海外の現地格安ツアーガイドが「日本人のお客様は厳しい」と嘆いていた話

tour

海外で英語のツアーに参加すると思うのですが、現地のガイドさんって日本人にはないフレンドリーさがあります!

お客さんとも仲良くなるのが上手で、私もツアーで出会ったガイドさんとFacebookで友達になったことが何度かありました。

もちろん、Facebookは「ビジネス用アカウント」かもしれないですが、ツアーが終わってからもグループで写真をシェアしたり、「ツアー最高だったよー」などとメッセージをやり取りした時は、日本とは違う“ツアースタッフとの距離感”というものを感じました。

チファニー
私はこういう、あったかい交流があるツアーは好きなんですよね!

そんな環境で仕事をしているガイドさんですが、仲良くなるといろんな話をしてくれます。

とあるツアーに参加した時のこと。

終盤に近付いてきたころに、帰りのバスの中でフィードバックを求められました。

私は満足したので、Great(5段階評価で言う5=最高)評価を多く付けたのですが、それを見たガイドさんが不思議そうに言いました。

「あれ、君日本人だよね?」

そしてコッソリ教えてくれたのです。

「多くの国籍のお客さんがGreatの評価をくれるツアーをやっても、日本人のお客さんの評価はだいたいがGood(5段階評価で言う4=良い)。どんなにGreat jobをしても、Greatをくれない。ホントに評価が厳しい!!!」

その話を聞いて「ハッ!!」とさせられました。

チファニー
もしかして、日本人の評価って日本の外でも厳しいの?

でも、ちょっと待ってください!

そもそも私が参加するツアーは、バスで何時間もかけて移動する格安ツアー。

金銭的に余裕がある人のように、最寄りの空港まで飛行機移動・空港にはホテルか旅行会社のスタッフが自分の名前が書かれたボードを持って待機してくれるようなツアーではないのです。

泊まるホテルは質素だし、ベッドは二段ベッドや時々寝袋だったりするけど、そもそも必要最低限の料金しか払ってない…。

本来お金を払えば手に入れられるサービスやクオリティは、「節約」のために削ぎ落しています。

ですので、パンフレットに書いてあるツアースケジュール通り、滞りなく催行されたらそれでよし!

楽しかったら「最高だったよー!」でいいのです!

でも日本って、「お値段以上」のサービスをするのが普通な社会。

海外の格安ツアーなのに、比較対象が「日本の細やかなサービス」だから、“普通のレベル”が高く評価が厳しくなってしまうのではないかと思います。

そして、ほとんどの日本人だったら感じるであろう「日本だったらこんなのありえない」という感覚。

もちろん、海外のツアーに参加すれば驚くことはいくらでもあります。

  • 自由行動の集合時間守らなかったら普通に置い行かれる。
  • 知らない人とベッドシェアすることもある。
  • 迎えのバスが予定の時間より30分以上遅れて到着することもある。

海外の格安ツアーを日本の普通レベルで査定してしまうと、満足度が下がるのは当たり前のように感じます。

そして、日本は「格安」のサービスでもレベルが高いしコスパが良すぎる!!

海外で普通を求めるなら、普通にお金を払って初めて普通のサービスを受けられますし、いいサービスを受けたかったら、それなりのお金を払うしかありません。

安くておいしいラーメン屋さんで、明らかにランチタイムで忙しくバタバタしているのに、店員さんを呼んで30秒経つか経たないかぐらいで「まだ来ないの?」と言う日本のおばちゃん。

夜中の静かなファミレスで、普通に注文を取っている店員さんが質問の返答に“ちょっと”詰まっただけで「お前なんなの?気分台無しだわ」と言う日本のおっさん。

これらの例は極端ですが、一言で言えば「厳しすぎる」。

もちろん、「日本のサービスは世界一だな!」と私は思いますし、チップ払わなくてもプラスアルファの要望に対応してしまう(できてしまう)日本のサービス業って凄いなと思います。

チファニー
海外の専門学校でホスピタリティ学んでいる人の中には、「こんなんだったら日本で働いた方が学べる」という意見の人もいますしね。

日本人が海外の格安ツアーで楽しむなら、

  1. 「期待値」を下げておくこと
  2. ホテルや移動の質が下がる分、スタッフとの交流や他の参加者との交流を楽しむこと
  3. 日本の普通と比較しない

このぐらいの感覚で参加すると、「あら、思ってたよりもよかったかも~!」となるかもしれませんよ!