ニュージーランド観光を思いっきり楽しむ旅行スポット20選

アオラキ/マウントクック

ニュージーランドに行く前は、すでに訪れた人たちが言う「ニュージーランド超いいよ!」という言葉を聞いても半信半疑だった私。

でも実際にニュージーランドを縦断してみると、想像以上に素敵な街が多く、移動の途中の景色も綺麗すぎて旅が楽しくなります!

そんな、ニュージーランド国内旅行を欲張る旅スポットを、まるごとお届けしようと思います!

ニュージーランド北島

オークランド

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

ニュージーランドの最大都市「オークランド」

観光名所には「マウント・イーデン」「デボン・ポート」「ミッション・ベイ」などがあり、自然も街の雰囲気も両方味わうことができます。

ニュージーランド旅行の出発点になりますね!

 

コロマンデル半島

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

「コロマンデル半島」は、ハウラキ湾の先端に位置するリゾート地。

オークランドから東方面へ車で2時間30分ほどの場所に位置していて、景勝地になっている「カセドラル・コーブ」が有名です。

ハーヘイにある「ホット・ウォーター・ビーチ」では、砂に穴を掘ることで湧き出す天然温泉も楽しめます。

※この温泉を体験できるのは、干潮時とその前後の時間帯のみなので、訪れる前に潮の満ち引きを確認しましょう!(Weather & Tide timesで確認できます)

また、お湯の温度が熱いため、海水と混ぜて温度調節が必要です。

 

ロトルア

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

温泉地として有名な「ロトルア」

街中には無料で地熱活動が見れる「クイラウパーク」があったり、近くには「レッド・ウッド」と呼ばれる森林公園(森の中を歩くだけなら入場無料)もあります。

スパでのんびりしたり、周辺にある大迫力の間欠泉が見られる施設(有料)に足を運んでみるのもいいですね!

 

タウランガ

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

東海岸に位置する「タウランガ」は、ベイ・オブ・プレンティの拠点の街。

リゾート地である「マウント・マウンガヌイ」では、片道約45分の旅行者にも優しい山登りが体験でき、山頂からは海岸線を一望できます。

 

タウポ

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

ニュージーランド最大の湖「タウポ湖」。「#LOVETAUPO」のオブジェの前での記念撮影は必須です。

またタウポには、飛行機の機内で食事ができるマクドナルド、車で5分ほどのところには無料で川にある自然温泉が楽しめる「スパ・サーマル・パーク」など、ユニークなスポットもあります。

温泉は湯加減がちょうどよく、1時間ぐらい浸かっていられましたね!

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

ワイトモ(ワイトモ・ケーブ)

「ワイトモ・ケーブ(洞窟)」で見られる土ボタルが有名でその名が知られているワイトモ。

川の中をゴンドラに揺られながら進み、天井に青く輝く土ボタルを見るツアーにはぜひ参加してほしいです!

洞窟内での写真撮影は禁止ですが、出口付近になるとガイドさんから「ココなら写真撮っていいよ」と案内があります。

 

マウント・タラナキ

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

ニュージーランドの富士山とも呼ばれる「マウント・タラナキ」は、標高2,518mの山。

天気が良くても、雲がかかっていれば見ることができません。

富士山に似てると思いますか?

 

ニュープリマス

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

マウント・タラナキの北に位置する「ニュープリマス」は、タラナキ地方の中心の町。

風が強い街に設置されている、「Wind Wand(ワインド・ワンド)」というポールがニュープリマスにもあるのですが、しなり具合で風の強弱がわかります。

西海岸なので、ワイルドな海の景色を楽しめますよ!

 

カピティ・コースト

パラパラウムの夕日

↑パラパラウムという街

北島の南部にあるカピティ・アイランド周辺、西海岸の「カピティ・コースト」

ウェリントンから北に約50㎞に位置するパラパラウムからは、カピティ・アイランドまでのボートが出ています。

ロードトリップで西側を通りウェリントンを目指すなら、カピティ・コースト周辺で一度立ち止まってみてもいいかもしれません!

 

ウェリントン

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

ニュージーランドの首都「ウェリントン」の街中にはアートやカフェがあり、自然と都市が丁度よく融合しています。

「世界一ホットな街」にも選ばれたことのある注目の街で、南島と北島を結ぶフェリーの発着地点です。

チファニー
それではここから、ニュージーランド・南島へ行ってみましょう!

 

ニュージーランド南島

ピクトン

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

北島・ウェリントンと南島を結ぶフェリーの発着地「ピクトン」は、静かでかわいい港町です。

日が出ているうちにウェリントンからピクトンへ向かうフェリーに乗れば、マールボロ・サウンドを楽しみながらの船旅ができます。

移動もできて原生林も楽しめて、一石二鳥ですね!

 

ブレナム

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

ピクトンから車で南へ30分ほどのところにある「ブレナム」

ワインが有名なマールボロ地方の中心の都市で、大通りから少し外れただけでワイナリー(ブドウ園)が広がります。

また、「Makana Confections(マカナ・コンフェクションズ)」という、ニュージーランドに3店舗しかないチョコレートショップがあったりと、小さい街ながらなかなか楽しめるのです。

 

ネルソン

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

ニュージーランドでも随一の晴天率の高さを誇る「ネルソン」は、「サニー・ネルソン」という名称で呼ばれています。

ニュージーランドの真ん中「センター・オブ・ニュージーランド」の記念碑が建てられている丘の上には、中心地から30分程度歩けば到着。

「ゴールデン・ベイ」「アベル・タスマン国立公園」への旅は、ネルソンが出発点になりますよ!

 

カイコウラ

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

ホエール・ウォッチングができることで有名な港町「カイコウラ」

ロードトリップで1号線を走っていると、カイコウラへ向かう途中の車窓からでも、オットセイの大群に遭遇することもあります。

名物のクレイフィッシュも試してみてください!

 

クライストチャーチ

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

ニュージーランドで2番目に大きな都市「クライストチャーチ」

ニュージーランド地震後にできた「紙の教会」、緑あふれる「ハグレー公園」や隣接された「クライストチャーチ植物園」、街中を走るトラムなど、見どころ満載です。

 

アカロア

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿


フレンチな雰囲気を味わえる街「アカロア」は、クライストチャーチから車で約2時間。

クライストチャーチから往復のシャトルバスも運行しています。

晴れた日は海が一段と綺麗で、街中にはオシャレなカフェやレストランが軒を連ね、日帰り旅行にピッタリの場所です!

 

テカポ湖

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

クライストチャーチとクイーンズタウンの中間に位置する「テカポ湖」

ミルキーブルーの湖が息が止まるほど綺麗で、マウントジョン天文台からの眺めも最高です!

また、星空の美しさも世界一と言われ、星空ツアーに参加せずに「良き羊飼いの教会」あたりから空を見上げても満天の星空を堪能できます。

 

アオラキ/マウント・クック国立公園

ニュージーランドの世界遺産の一つ「アオラキ/マウント・クック国立公園」

旅の移動がバスならば、最寄りの街「トワイゼル」に1泊することをおススメします。

トワイゼルからマウント・クックまではバスも運行していて、所要時間は1時間強。

是非、世界遺産でのトレッキングを楽しんでください!

 

クイーンズタウン

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

女王にふさわしい街として名付けられた「クイーンズタウン」は、リゾート地として有名で、夏は特に観光客で賑わいます。

観光客が訪れすぎて、クイーンズタウンで働く人のための住居やアコモデーションが不足するほど大人気の街です。

ゴンドラに乗ることはもちろん、大人にも子供にも大人気ないつも行列ができる「ファーグバーガー」のハンバーガーも試してみてください。

 

ミルフォード・サウンド

 

View this post on Instagram

 

チファニー🇦🇺🇨🇦🇳🇿労働済さん(@borderlesstraveworker)がシェアした投稿

南島の南西部、フィヨルドランド国立公園内に位置する「ミルフォード・サウンド」

晴れの日はもちろん美しいのですが、雨の日でも自然のダイナミックさを楽しめる観光地となっています(人によっては、「雨の日の方がいい!」というほど)。

ミルフォード・サウンド・クルーズでは、ボーウェン滝ギリギリまで近づいてくれるクルーズ船もあるので、デッキに出て大迫力の水しぶきを楽しみたいなら、簡易のレインコートを忘れずに!

 

ニュージーランドは旅がしやすい3つの理由

ここまで、ニュージーランドの街を紹介しましたが、実はニュージーランドには旅がしやすい3つの理由があります。

  1. 国土が小さいため都市間の移動距離が短い
  2. LCC(ジェットスター航空などの格安の航空会社)の片道$25~99の航空券が簡単に見つかる
  3. 車を利用したロードトリップでも国内を1周するのが簡単

ニュージーランド旅行を計画する時、どこに行こうか迷ってしまうかもしれませんが、欲張って思いっきり楽しんでください!