海外インターンの目的は超大事!倍率30倍の面接を突破できた4つの要素

cloverybeach
チファニー
こんにちは、チファニーです!

以前、「就活失敗した学歴なし元フリーターが海外現地企業で働けた6つの理由」という記事を書いたのですが、実はこの現地企業での仕事、無給のインターンからのスタートでした。

タダで働いてくれるインターンの面接なら、余裕で突破できるでしょ!

…と思ったら大間違い!

私が応募した無給インターンの面接の倍率は約30倍!

しかも、すでにビジネスレベルの英語力を持っている人や、名の知れた大企業で就労経験のある人も応募してきたと後から知りました。

海外現地企業のオフィスでの就労経験は、日本では絶対に得られない経験ですし、最初は無給のインターンだとしても、どこに本採用のチャンスが転がっているかわかりません。

ということでこのページでは、「海外インターンの面接突破に必要な要素」のお話をしようと思います。

インターンシップとは?

インターンシップ(英:internship)とは、特定の職の経験を積むために、企業や組織において労働に従事している期間のこと。 商人・職人のため徒弟制度と似ているが、標準化や監査などはされていないため、指すところの内容は様々である。略称として、インターンとも呼ばれる。

引用元:ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki)から一部抜粋

日本ではまだ幅広く浸透していませんが、海外の就活制度は日本のものとは異なるので、インターンシップの重要性は大きいです。

 

海外でインターンシップが大事な理由

それではまず、海外ではなぜ「インターンシップが大事なのか」についてお話しします。

その1:実務経験を積むため

「新卒採用」が当たり前のようにある日本とは違い、ポジションに空きが出たり、事業拡大という理由でないと新しい人材を募集しない海外の現地企業で働くためには、「経験」が重要視されます。

そうなると、「新卒の学生」と社会人経験がある応募者が、就活(転職)で同じ土俵に立たされることになるのですが、この場合、新卒の学生は圧倒的に不利になるのです。

学生のうちから企業でインターンをして経験を積んだり、少しでもいいので「コネ」を作っておくことも必要。

募集しているポジションに関連した「経験」があるのとないのでは、履歴書が採用担当者の目に留まるか?という点で違いが出てきます。

少しでもいいので、まずは「経験」を得ることからスタートです。

 

その2:リファレンスレターをもらう

「このポジションにふさわしいのは私である!」ということを、第三者(前職の上司が一般的)に証明してもらうことが、海外の就職活動では重要です。

推薦者がいる場合、「リファレンスレター」というものを発行してもらえるのですが、日本で職歴があっても、現地オフィスワークでの仕事が欲しいなら、現地のオフィスワークでの経験とリファレンスレターがあると有利になります(もしくは、ないと仕事を得るのが至難の業になります)。

そのため、無給インターンのポジションには、自国で実務経験のある人が「経験とリファレンスレター」を目的として、飛び込みで履歴書を持ってくることがよくありますよ。

 

その3:入社後のミスマッチを防ぐ

本当は開発を希望しているのに、営業に配属になってしまった…。

日本の企業でよく起こりがちな「入社後のミスマッチ」ですが、企業で学生時代にインターンをしていれば、そのリスクは減少させられます。

チファニー
自分の選択する職業が自分に合っているか、入社後のミスマッチを防ぐために、インターンとしてあらかじめ適性を見極めておくことが目的なんですね!

 

その4:本採用につながる可能性がある

  • インターン中に上司に気に入ってもらえて、その会社でそのまま採用された!!
  • インターン中に他のポジションに空きが出て、本採用をもらえた!!
  • 産休に入る人の代わりに採用された!!

このように、無給のインターンからスタートして、本採用が決まることがあります。

外国人にとって、現地の企業で働くことは、現地の大学や短大・専門学校を卒業後にもらえる「ポスト・グラジュエーション・ワークパーミット(卒業ビザ)」を取得したとしても、人によっては200社応募しても就職先が決まらないこともある厳しい世界。

そうなると、自分の国に帰国せざるを得ないか、希望していない仕事に就くという選択を迫られるかもしれません。

インターン中に進路が決まってしまうと、心の負担が軽くなります!

 

海外のオフィスインターンでの心得

海外インターンの目的として、「選択した職業が自分に合うか見極めに行く」という理由も考えられますが、無給のインターンなので過度な期待は禁物です。

また、日本と海外での働き方や新人教育には大きな違いがあります。

その1:仕事を手取り足取り教えてくれる先輩はいない

仕事に必要な業務の内容やデータベースの使い方など、ある程度のことは教えてもらえます。

が、仕事を手取り足取り教えてくれる先輩はいないと思いましょう!

仕事はやりながら覚えていくという点は日本と同じですが、常に「次はこうして、その次はこうして…」と自分で考えながら自分で動くスタイルです。

もちろん、わからないことがあった時は聞けば教えてくれますが、自主性は問われます。

また、日本のように「座学研修」なんていうものもありません。

 

その2:仕事内容は事務作業などと限られている

インターンに任せられる仕事には制限があるので、基本的には事務作業が多いですが、ざっくり言うと以下の業務がメインになります。

  • データ入力
  • 電話取る
  • 資料集める
  • 資料のチェック
  • 必要資料の作成
  • 領収書の発行
  • イベント準備・後片付け
チファニー
私のインターン時代は、「お金を生み出す仕事」に携わることはありませんでしたし、どちらかと言うとサポート的な仕事が多かった印象です。

 

その3:働きたい業界・自分にとって意味がある分野じゃないと、無給はキツイ

海外の現地に飛び就活をすると、実は無給のインターンを募集している会社はいくらでもあるということに気づきます。

でも、海外で無給のインターンをするのは、「日本ではできない経験をさせてもらうために働く」という目的があるため。

なので、「自分が働きたい業界」や「興味のある分野」でないと、無給で働くことはかなりキツイと感じる恐れがあります。

例えば私の場合、こんな紆余曲折がありました。

私の紆余曲折の例

元々「語学学校で働きたい!」…と思っていたが求人はほぼナシ

他の業界まで仕事の範囲を広げる

自分が納得する仕事がなかなか見つからない

95%あきらめて、日本帰国を決意しかけたところで偶然インターンを募集している語学学校を見つける

「無給でも仕方ない」と覚悟

そう、自分の興味のある業界でなら「無給でも仕方ない」という覚悟があった乗り越えられたと思います。

でもこれが、海外なのに日本語しか話さない日本人だらけの会社での無給労働では心が折れていたでしょう。

まさに、「私海外に来て何してるんだろう」という状態ですね。

 

その4:無給の場合、仕事掛け持ちするか、貯金使い果たすか覚悟する

インターンでも、有給と無給がありますが、お金をもらえない無給インターンなら、その間の生活費をどうするか考える必要があります。

  1. 夜の空いている時間にバイトをする
  2. 全力で吸収することだけ考えて、帰国の期限が来るまで貯金を垂れ流す

1の「夜の空いている時間にバイトをする」場合、確実に体力的にはキツくなりますし、2の場合は「帰りの航空券代だけ残して貯金を使い果たす可能性」を考える必要があります。

でも私は、学歴なしの元フリーター。当時の私は何も持っていなかったので、このぐらいの覚悟が必要でした。

チファニー
でも、日本にいる時や学生のうちからしっかり計画と準備をしているなら、私ほどの覚悟は不要かもしれません!

 

現地オフィスインターンの面接突破に必要な4つの要素

無給なのに、「現地企業からの募集」になっただけで、なぜか応募が結構来るというオフィスインターン。

ここからは、現地企業で採用担当マネージャーに聞いた

  • 面接を突破した時に決め手となったこと
  • インターンの選考基準
  • マネージャーはどこを見ているのか

ということをまとめてみました。

※海外インターンでも、日系企業のオフィスインターンと現地企業のオフィスインターンでは、基準が異なる可能性があります。

 

1.ある程度の英語力

無給とはいえ、現地オフィスでの募集。

倍率は約30倍なので、現地の本採用の募集に比べると1/3程度なのですが、英語ができる応募者が多数です。

ネイティブレベルである必要はありませんが、オフィス内で現地スタッフの指示を聞き取ったり、連絡や報告できるだけの英語力は必要になります。

 

2.「その経験がしたい」という熱意

私のインターンの面接は、実はトップバッター。

他の人と比べる「基準」となる順番だったのでかなり不利でしたが、採用を担当した日本人上司が言うには、私が応募した際に送った以下のメールの一文で採用することがほぼ決まったそうです。

現地企業インターン応募の際に送ったメールの一部

そして、約30通の応募の中で、私と同じように熱意のある1文を書いた人は、誰もいなかったとのこと。

経験やスキルで自分よりも優れている人はいくらでもいますが、「どうしてもそれがやりたい!」という気持ちは誰がどの程度表現しているかわかりません。

一人勝ちの可能性だってあります。

熱意をズバッと伝えることも大事です!!

 

3.部署・ポジションと関連した職務経験

現地企業のオフィスでも、部署はたくさんあります。

例えば私の働いていた語学学校の場合、募集していたのはマーケティングチームで日本マーケットのサポートができる人

つまり選考基準は、日本で営業経験のある人でした。

実際のところ、

  • 英語力があっても日本での「営業経験」がない
  • 日本の大企業で働いていたけど、所属していた部署が「営業」じゃない

など、ピンポイントで営業の経験がある人の応募は少数。

確かに、前職のネームバリューや抜群の英語力は魅力的ですが、欲しいポジションでの経験があるか?という点は重要視されます。

 

4.「海外で働けるなら何でもいい」と妥協しない

インターンの面接を受けたとき、ニート歴約2か月だった私。

ブランクがある場合、面接では「なんで今働いてないの?」と質問されます。

ここで私は、生意気ながらこう答えました。

海外とは言え、私の過去の経歴に関連していないポジションで働いたり、日本でもできることをしても何にもなりません。自分のキャリア形成に繋がらない仕事を海外でするぐらいなら、日本に帰国した方がマシです。

「海外で働けるなら何でもいい」という意気込みの人はたくさんいますが、その逆の「たとえ海外にいても、意味がないことはしない」と妥協しない人は多くはありません。

海外就労やインターンは、日本帰国後の就活にプラスになることもありますが、経歴には全く関係ない職種だけれども「海外就労経験あります」と帰国後の面接で答えるのと、「海外でも○○を経験したので、今後も(あなたの会社でも)活かせます」と答えるのとでは印象が少し違います。

チファニー
でも、業界やポジションを絞り込みすぎると身動きが取れなくなることもあるので、視野を適度に広くしておくことや見極めも大事です。

 

無給インターンでも挑戦すべき3つの理由

「なんだ、無給かよ!」とバカにしたくなるインターンかもしれませんが、日本の就活とは違った発見やメリットが転がっています。

ということでここからは、「無給インターンでも挑戦するべき3つの理由」をお話しします。

あわよくば本採用…?が本当に起こることがある

無給インターンでも、ちゃんと頑張っていたら、本採用されて現地の人たちと同じ給料で働けるかもしれないよ!

これは、インターンとして働き始めた頃、上司に言われた一言です。

無給からスタートさせて、いいスタッフだったら本採用の声をかける!

まさに海外の就職活動そのもので、ワーホリで海外に渡航した私の身にも起こったことでした。

職場環境の変化(人の移り変わり)が早い海外では、どのタイミングで人手が足りなくなるかは、組織に入る前にはわからないものです。

実際、私のインターン先(元職場)では、「私」と「もう一人のインターン」の2人が別々のポジションで同時期に昇格したので、本採用の可能性がゼロではないことだけは証明できます。

 

意外と採用担当者の考えが凝り固まっていない

「ワーキングホリデービザ」を持っている人をバカにする採用担当者も存在しますが、私をマーケターに推薦してくれた元上司はこういう考えの方でした。

  • 結婚して永住権を持っている人は、どこでも働ける
  • 永住権を持っていても、ワーホリの人より英語ができないこともいる
  • ワーホリでもやる気・ガッツのある人がいる

こういった考えを持っている人は、日本人でももちろんいます。

「永住権を持っている人じゃないと絶対ダメ」という採用担当者ばかりではないですし、チャンスの枠も1つだけではありません。

「永住権」も「ワーホリビザ」も、ただの滞在する手段であって、やる気や人格を表すものではありませんので、海外では動いたもん勝ちです。

 

いつ、どこで、誰が、なにを見てるか、わからない!!

私の最終学歴は四大卒ではありませんし、一時期はアルバイトを掛け持ちするフリーターでした。

現地オフィスワークのインターン募集に応募した時も、同じ日本人で「学歴・職歴・英語力」のいくつかが私に勝る人は他にいました。

周りと比べると萎縮しますし、他の人を選んでもおかしくはないと思っています。

でも、現場を見ているマネージャーは、「この人は何ができるか」「この人はどこまでやるか」を見ています。

最後に私が言えることですが、海外の現地では、いつ、どこで、誰が、なにを見てるか、わからない!!!!!