シェアハウスがデメリットだらけで撃沈…メリットの裏側/失敗の原因とリスク対策

シェアハウスのポスト
チファニ
こんにちは、「Borderless Traveworker(ボーダレス・トラべワーカー)を運営しているチファニです!

私は過去に海外3ヵ国で合計11のシェアハウスに住み、日本帰国後もシェアハウスに住んでいました。

海外のシェアハウス生活ではいいオーナー/シェアメイトに恵まれ、コスパが良く貯金もできたので、私自身シェアハウス生活を気に入っていたのですが、日本で住んだのはトラブル続き・デメリットだらけのシェアハウス…。

ついに我慢の限界を迎え、計4年のシェアハウス生活にピリオドを打つことになりました。

節約や貯金のためにあえて「シェアハウス」という選択をする人もいると思いますが、「良コスパ+貯金」というメリットをかき消してしまう程のデメリットもある!

ということでこのページでは、シェアハウスのメリットとデメリットを徹底比較し、デメリットだらけのシェアハウスに当たってしまった時の体験談と解決策をお話ししようと思います。

シェアハウス生活の8つのメリット

まずは、シェアハウス生活のメリットを紹介します。

1.【シェアハウス最大のメリット】毎月の家賃+生活費が格安!

シェアハウスの最大の魅力は、家賃や生活費などの毎月の固定費の安さ!

私が住んでいたシェアハウスの1ヶ月の家賃は4万円、1ヶ月の共益費(水光熱費・ガス代・インターネット・共有部分の日用品)が1万円となっています。

携帯電話代と食費を節約すれば、毎月8万円以下で生活することも可能です!

チファニ
私の場合、シェアハウスでの生活費が最安値だった月は、約7万8000円でした!内訳は以下となります。
シェアハウスでの生活費【内訳】
  • 家賃:4万円
  • 共益費:1万円
  • 食費:約1万円
  • 携帯電話代:約2000円
  • 雑費:約5000円
  • 交際費:6000円
  • 自分への投資(お勉強代):4,980円

合計:約7万7980円

節約をしていたわけではないのでストレスや苦しさは感じられませんでしたし、かなり生活費を安く抑えられて貯金もできたので、口座の残高を見たときにはかなりテンションが上がりました!

さらに、以下のような利点もあります。

  • 共益費の1万円を払ってしまえば電気・ガス・水道の使用量を気にしなくて良い(電気代やガス代が跳ね上がった時は請求されることもある)
  • トイレットペーパー・キッチンペーパー・食器用洗剤・掃除用品・ハンドソープなどの細々とした日用品も共益費に含まれている

これらを考慮すると、家賃と共益費が「月5万円」で固定されているのはコスパがいいですし、節約に意識を向ける必要もありません!

 

2.シェアハウスは初期費用が賃貸に比べて安い!

シェアハウスのメリット2つ目は、初期費用が賃貸に比べて安いという点!

ここでは、実際に私が家賃4万円のシェアハウスに入居した時にかかった初期費用と、家賃4.5万円の賃貸アパートに入居した時にかかった初期費用を比較します。

シェアハウス 賃貸アパート
初月の家賃 4万円 4.5万円
共益費 1万円(水光熱費/ガス/Wi-fi込) 家賃に含まれる
敷金・礼金 0円 5万円(礼金)
仲介手数料 4万円(事務手数料として) 4.86万円
火災保険 2.2万円 1.6万円
カギ交換費用 0円 0円
保証会社 0円 0円
合計 11.2万円 15.96万円

私が入居した賃貸アパートは、大家さんがかなり太っ腹な方で、カギ交換費用は大家さん持ち。保証会社は、連帯保証人がいれば利用しなくてもいいという好条件でしたが、それでも初期費用の合計が159,600円

一方、シェアハウスに入居した際にかかった初期費用は112,000円で、(家賃で5千円の差はありますが)賃貸アパートよりも47,600円安い結果となりました。

シェアハウスには敷金・礼金がなく、初期費用としてかかるのは事務手数料と火災保険料のみという点がかなり嬉しいところ!

私が住んでいたシェアハウスは、事務手数料が4万円と高額でしたが、最低入居期間(6ヶ月)をクリアすれば全額返金という契約内容です(通常、事務手数料は1.5万円~2万円の物件が多い)。

物件によっては、入居期間に限らず退去時に事務手数料の半額が返金されることもあります。

 

3.家具・家電が付いているので買い揃える必要なし!

一人暮らしを始めようと思ったら、家具・家電は自分で買い揃えないといけません。

ですが、基本的にシェアハウスの部屋は家具付きで、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器などの家電も用意されています

チファニ
本当にスーツケース1つで新生活を始められますね!

 

4.【更なる特典】定期的に清掃が入るのに追加料金なし!

日本のシェアハウスでありがたいことは、定期的に清掃が入るという点!

通常、個人で清掃代行を頼んだら、ワンルームや1Kのアパートでも1時間1000円~3000円ぐらいはかかりますが、シェアハウスの中には週に1回の清掃が含まれている物件もあります(※個人で運営しているところは定かではない)。

もちろん、シェアハウスには掃除当番がありますし、ルールが緩いシェアハウスでも「自分が汚した場所は自分で綺麗にする」という最低限のマナーは守らないといけませんが、清掃の手間が少ないのに追加料金がないのはかなり嬉しいサービスです!

5.部屋がいつも満室になるとは限らない

大都市の中心部のシェアハウスなら、人気も高く需要もありますし、引っ越しのシーズン中に全部屋を埋めてしまう運営会社さんやオーナーさんもいます。

ですが、日本に存在するすべてのシェアハウス物件が常に満室になるわけではありません

ちょっとエリアを外せば、半分しか部屋が埋まっていないシェアハウスもあります。

チファニ
そう!実は、私が今住んでいたシェアハウスがまさにその状態だったのです!

私が住んでいたシェアハウスは、最寄り駅まで徒歩15分。

周辺に住宅しかない「不便なエリア」にあるため、閑散期はほとんど問い合わせがありません。

つまり、シェアハウスの周辺地域で仕事をするか、周辺の大学や学校に通う目的で住む以外、若者が好んで住む場所ではなかったのです。

万が一満室になったとしても長期化することはなく、数週間~数ヶ月もすればどこかの部屋に空きが出るという状況。

そんなシェアハウス生活で得られるメリットは、冷蔵庫・キャビネット・物置などのスペースが1.5~3人分使えるということ!

さらに、シェアハウス物件自体がオーナーさんが一括で買った個人の所有物だったため、「人がいないから家賃を倍払わなければいけない」ということもありませんでした。

 

6.家賃変わらず使えるスペースが広々

シェアハウスには、自分の部屋にプラスして共有のリビングがあり、キッチンは単身世帯の賃貸アパートよりも広く、バス・トイレも別々で、冷蔵庫も大きいという利点があります。

これだけ自由に使えるスペースがあるなんて、アパートに住む場合なかなか実現することはできません。

部屋が常に満室になるとは限らない上、家賃変わらず使えるスペースが広々なら、かなりコスパがいいですね!

 

7.入居に時間と手間がかからない

賃貸アパートを借りようと思ったら、契約してから入居できる状態になるまで、最低でも2~3週間程度かかります。

ですがシェアハウスは、基本的に入居審査が緩く、時間と手間をかけずに入居が可能です。

チファニ
ちなみに私が住んでいたシェアハウスは、「入居したい」と伝えてから2日後に入居できました。

時間と手間がかからないという点は、海外から帰国したての人や、急な引越しが決まり急いで仮住まいを探さなければいけない人にとっては好都合です。

注意
とは言え、シェアハウスの運営会社やオーナーさんによっては、入居者の良し悪しを見極められず、変な住人を入居させることもあるので、この点に関してはメリットでもありデメリットでもあります。

 

8.いいシェアメイトに恵まれれば助け合える

私がシェアハウス生活を気に入っていた理由の一つに、いいシェアメイトに恵まれれば助け合えるという点があります。

  • 雨が降ってきた時に在宅中のシェアメイトが洗濯物干しを室内に入れておいてくれる
  • ご飯やワインをシェアし合う
  • 風邪を引いた時にお粥を作ってくれたりポカリを買って来てくれる
  • ホリデー中のペットの世話

一人暮らしでは絶対に経験できないことですし、良好な関係を築けるシェアメイトとの生活なら安心感があります。

goodsharehouse

3ヵ国で11のシェアハウスに住んで学んだ、いいシェアハウスに共通していた6つのこと

2018-10-08

 

シェアハウスの「メリット」をかき消す8大デメリット

「一人暮らしをするか?シェアハウス生活をするか?」と検討するときに脳裏をよぎるのは、シェアハウス生活のデメリット…。

快適で理想のシェアハウスに巡り合わなければ、ストレス満載の生活が待っています。

というわけでここからは、シェアハウス生活のデメリットについてお話しします。

 

1.シェアハウスは基本汚いと覚悟するべし

「シェアハウス」という場所は、みんなが借り暮らしをしている場所。

そのため、数ヶ月で退去する人がたくさんいます。

海外のシェアハウスに比べ、日本のシェアハウスのクオリティは断然高いのですが、すぐに退去する人たちが何人も集まって生活すると、以下のような環境ができあがります。

  • ゴミが捨てられることなく何ヶ月も放置される
  • お風呂の排水溝に髪の毛詰まり放題
  • カビだらけ、ホコリだらけ、水アカだらけ、黒ずみだらけ
  • 賞味期限切れ当たり前!冷蔵庫にある食べ物が腐っている

出ていく人の意識としては「私、もう出ていくから知らない!」で終わりです。

基本的に次の入居者のことを考えて綺麗にして退去する人の方が少なく、まだ居住している人もいるため、どれが誰のものなのかも不明となります。

実際にシェアハウスに入居し生活を始めると、見学の時には見えなかった「汚いポイント」がいくつも見えてくるのです。

いくら見学時に綺麗に見えたとしても、シェアハウスは基本汚いと思っていた方が無難でしょう。

 

2.シェアメイト(ルームメイト)との人間関係が悪いと地獄

シェアハウスには、日本人限定のシェアハウス・外国人歓迎のシェアハウス、どちらもありますが、シェアメイト(ルームメイト)との人間関係の悪さは多大なストレスをもたらします。

  • 気が合わない人
  • 意地悪な人
  • コミュニケーションが取れない人
  • 人種差別的な人

自分と合わない人との生活は地獄でしかありません。

私自身、海外のシェアハウス生活の中で、気が合わないシェアメイトや意地悪なシェアメイトと一緒に住んだ経験がありますが、なるべく顔を合わせないように気を張って生活すると、徐々に精神を消耗していきます。

シェアハウスの入居可能人数は、少なければ4~6人、多くなると10~15人、大型のシェアハウスは20人以上ということもあるので、気が合わない人が1人いるだけならまだマシかもしれませんが、大人数になるとどうでしょう…。

チファニ
考えただけで恐ろしくなります…。

 

3.お金・貴重品・ものを盗まれる

他人とルームシェアをすると、お金や貴重品・ものを盗まれることがあります。

部屋タイプがオウンルーム(一人部屋)で、部屋のドアに鍵がかけられるシェアハウスであれば貴重品の管理が(比較的)しやすいですが、それでも食べ物を盗まれる(勝手に食べられる)ことなんかは日常茶飯事。

それ以外にも、キッチンなどの共有スペースで自分の場所に置いていたものを外出中に盗まれるなど、例をあげたらきりがありません。

万引きや窃盗犯と一緒に住んでいるような感覚に陥り、取られたものの金額が大きくなくても気持ち的にはショックです。

また、シェアハウスにゲストが来たときに盗まれる危険性もあります。

不特定多数の人間が出入りするので犯人の特定がしにくく、さらに「盗まれるようなところに置いたあなたが悪い」と言われたら、人間不信になりそうですよね。

チファニ
そんな環境で、心穏やかな生活なんか絶対できませんよ…。

 

4.プライバシーがない

一つ屋根の下で他人と暮らすシェアハウス生活には、完全なプライバシーはありません

  • 家の中で電話をしているときに誰かに聞かれる
  • 辛いことがあっても思いっきり泣けない
  • ある程度の行動がシェアメイトによって把握されている
  • 自分の下着を恋人でもない異性に見られる
  • ノーブラ&ノーパンで家の中を歩けない(人によるのかも…)
  • シャワー中やトイレ中にドアを開けられる
  • 恋人を呼べない
  • 異性を連れ込んだシェアメイトの部屋から夜に怪しい声が…
  • トイレでゲーゲー吐いている声が家中に響き渡ることも…

どれだけ気を付けても、人には知られたくない一面を、気づかないうちに他人に見られるなんてことは普通です。

 

5.トイレやお風呂・キッチンの利用の時間帯が被る

トイレやお風呂の数が少なく、キッチンが狭いシェアハウスでの大きなストレスは、利用時間帯が被ること。

  • 朝の出勤前にトイレや洗面台が使えない!
  • 仕事が終わった後お腹を空かせて帰宅した時に、キッチンが混み合っている!

などなど、使いたい場所を自分のタイミングで使えないことがよくあります。

さらに、出勤前の急いでいる時間帯に、バスルームに30分も籠って出てこないシェアメイトが1人いるだけで、そこに住んでいる人全員のイライラが募ります。

 

6.騒音・うるさすぎる生活音問題

シェアハウスでは、騒音や生活音がうるさく静かに過ごせないこともストレスになります。

  • 廊下を歩く音や、階段の上り下りのドタバタという音
  • 扉の開け閉めの「バタン」という音
  • テレビの爆音
  • 聞きたくもない音楽の音漏れ
  • 電話で話す時の声の大きさ・ルームメイト同士の声の大きさ

就寝後の遅い時間帯や夜中に、ガサツなシェアメイトの生活音で起こされることはよくあることです。

 

7.異臭・悪臭問題

「シェアハウスは汚い」というデメリットの中で、ゴミ・カビ・腐った食べ物の放置という例を挙げましたが、これらがあるということは、当然「ニオイ」という問題も出てきます。

どうしても無理なら(本当はやりたくないけれど)自分で家中の片づけと換気をすれば一時的に改善はされるかもしれませんが、最悪なのは人が放つニオイ

と言うのも、世界の国の中には、お風呂に入らない文化や洗濯を頻繁にしない文化もあるため、1週間同じ服を着続けるシェアメイト、お風呂は3日~4日に一度というシェアメイトと一緒に住む可能性もあります。

チファニー
私はまさにそんなシェアメイトと住んでいましたが、何度苦情を申し立てたことか…

日本人だけのシェアハウスなら、そこまで不潔にする人もごく僅か(当たってしまったら不運としか言えないくらいの割合)だと思いますし、注意すれば気を付けてくれるかもしれません。

ですが、相手が外国人の場合は、「文化の違い」という都合のいい言葉で片づけられてしまうこともあります。

 

8.他人の不注意による身の危険【火事・事故・空き巣】

私か過去に経験したシェアハウス生活で、何度か身の危険を感じたことがあります。

  • シェアメイトが酔っぱらってコンロの火をかけたまま眠りに落ちる
  • コンロの火が消えているのにガスが出っぱなし

他人の不注意で、一歩間違えたら大惨事になる出来事や、ヒヤッとする場面が何度かありました。

また、自分より後に家を出たシェアメイトがカギをかけ忘れて出かけ、帰ってきたら玄関のドアが開いていたことも…。

防犯や防災意識の低いシェアメイトと住んでいるなら、この危険性はさらに高くなります。

 

コスパの良さは東京都内(周辺)や大阪などの都市部のみ?

  • 物を持たずに身軽に生きていきたい
  • 定住せずに旅をしながら暮らしたい

そんな、ミニマリストのような人・旅人のような人には、シェアハウスの手軽さとコスパの良さは最大の魅力!

ですが、閑静な住宅街にあるシェアハウスの場合、「コスパ」というメリットが発揮されず、一人暮らしの生活費とシェアハウスでの生活費に大きな差が出ないことがあります。

例えば私の場合、郊外(住宅街)のシェアハウスと、同じエリアにある賃貸アパートでの1ヶ月の生活費を比較してみたら、以下のような結果となりました。

6月の生活費 シェアハウス 一人暮らし
家賃 4万円 4.5万円
共益費 1万円 0円
電気代 共益費に含まれる 1,848円
ガス代 共益費に含まれる 1,158円
水道代 共益費に含まれる 2,128円
Wi-Fi代 共益費に含まれる 4,320円
携帯電話代 約2,500円 約2,500円
食費 約1.5万円 約1.5万円
交際費 約1万円 約1万円
雑費 約6,000円 約6,000円
合計 約83,500円 約87,954円
チファニ
コスパの良さを求めてシェアハウスに入居したのに、賃貸アパートでの一人暮らしの生活費とあまり変わらんかった…という結果です!

そう!シェアハウスで節約とコスパの良さを発揮できるのは、東京都内やその周辺・大阪の中心部などの家賃相場が高いエリアとなるのです

ただし、比較した時期が「6月」だったこともあり、エアコンを使うことなく光熱費が安く抑えられたのも理由の一つ。

一人暮らしの真夏の電気代はプラス約2000円、真冬は電気代とガス代合わせて約4000円増えることになります。

電気代を気にせずエアコンをガンガン使いたいなら、シェアハウスで電気代を固定にしてしまった方がいいかもしれません。

シェアハウスって安い?賃貸アパートで一人暮らしの生活費1ヶ月分と比較した結果

2019-08-25

 

シェアハウスでのリスクを減らす対策

「コスパ」が良くて「貯金」もできるシェアハウス生活は、私も大好きでしたし、いいシェアメイトに恵まれることのメリットも知っているので、できればもっと続けたかった…。

ですが、私がデメリットだらけのシェアハウスに当たって大失敗してしまったのは、管理が杜撰な個人運営のシェアハウスに入居してしまったからです。

もちろん、個人運営のシェアハウスのオーナーさんの中には、「部屋が余っているから」という理由で格安に提供してくれる良心的な方がいることも理解しています。

そんなシェアハウスなら、会社に運営されているシェアハウスで暮らすよりもさらに安く、クオリティが高い広々した部屋に住むことも可能ですが、そうでなければ、私のようにトラブルに巻き込まれることもあります。

シェアハウストラブル

外国人シェアハウスのトラブルが原因で強制退去勧告!最悪だった物件の特徴【実体験】

2019-07-28

シェアハウスに住みたいけれど、トラブルに巻き込まれるリスクも減らしたいなら、個人運営よりも会社に運営されているシェアハウスを検討することをおススメします!

 

シェアハウスの探し方

私は個人運営のシェアハウスに入居し大失敗&撃沈していますが、会社に運営されているシェアハウスを探すことも可能です。

1.クロスハウス(XROSS HOUSE)

シェアハウスとアパートメントの中間である『シェアドアパートメント』を提供しているクロスハウスは、 全室鍵付きのオウンルーム(個室のお部屋)を提供しています。

ゲストを招待することはできませんが、不特定多数の人が出入りする危険性もないので、部屋で貴重品の管理をすれば盗難のリスクは回避でき、デメリットを一つ解消することができますね!

東京都内で家賃3万円~とコスパもよく、週1回の清掃サービスもついています。

チファニ
私が入居した個人運営のシェアハウスでは、蓄積されたトイレの床の黒ずみを自分で掃除したことがあるので、日ごろから共有部分がしっかり管理されているのはかなりありがたいです。

家具・家電は備え付けというシェアハウスの基本は押さえていて、調味料や備品も無料で補充してくれます。

契約も1ヶ月からOKで、物件によっては布団セット月々1,000円、マットレス月々1,000円でレンタルも可能なので、ワーホリ帰国後や上京してすぐに家が必要でも、アパートが見つかるまでの借り暮らしだとしても荷物を増やす必要がなく、退去後の引っ越しも比較的楽です。

私は以前、小規模な会社に運営されているシェアハウスを見学しましたが、布団は自分で購入し用意しなければいけないというルールがありました。

また、会社運営のシェアハウスだと土日の見学に対応していなかったり、個人運営のシェアハウスは平日の見学が不可だったりと不便なこともありますが、クロスハウスは土日祝日も営業していてWEBでの申し込みも可能です。

公式サイトはこちら>>クロスハウス

2.オークハウス


オークハウスは、創業20年のシェアハウス運営会社で、東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏と、京都・大阪・兵庫の関西エリアに物件があります。

取り扱う物件はすべて自社管理物件で、2021年3月時点で246物件5100室からお部屋探しが可能です。

通常のシェアハウスよりもコミュニティを重視したソーシャルレジデンスもあり、シアタールームやコワーキングスペースなどの設備が整っている物件もあります。

部屋タイプも豊富にあり、以下の7種類の中から選ぶことができます。

  • シングルルーム
  • シェアルーム
  • ドミトリー
  • コンパートメント
  • セミプライベート
  • アパート
  • ソーシャルレジデンス

家の探し方は、オークハウスの公式サイトにアクセスし、6種類の検索方法「都道府県」「地図」「路線」「住所」「通学通勤時間」「物件名」から探すことが可能です。

公式サイトはこちら>>オークハウス