き継がれる

エンワールド・ジャパンの女性の方と何度かやり取りをし、仕事の案件を紹介することにお互いが合意。

次の段階として待っていたのが、案件(求人)を持っているコンサルタントへの引き継ぎです。

そこでようやく「あ、今までやり取りをしていた女性は、人材をハンティングする専門の人だったのか!」と理解できたと言います。

後から考えると、誰をコンサルタントに繋ぐか?をフィルターにかけていたのかもしれないと腑に落ちたそうです。

 

4.コンサルタントとの面談

コンサルタントとの面談で現れたのは、純日本人には見えない男性

最初の会話は英語だったようですが、実はこの男性、日本語もネイティブレベルということが後にわかります。

ハンティング専門の女性と同じく、この時もやたら日本語と英語のスイッチが行われ、「また英語チェックかい!?」と思ったそうですが、「まぁいい、やったるわ」とギアチェンジ。

聞かれた質問の中でも特に印象的だったのが、「職歴欄に書かれている経験は本当ですか?」という質問!

人によっては、こういう聞かれ方をするとイラッとしてしまうかもしれませんが、元同僚は「経験してきた通りのことをそのまま答えた」とのことです。

補足
もしかしたら揺さぶりかもしれませんので、実績を冷静に答えましょう!

コンサルタントとの面談は、最初に連絡してきたハンティング専門の女性との違い、自分に寄り添って合わせてくれたという印象。

そして、お互いに素性の確認・経歴の確認が取れたところで、案件紹介となりました。

 

5.案件紹介

元同僚に提案された最初の案件は、1件のみ。

希望に沿わず断った後、他に2件の案件が送られてきて、そのうちの1件が好条件且つ過去の経歴も活かせそうな案件だったようです。

ヘッドハンティングからの転職活動では、案件をいただいても、

  • 報酬が妥当な金額か
  • 業務内容は自分に合うか
  • ノルマや条件が厳しくないか

を確認することが必要と理解していたようですが、エンジニアのような技術職の場合、実際に現場の人に話を聞かなければ業務内容をしっかり把握できないようです。

そんなわけで、先方との面談セッティングとなりました。

 

6.先方との面談

先方との面談の回数は、採用が決まるまで計4回。

全員日本語と英語が堪能だったので、どの回にどの国籍の人がいたかはよくわからないと言っていました(日本人だけは見分けられたとのこと)。

ここでもまた、英語と日本語のスイッチが行われ、「この職歴は本当なの?」という質問をされたそうです。

ですが、それを確認するために以下のような会話をしたと言います。

先方:うちではこんなことしているのですが、経験はありますか?

元同僚:話を聞く限り、僕の○○の経験と似ているように思うのですが、いかがですか?

先方:では、××はできますか?

元同僚:その経験はありませんが、それに相当する△△の経験がありますので、カバーできる部分はあるかと思いますし、足りない知識は勉強して補います。

質問のほとんどは業務内容に関することなので、会話とテクニカルクエスチョンに食らいつくことが大事

そしてもう一つ必要なのが、グローバルな環境で働くための「マインド」を理解していること(マインドの強さ)です。

 

7.【採用決定】100万円の年俸アップに成功

4回の先方との面談の後、無事採用となった元同僚。

100万円の年俸アップに成功しました。

「外資系は給料が高い」という噂がありますが、元同僚の場合はラッキーケースで、会社によっては年俸が日系企業と大差ないこともあります。

 

8.優秀な人材は退職を申し出たら引き止められることがある

100万円の年俸アップに成功したITエンジニアの元同僚ですが、元の会社からすると、実力に相当する年俸より100万円安い報酬で雇っていることになります。

英語力も技術力も基準を満たしているITエンジニアの後任を探すのはなかなか大変なこと。

そのため、退職を申し出たら元の会社があの手この手で引き止めてきたそうです。

この時重要なことは以下の2つ。

  • 自分からも「これだったら残ってもいい」と思える究極の条件を提示すること
  • 条件を飲んでくれないようであれば、自分にとってプラスになる選択をすること

念のため、ヘッドハンティングからの転職活動前には、在職中の会社で給与交渉や労働環境の改善を試みるといいかと思います。

 

9.採用が決まるまでの期間

ヘッドハンティングからの転職は、転職する気がない優秀な対象者をヘッドハンターが口説き落とすため長期戦

ヘッドハンターは、粘り強くアプローチをしてきます。

そのため、声をかけられた対象者は「しつこい」と思ってしまうかもしれませんが、元同僚のように好条件の案件に巡り合う可能性もあります。

ヘッドハンティングの場合、採用が決まるまでの期間は5~6ヶ月と言われていますが、元同僚の場合は2ヶ月

そして、採用が決まった後は「すぐ来てほしい」と言われたそうです。

 

ヘッドハンティングやスカウト・ジョブオファーの注意点

SNSの普及のお陰で、今では世界中のビジネスマンと繋がることができ、ヘッドハンティングとまではいかなくても、仕事のオファーをいただくチャンスが増えました。

ですが、中には怪しい案件もあります。

ここからは、実際に私に連絡が来た怪しいリクルーターやジョブオファーの例を紹介します。

 

1.プロフィール写真がプロフェッショナルではない

怪しいケース1つ目は、プロフィール写真がプロフェッショナルではないリクルーターのケース。

LinkedinはSNSですが、一応はビジネス特化型のSNSです。

ワイングラス片手に微笑む写真をプロフィール写真に設定している相手からの連絡は、肩書が「リクルーティング・マネージャー」だとしても怪しさ満載。

本文も短く、オファーしているポジション(Crisis Manager=クライシス・マネージャー)も私の経歴とかけ離れていて、英語ができる日本人を見つけたらとりあえず連絡している代表例です。

オファーを受けてしまったら、転職後の人生がクライシスになるでしょう。

 

2.企業名・業務内容の開示がないのに話したいと要求する

企業名・業務内容を開示しないケースは、ヘッドハンティングでも要注意な例ですが、Linkedinでのスカウト・ジョブオファーでも注意が必要です。

開示を求めても開示せず、「電話(スカイプ)で話したい」「会って話がしたい」と言ってくる怪しいリクルーターもいます。

 

3.一見信頼できそうだがテンプレートをコピペして無作為に連絡している例

プロフェッショナルに見えるプロフィール写真を設定していて、一瞬「やっとまともな連絡が来た」と思わせるリクルーター。

ですが、メールを読み進めていくと、「ぜひあなた様にご紹介させていただきたく存じます」というコピペの証拠が…。

テンプレートをコピペして使い回しているケースです。

ヘッドハンティングでも、

  • 対象者をわざと退職させるための案件
  • 競合他社を陥れるためのヘッドハンティング
  • 紹介料狙いなだけで対象者のことを考えていない

など悪質なケースもあるので、注意深く相手の素性を確認しましょう。

 

外資系企業への転職はプロのサポートがあった方が安心

「外資系企業」と一言で言っても、中で働いている人がほぼ日本人で働く文化も完全に日本な企業もありますし、欧米系の企業かアジア系の企業かで文化も違い、環境が合わないこともあります。

特に、外資系やグローバルな職場環境は離職率が高い傾向にあるため、転職前にはできる限り企業の労働環境の確認が必要です。

エンワールド・ジャパンは、業界でもトップクラスの転職エージェント

もちろん、コンサルタントによって差はあるかもしれませんが、

  • 対象者の英語力が十分か
  • 対象者が案件に合う経験や技術力を持っているか
  • 対象者がグローバルな環境でも戦力になるか

をしっかり見極め、対象者に合った案件を紹介する転職エージェントだと感じました。

元同僚のケースでは、英語と日本語のスイッチが何度もあり「うっとおしい」と感じた時期もあったようですが、英語力が必須の会社の面接では言語のスイッチはよくあるので、通過しておかなければいけません。

また、エンワールド・ジャパンは、ヘッドハンティングされなくても登録が可能!

転職活動が始まったら、

  • 企業の案件を持っているコンサルタントが企業の状況をよく把握しているか?
  • 自分の実績と企業の業務内容がマッチしているか?
  • 企業からもらえる報酬ではなく、転職希望者である「あなた」のことをしっかり考えてくれているか?

という点に注意し、1つ1つの案件を転職後に働くイメージまで落とし込みながら確認することが必要です。

公式サイトはこちら>>エンワールド・ジャパン